延滞の限界

シロウに送られてきた督促状

今回は主に借金の支払いに困るの人の為に書いてます。

支払いが滞った時に毎日ガンガンかかってくる電話、訪問督促。悪口雑言、嫌ですよね。

そんな嫌な電話や督促、実はある一定ラインまで無視しても大丈夫です。

 

hanasu.PNG

借り手、貸し手の両方の知識があるシロウがどこまで返さなくても大丈夫か、どこまできたら返した方がいいのかを最大限に借り手にメリットがあるようにご説明します。

回収ノルマに追われた金融マンの督促なんか怖るるに足りません。

 

返済をしないとどうなるのか?

借金をしていると当然、毎月返済日がやってきます。支払わないとどうなるでしょう?

1ヶ月遅れるとこんな督促状が送られてきました。
(注;シロウに送られてきたある会社の督促状を参考にして作りました)

通告書

弊社が貴方に対して有する下記の債権につき、本日迄お支払いがありません。つきましては下記お支払い期限内にご請求金額をご契約のお口座にご入金下さい。

尚お支払いがない場合には、ローンの残高を一括でお支払いいただくことになります

以上、通告申し上げます。(以下請求金額の表示)

 

返済をしないとどうなるのか?

この督促文の中で”ローンの残高を一括でお支払いいただくことになります”とありますが、これはただの脅しです。一ヶ月分を支払えない客に対していきなりに一括での支払いを

命じることはありえません。無理な一括請求はトラブルにつながるという事を知っているので、遅れた一ヶ月分を支払えば、何も問題ありません。

ここから更に1ヶ月半までは延滞しても信用情報機関に名前が載ることはありません。名前が載るのは3ヶ月延滞からです。

(参考ページ;名前が載るとどうなるかはブラックリストとは?に詳しく書いてます)

 

2ヶ月遅れるとこんな督促状が送られてきました。

通告書

弊社が貴方に対して有する下記の債権につき、本日迄お支払いがありません。つきましては、かねてより通告致しました通り、リボルビング及び分割払いによる利用代金の総残高、各種ローンのご利用がある場合にはローン残高を一括にてご請求させていただきます。

貴方の氏名、及び延滞の状況等を弊社が加盟する信用情報機関へ登録すると共に貴方に対する債権を法的手続きをもってご請求させて頂きます事をあらかじめご承知下さい。ただし、お支払い期限内に下記債権を完済頂ければ上記手続きを回避させて頂きます。以上本書面をもちまして通告させていただきます。

 

借り手が最も回避すべきポイントは?

さすがに2ヶ月遅れるといい感じですね(笑)素敵な文章です。

文中”貴殿の氏名、及び延滞の状況等を弊社が加盟する信用情報機関へ登録する”とあります。これが、マズイ!です。一度三ヶ月延滞の情報が信用情報機関に載ってしまうと、

延滞した債権を完済するまで一般のサラ金等の金融機関での借入れができなくなります。

 

延滞した債権を完済したとしても1年間の間、信用情報機関に過去延滞して、それが解消されたというデータが残ります。

延滞が解消したというデータだけなら貸してくれる金融機関はありますが、やはり審査時には敬遠されるようになり、信用状態は悪化する事になります。

つまり3ヶ月ギリ、いや安全の為に2ヶ月半まではなんとか支払いが滞っても信用情報は傷つきません。3ヶ月以降の延滞は他社で借りて返済するという自転車操業ができなくなるので自分の首を絞めることになるという事を知っておいて下さい。

延滞の限界は3ヶ月です。

信用情報以外の延滞のデメリット

返済が遅れた場合の損害金として、契約には遅延損害金の利率が規定されています。各金額の利息制限法の上限(15%~18%)になっている事が多いです。

詳しくは契約書、もしくは問いあわせてみるといいでしょう。通常時14.6%で借入していたとしても、遅れてからは法律内の上限金利で金利を支払わなければならないという事になります。

アコムとかアイフルとかの上限金利ギリのたかいところで借りている時にはあまりこの金利差はないですが、低利で借りている人は金利が僅かに高くなってしまいます。損害金は高い、というデメリットです。

期日に支払えない場合のデメリット

返済の期日に支払えないと、損害賠償、契約解除、期限の利益の喪失、取り立てをされますよ、という内容が契約書に記載されています。

期限の利益って何?

以下は知って得する数字のからくり借金・ローン(大和田英明著)からの抜粋です。

期限の利益とは、分割払いの場合、毎月決められた金額を返済するだけで残りは翌月以降の各月の返済日までは支払わなくても良いという借主の利益の事をいいます。

支払わないで延滞した場合、期日に支払われない場合、期限の利益が喪失された状態になります。その時点で残金の全てを一括で支払わなくてはいけなくなる、という事になります。

1回や2回の遅延では一括請求されるとは限らないが、契約上そうされても文句は言えないのである。
以上抜粋終わりです。

本でも延滞1回や2回では一括請求されるとは限らない、と書いてます。

初めて借金を延滞してしまいそうになって慌ててこのページを”借金 延滞”とかのキーワードで検索している人は、焦らずに冷静に対処していく方法を考えていきましょう。

このサイトには借金を延滞しそうな時に役立つ様々な対処法、考え方を掲載しています。ぜひ他のページも見てみて下さい。

 

借金の延滞に関しての関連記事

借金の延滞に関して

延滞金で考える

使ってないカードは退会が吉

 

次は借金返済はサバイバルだというお話です。←なんちゃって、ですケドね(^^;)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ
  • 延滞の限界