保証人を頼まれたら要注意!連帯保証人と通常の保証人は全然違う!

どもです!シロウ@借金研究家/ Twitterです。

保証人になってと言われたら要注意です!連帯保証人と通常の保証人は全然違います。

保証人を頼まれるといっても、シチュエーションによってさまざまなケースがあります。

一つは、マンションやアパートに入居する時の保証人になるパターン。
この場合は、金銭的な補償を求められるケースは少ないと思いますので、頼まれれば保証人になってあげてもいいのではないでしょうか。

もう一つのパターンは金銭が関わる保証人を頼まれた場合、つまり、借金をする時に保証人になって!と頼まれた場合です。

この場合、連帯保証人と通常の保証人は全然違うので注意が必要です。

「保証人」と「連帯保証人」では何が違うの?

この質問に対しては、「保証人と連帯保証人には、明確な違いがあります」というのが答です。
一般的に保証人と連帯保証人は,主債務者(借金をした本人)が返済できなくなった場合には代わりに返済の義務を負うという点は共通しています。

しかし、保証人と連帯保証人は、保証人にだけ認められている次の3つの権利に因って異なるのです。

①催告の抗弁権:貸金業者が返済の請求をしてきた場合,保証人は「まずは主債務者(借金をした本人)に請求してほしい」と主張できます。これを「催告の抗弁」といい、連帯保証人はそのような主張をできません。

②検索の抗弁権:主債務者が返済できるにもかかわらず返済を拒否した場合、保証人であれば債権者に対して主債務者の財産を強制執行するよう主張できます。これを「検索の抗弁」といい、連帯保証人はそうした主張をできません。
③分別の利益:保証人が複数の場合、主債務者に代わって返済をしなければならなくなっても借金全額を保証するのではなく、保証人の人数で按分した金額だけを負担すればいいのです。
しかし、複数の連帯保証人の場合は、すべての連帯保証人が全額を返済しなければなりません(もちろん、本来返済すべき額を超える返済の必要はありません)。
以上のように、連帯保証人には保証人に比べてより重い責任が求められます。

そのことから賃貸契約を締結する際、債権者は保証人ではなく連帯保証人を立てることを要求するのが近頃の傾向です。

こうした連帯保証人に求められる重い責任は、主債務者が債務整理を行う場合においてもついてまわります。

例えば、主債務者が自己破産で借金の返済義務を免れることができたとしても、連帯保証人の返済義務まで無くなるわけではありません。債権者は、残った借金全額の一括返済を連帯保証人に請求します。

もし、連帯保証人が返済できないのであれば、連帯保証人も債務整理をすることになってしまうのです。

保証人とは、借入をした人が当初契約どおりに返済ができなくなった場合に、借入をした人に代わって返済する義務を負う人をいいます。

カードローンの場合、多くの人から利用されるローンへと一般化してきたは、この保証人を立てる必要がないことが最大の要因と言われています。

「カードローンの場合の保証人」に関して、以下で詳細を解説します。

全てのカードローンは保証人が必要ないの?

カードローン提供会社の公式ホームページに公開されている商品説明書によれば、この質問に対しては、「全てのカードローンは、申込者が保証人を立てる必要はありません」というのが答えです。
とは言え、ネット上には、「次のようなケースでは、保証人を立てるよう求められることがある」とした記事が少なくありません。

  1. 借入希望額が高額なケース
  2. 審査をクリアできないほどではないが、限度額の設定が難しいケース
  3. 使途を事業用で申し出ているケース
  4. 過去に軽微な事故情報があるケース
  5. 学生や専業主婦のケース

常識的に考えれば、たとえ稀なケースであっても、申込者に「保証人を立てるのであれば貸付をしましょう」といった審査結果を伝えることが実際にあるとは考えられません。

少し無理をして審査をクリアさせる場合には「借入限度額を抑えて審査結果を通知する」、といったことが行われることは想定できます。

しかし、無担保・保証人なしが売り(セールスポイント)のローンにおいて、申込者が保証人を立てるかどうかで審査結果を決定するのであれば、それはもはやカードローンの審査とは言えないのではないでしょうか。

なお、銀行系カードローンにおいては申込者が保証人を立てる必要はありませんが、銀行が委託している「保証会社」の審査をクリアしなければカードローンを利用できません。

ですから「全てのカードローンは、保証人が必要ありません」ではなく、「全てのカードローンは、申込者が保証人を立てる必要はありません」というのが正しい答えです。

カードローンには、なぜ保証人が要らないの?

現在、わが国で一般に提供されているカードローンは、自分で保証人を立てる必要がありません。

しかし、カードローン提供会社は、なぜ「保証人なし」でもカードローンの貸付が行えるのでしょう?

銀行系と消費者金融系のカードローンでは少し違いがありますが、次の3点を挙げられます。

カードローンに保証人がいらない理由1

1つ目のポイントは、「カードローンは小口融資で、万が一不良債権化してもダメージが小さいこと」です。

住宅ローンやマイカーローンなどは高額融資であることから、不良債権化した場合のダメージは大きいと言えます。

だからこそ保証人や担保を要求し、不良債権化した際のリスク回避を図っているのです。

一方、カードローンの場合は、そこまで大きな金額を貸し付けません。

カードローンの初回契約時の限度額は、高額でも50万円程度です。

しかも個人向け貸付で長期間蓄積してきたノウハウに基づいた審査を行います。

これにより、不良債権化するような貸付はほぼ回避できるのです。

また、銀行系以外のカードローンでは、一定のリスクを見込んだ金利設定がされています。

つまり、保証会社を委託している銀行系カードローンより高めに金利を設定し、貸倒れによる損失に備えているのです。

カードローンに保証人がいらない理由2

2つ目のポイントは、「信用情報機関に申込者の信用情報を照会することで、リスクを回避していること」です。

申込者のローンの利用状況については、わが国に3つある個人信用情報機関にシッカリと登録されています。
これらの情報機関に照会すれば、申込者の信用度を誤って判断することはほぼ考えられません。
また、初めてのローン利用で情報が少なく明確な判断ができない場合には、初回借入の限度額を低く設定して契約が行われます。

カードローンに保証人がいらない理由3

3つ目のポイントは、「保証会社を委託しているか、自社に保証会社としての機能を持っていること」です。

銀行は企業向け大口融資を中心に事業展開をしてきたことから、個人向け小口融資のノウハウが蓄積されていませんでした。

そこでカードローン事業に本格参入する際には、消費者金融などと提携(子会社化も含む)することで個人向け融資のノウハウを活用しました。

また同時に、それらの消費者金融などを「保証会社」に委託することで不良債権のリスクを回避するシステムを構築したのです。

銀行にしてみれば、保証会社が保証人の役割を果たしてくれるので、不良債権発生を心配する必要がありません。保証会社に一定の手数料を支払っておけば、申込者に保証人を立ててもらう必要が無いのです。

一方、消費者金融は債権回収のプロとしてのノウハウを蓄積してきました。

そのことで消費者金融はカードローン提供会社として、また債権回収会社としての機能を備えています。

ですから、あらためて申込者から保証人を立ててもらわなくても、カードローンを提供できるのです。

保証人なしのメリットとデメリットとは?

カードローンは保証人が要らないのが当たり前で、利用者にとっては良いこと尽くめと思っている人が多いようですが、必ずしもそうではありません。

保証人なしのカードローンのメリットとデメリットを列挙します。

1.「保証人なし」のメリット

  1. 保証人手続きが必要ないので申込み時の手続きが簡単である。
  2. 例えば住宅ローンで(連帯)保証人を立てる場合、保証人には本人確認書類・印鑑証明書・収入証明書などの準備や提出書類への自署なども頼まなければなりません。

  3. カードローンの場合はそうした申込みのための手間をかけずに、インターネットで簡単に申し込めるのです。
  4. 自分自身の信用力と返済能力だけで気軽に申し込める。
    申込みの際に保証人を立てる必要がないのは、申込者自身の個人情報を申告するだけで申込みができるということです。
    また、申込書の記載ミスや提出書類不備なども申込者本人だけで、しかもすぐに対応できます。保証人の書類への記載ミスや提出書類不備などを心配する必要もありません。

  5. カードローンを利用していることが周囲にバレるリスクが低い。
  6. 保証人を立てることは、最低でもローンの利用が保証人にバレるということです。保証人が他言しなければ周囲にバレないはずですが、借金のことは不思議と周囲にバレます。
    しかし、保証人を立てる必要がないと、カードローンの利用が周囲にバレるリスクは抑えられるのです。

  7. 保証人が要るローンよりも審査基準が緩い。
  8. 保証人が要るローンは、主に低金利で高額融資の商品です。そのことから、不良債権化のリスクを回避するために、保証人が要るローンの審査は時間をかけて返済能力と信用度が慎重に審査されます。
    しかし、カードローンは高金利で低額融資の商品です。そのため、審査基準は保証人が要るローンほど厳しくないと言えます。

  9. 金融事故などによる周囲への影響を避けられる。
  10. たとえば延滞などの金融事故を発生させても、取立ては利用者に対してだけ行われます。周囲に影響を与えるにしても家族への影響に留められるので、保証人に迷惑をかけるようなことはありません。

2.「保証人なし」のデメリット

  1. 返済に困っても自分の責任で処理する必要がある。
  2. 保証人をたてるローンでは、利用者が返済できないときは保証人が支払うことになります。しかし、保証人なしのカードローンでは最後まで利用者自身が責任をとらなければならず、代わりに誰かが返済してくれることはありません。
    「保証会社」が存在する銀行系カードローンの場合は、利用者が返済できないときは保証会社が代位弁済を行ってくれます。だからと言って

  3. 利用者の返済が免除されるのではなく、利用者の債務が銀行から保証会社へ移動するだけです。
  4. 「個人情報」が原因で審査をクリアできないことがある。
    保証人を立てるローンでは、申込者の個人情報に多少不安な要素があったとしても、保証人の信用度や返済能力が高く評価された場合には、審査をクリアできる可能性があります。

  5. しかし、保証人を立てないカードローンでは、個人情報に少しでも不安な要素があると審査をクリアする可能性はほとんどありません。
  6. 保証人を立てるローンに比べると金利が高く限額が低い。
    保証人を立てるローンは債権の回収が不能になる可能性が低いことから、低金利でしかも高い限度額の商品が提供されます。一方、保証人を立てないカードローンの場合、貸倒れのリスクを最小限に留めるために、高金利でしかも低い限度額の商品として提供されるのです。

:まとめ

  • カードローン提供会社の公式ホームページに公開されている商品説明書にもあるように、カードローンは申込者が保証人を立てる必要はありません。
  • ネット上には「保証人を立てるよう求められることがある」とするものもある。ですが実際上はありません。
  • 少し無理をして審査をクリアさせる場合には「借入限度額を抑えて審査結果を通知する」、といったことが行われることは想定できる。
  • 常識的に考えれば、たとえ稀なケースであっても、申込者に「保証人を立てるのであれば貸付をしましょう」といった審査結果を伝えることが実際にあるとは考えられません。

カードローンには、なぜ保証人が要らないの?

次の3点を挙げられます。

  • 1つ目のポイントは、「カードローンは小口融資で、万が一不良債権化してもダメージが小さいこと」です。
  • 2つ目のポイントは、「信用情報機関に申込者の信用情報を照会することでリスクを回避していること」です。
  • 3つ目のポイントは、「保証会社を委託しているか、自社に保証会社としての機能を持っていること」です。

「保証人なし」のメリットとデメリットとは?

  • 保証人なしのメリット
  • 保証人手続きが必要ないので申込み時の手続きが簡単である。
  • 自分自身の信用力と返済能力だけで気軽に申し込める。
  • カードローンを利用していることが周囲にバレるリスクが低い。
  • 保証人が要るローンよりも審査基準が緩い。
  • 金融事故などによる周囲への影響を避けられる。

保証人なしのデメリット

  • 返済に困っても自分の責任で処理する必要がある。
  • 「個人情報」が原因で審査をクリアできないことがある。
  • 保証人を立てるローンに比べると金利が高く限額が低い。

通常、カードローンの借入をする時には保証人を立てる必要はありません。
保証人を立てる事が必要になるのは、商売上の理由で何千万とかの単位でお金を借りる時位です。

記事を書いているのは?

楽に借金返済
貸金業務取扱主任者 3級 ファイナンシャル・プランニング技能士。元貸金業者で働いていた経験と、自身も長年借金をしている経験を併せ持つ。 借金道を10年運営。借金コラムを2000枚以上執筆。 借金アドバイザーとして、WEB上での借金相談を1,000件以上行っている。
運営者情報
借金アドバイザー シロウ
お問い合わせ

コメントを残す

元金融マンが語る完済の鉄則 -目次-

  1. 借金道の想い
  2. 借金の悩みは語られない
  3. 自分の借金を把握する
  4. シロウの返済理論
  5. 家計簿をつければ効果的に返済できる
  6. 繰上返済で借金を減らす方法
  7. 繰上げ返済時に振込手数料を無料にする方法
  8. 借金してても楽しいことあるさっ
  9. 借金返済の生活
  10. 借金返済の生活 その2
  11. 借金が増えていっている人へ
  12. ストイック(=禁欲的)に
  13. 何のタメに働くのか
  14. 完済の向こう側
  15. 行動
サブコンテンツ

低利化で借金は楽になります!

即日融資に関するマンガ - 1コマ目 利息減らせないかなぁ。- 2コマ目 シロウ絵 そんな時は低金利カードローンです!。 - 3コマ目 なるほど!やってみる - 4コマ目 やった、低利化で楽になったぞ!


  • 保証人を頼まれたら要注意!連帯保証人と通常の保証人は全然違う!