銀行系カードローン審査をクリアできない人の共通点

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

銀行系カードローンの審査は厳しい?
このページを読んでいただくと、銀行系カードローンの審査についてわかります。

今借金がある人が知ると得する情報ばかりですので、ぜひご覧になって下さい。

このページのテーマは次のとおりです。

  • 銀行系カード・ローンの審査の特徴
  • 銀行系カー・ドローンの審査をクリアできない人の共通点
  • 保証会社が存在するので銀行系カードローンの審査は厳しいの?

銀行系カードローンの審査の特徴

銀行系カードローンの審査の特徴は2つあり、1つは「貸付が総量規制対象外」であり、他の1つは「保証会社の存在」です。

なお、銀行系カードローンの審査は「厳しい」とか「甘い」とかも特徴に含めることがありますが、このページでは特徴としては扱いません。

特徴の具体的な内容を見ていきましょう。

1つ目の特徴の「貸付が総量規制対象外」とは、銀行系カードローンの貸付に関しては総量規制が適用されないと言うことです。

総量規制は、2010年6月に行われた『貸金業法』の改正の際、新たに定められました。

ですから、貸金業法の適用される消費者金融などの貸金業者に対する規制で、具体的には「個人に対し本人の年収の3分の1を超える貸付を禁止する」ものです。

銀行系カードローンは『銀行法』の適用を受けることから、『貸金業法』に定める総量規制の適用を受けません。

適用されないのですから、銀行系カードローンでは申込者の年収の3分の1を超える貸付をしても違法ではないと言うことです。

2つ目の特徴の「保証会社の存在」とは、カードローンそのものの特徴は「担保なし・保証人なし」でありながら、銀行系カードローンにだけは保証会社が存在していると言うことです。

確かに申込者が保証人を立てる必要はありませんが、銀行が独自に委託した保証会社が存在します(カードローンによっては複数社が委託されている)。

銀行系カードローンでは、審査をクリアするためには当該銀行が委託した保証会社の保証を受けられることを条件にしており、そのことで保証会社は銀行とは別に「審査」をします。

保証会社が代位弁済を引き受けてくれますから、銀行としては債権回収ができなくなるリスクを回避できます。

そのことで、消費者金融のように不良債権化のリスクを考慮して金利を高く設定する必要がないのです。

銀行系カードローンの審査をクリアできない人の共通点

「銀行系カードローンの審査をクリアできない人」とタイトルを付けていますが、「銀行系カードローン」の部分を「消費者金融系カードローン」に置き換えてもほとんど問題ありません。

審査基準は公表されていませんが、銀行のカードローンの審査基準は、消費者金融が蓄積してきた個人向け貸付のノウハウの一つとして本格導入されたものです。

また、銀行系カードローンの審査は、保証会社に委託されている消費者金融や信託も行っています。

カードローンの審査に関連しては、銀行系と消費者金融系を区別したり比較したりする意味はあまり意味はなさそうです。

こうしたことを前提に、銀行系カードローンの審査をクリアできない人の共通点を列挙して紹介しましょう。

  1. 返済能力を超える可能性があるかすでに超えている。
  2. 銀行系カードローンにおいても、貸付限度額については総量規制に準じた運用を行っています。ですから、現在年収の3分の1に近いか超える借金があると、銀行系カードローンでも新たな貸付をしてくれません。

  3. 借入限度額の希望が高すぎる。
  4. 自分の年収と借入金の返済月額を考慮して借入希望額を申請しないと、金銭感覚に問題があるとして審査で落とされてしまいます。

  5. 申込書に虚偽の申告がある。
  6. 他社借入件数や金額、年収などの虚偽の申告が多いようです。虚偽は審査の段階でバレるだけではなく、発見された時点で申込は取り下げられます。

  7. 信用情報に問題がある。
  8. ・ブラックリストに載っている:これまでのローンの利用履歴に延滞や滞納の記録があると、金融事故として個人信用情報機関に登録されています。一般に「ブラックリストに載っている」と言いますが、その場合は審査をクリアするのは困難です。
    ・申込者がスーパーホワイトである:スーパーホワイトとは、個人信用情報機関に全く記録がないことを言います。30代を超えてからのスーパーホワイトは、過去に債務整理や自己破産をしているのではないかと疑われ、審査をクリアできないことがあります。

保証会社が存在するので銀行系カードローンの審査は厳しいの?

銀行系カードローンは消費者金融系カードローンと比較して金利が低いことから人気がありますが、一般的には審査が厳しいので融資を受けられないと言われています。

そのことで、申込を断念している人も多いようです。

こうした銀行系カードローンは厳しいと思われている要因の一つに挙げられるのが、銀行系カードローンには消費者金融系カードローンなどでは必要のない保証人の存在です。

銀行が委託している保証会社は申込者が立てる保証人ではありませんが、銀行系カードローンを利用するためには、この保証会社の審査をクリアしなければなりません。

つまり、銀行の審査も保証会社の審査もクリアしなければ利用できないのです。このことから、銀行系カードローンの審査は厳しいと言われるようになったという部分もあります。

この保証会社には、貸金業法改正で経営不振に陥ったり銀行が子会社化したりした大手消費者金融などが委託されています。

この保証会社は、いわば個人向け無担保貸付のプロです。

保証会社が銀行系カードローンで担っている役割は、「代位弁済」と「審査」の2つです。

代位弁済とは、利用者が返済できなくなった場合に、利用者に代わって銀行へ返済をすることを言います。

この代位弁済に関しては、保証会社は契約に基づいて銀行から手数料を受け取ります。

不良債権が発生すれば、本来なら銀行が「回収する」か「抱えなければならない」のですが、無担保貸付のプロである保証会社は、代位弁済することで不良債権を引き継ぐのです。

こうした代位弁済の役割を担っているのですから、保証会社は銀行本体同様、独自に申込者の「審査」を行います。

実際の審査基準は分かりませんが、銀行本体は審査を甘くすることで返済不能者が多くなっても保証会社が代位弁済をしてくれるので、何の問題もありません。

しかし保証会社の審査が甘くなったのでは代位弁済の必要な利用者が多発し、いくら債権回収のプロであっても保証会社を受託できなくなってしまいます。

このように解説すると、銀行系カードローンの審査は厳しい・その要因は保証会社の存在である、と言っているようですが、必ずしもそうではないようです。

銀行系カードローン残高の現状

審査が厳しいはずの銀行系カードローン残高はこの5年間で1.6倍に増加し、消費者金融のカードローン残高をはるかに超える5兆4377億円に達しました。

それにともなうように、自己破産の申し立ても増えてしまいました。

こうした中、金融庁は、銀行への立ち入り検査を行ったのです。

この検査によって、銀行系カードローンの審査や貸付に関してさまざまな改善の必要性が指摘されています。

一般に厳しいと言われてきた銀行系の審査の実態はそうではなく、急激に貸付を増加させ多重債務者を多数誕生させるような過剰な貸付が行われてきたと言うのです。

銀行系カードローンの審査が厳しいかどうかは、この金融庁の指摘なども参考にしながら、あなた自身で判断してください。

銀行系カードローン審査をクリアできない人の共通点 まとめ

銀行系カードローンの審査の特徴とは
・銀行系カードローンの審査の特徴は「貸付が総量規制対象外」と「保証会社の存在」
・銀行系カードローンは『銀行法』の適用を受けることから、貸付は総量規制対象外である。
・銀行系カードローンには銀行が独自に委託した保証会社が存在している。保証会社役割は「審査」と「代位弁済」
・銀行系カードローンには保証会社が存在するので、不良債権化リスクを考慮して金利を高く設定する必要がない。

銀行系カードローンの審査をクリアできない人の共通点

銀行系カードローンの審査をクリアできない人の共通点は、次の4つ

  1. 返済能力を超える可能性があるかすでに超えている。
  2. 借入限度額の希望が高すぎる。
  3. 申込書に虚偽の申告がある。
  4. 信用情報に問題がある。

保証会社が存在するから銀行系カードローンの審査は厳しくなる?

・一般的には銀行系カードローンは消費者金融系カードローンと比較して審査が厳しいと言われている。
・保証会社として代位弁済を行う立場の消費者金融の方が、審査が厳しくなるはず。
・銀行系カードローン残高のこの5年間での1.6倍の急増や今年9月に行われた金融庁の指導から推察すると、一般に厳しいと言われてきた銀行系カードローンの審査はそうではなかったと言えるのかもしれない。

普通に銀行カードローンに申込をしていて、審査に通らないという方は以下の信用情報機関を使ってご自身の信用情報(俗に言うブラックリストです)を調べてみて下さい。500円で調べる事ができます。

審査に通らないならコレが原因です!信用情報機関=ブラックリスト

記事を書いているのは?

楽に借金返済
貸金業務取扱主任者 3級 ファイナンシャル・プランニング技能士。元貸金業者で働いていた経験と、自身も長年借金をしている経験を併せ持つ。 借金道を10年運営。借金コラムを2000枚以上執筆。 借金アドバイザーとして、WEB上での借金相談を1,000件以上行っている。
運営者情報
借金アドバイザー シロウ
お問い合わせ

おすすめ!無料相談シュミレーター

いきなり弁護士に依頼するのはちょっと…、とりあえず話だけでも聞いてみたい、という方におすすめなのが「街角法律相談所」です。
無料で匿名のまま入力できるシミュレーターを使って、借金の減額可能額や減額方法、依頼すべき弁護士事務所を表示させる事ができます。

診断後はそのまま表示されている弁護士事務所に依頼する事もできます。

メールや電話での悩み相談を無料で受けつけていますので、債務整理が気になる方はまず一度街角法律相談所を利用してみるといいですね。

借金研究家が選ぶ おすすめランキングTOP3

TVCMでもおなじみの銀行系カードローン『バンクイック』消費者金融に劣らない程サービス内容がいいです。 おすすめポイント ・1.8%~14.6%の低金利 ・最高500万円までご融資 ・24時間365日、夜間でも融資可能

年率
1.8%~14.6%
限度額
500万
審査時間
-
保証人
不要
職場連絡
あり
申込資格
あり
返済システム
引落し/振込
来店必要の有無
co_img_new_promisesticker

30日間無利息無利息 ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。 女性には、女性専用のオペレーターが案内してくれます。 パートやアルバイトでも安定収入があれば借り入れ可能。 また、50万円以下なら収入証明書不要と、初めての方も安心して利用できるシステムは魅力的です。

年率
4.5%〜17.8%
限度額
500万
審査時間
最短30分
保証人
不要
職場連絡
あり
申込資格
あり
返済システム
PC/ATM/振込/コンビニ
来店必要の有無

モビットの場合すぐに融資可能か教えてもらえます。審査に通れば即日融資も可能です。(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。) また電話連絡、郵送物無しなので他の人に知られず借りれます。

年率
3.0%〜18.0%
限度額
800万
審査時間
10秒簡易審査
保証人
不要
職場連絡
無し
申込資格
無し
返済システム
ATM/引落し
来店必要の有無
ランキングの根拠:借金道管理人シロウ自身が借入をしてみて、金利、スピード、返済の利便性の3項目での比較。借り手目線でどこが得かで、ランキングを作成しています。

コメントを残す

元金融マンが語る完済の鉄則 -目次-

  1. 借金道の想い
  2. 借金の悩みは語られない
  3. 自分の借金を把握する
  4. シロウの返済理論
  5. 家計簿をつければ効果的に返済できる
  6. 繰上返済で借金を減らす方法
  7. 繰上げ返済時に振込手数料を無料にする方法
  8. 借金してても楽しいことあるさっ
  9. 借金返済の生活
  10. 借金返済の生活 その2
  11. 借金が増えていっている人へ
  12. ストイック(=禁欲的)に
  13. 何のタメに働くのか
  14. 完済の向こう側
  15. 行動
サブコンテンツ
  • 銀行系カードローン審査をクリアできない人の共通点