パチンコでどれだけ損をしている?

パチンコが原因で借金してしまう人も多いですよね。

掲示板でパチンコで借金したという人を見つけました。

パチンコで借金が増えた人の書き込み

パチンコ始めて1年で貯金50万から借金100万へ。
今日も9万負けました。何度もやめようと決意したけど、何度もスリップしてしまう。

月々3万の返済で44ヶ月か。気が遠くなるけどがんばろう。

この人の場合、とにかくまずパチンコでどれだけ損をしているのか、紙に書き出してみる事だと思います。
Zemanta Related Posts Thumbnail

上記の書き込みに対して他の方からもレスがありました。

パチンコ以外の趣味を

パチンコ以外の趣味を見つけたらどう?
将棋や囲碁とか、スポーツクラブとか。
プロ野球やサッカー観戦も検討したら?
9万もあったらプロ野球観戦やサッカー観戦出来るじゃないか・・・

そうですよね。お金をかけずとも、面白い趣味っていうのはあるはずです。

何か他に熱中できる事を探すといいと思います。

借金した原因が解消した時点で借金は減っていく一方になるケースがほとんどです。

ですが、借金をした原因がパチンコ、パチスロといったギャンブルという場合は、思い切ってそのギャンブル癖をやめなければなりません。
(私もそうだったんですがやめました。)

パチが理由で借金すると、やり方によってはスゴくターボがかって借金が増えていきます。パチで負け、お金が無くなる度に、キャッシュディスペンサーに走る癖がついてしまうからです。

パチンコやらない人には信じられないかもしれませんが、今日もどこかのパチンコ屋の片隅で、パチンコに負ける→ATMへ→さらに深手に…そういう事してる人がいると思います。

パチンコ、パチスロには酷い中毒性があります。それをやめる為にいいと思うのは、まず、勝ち負けを紙に書き出してみる事。日付と、いくら負けたか、いくら勝ったかだけでいいです。

負けの方が当然多いはずですから、そのマイナスを紙に書き出してみるのです。なんとなく、ちょっと負けてるなぁ位の考え方では、とんでもない額を使っていても気付きません。

どうしてやってはならないのかをハッキリさせる為にも、まずどれだけ負けているのかを書き出してみて下さい。

パチンコで勝つお金って、それだけ入ってくるならいいですけど、たいがい負けてますからね。
負けているのを、はっきり数字化させると、絶対焦ると思います。節約しようと思えば、節約できるポイントですから。

パチンコ中毒の人のパチをして儲けたいという気持ちっていうのは仕事をやってお金を稼ぎたいという正常な気持ちがねじ曲がってしまったものだと思います。

今のスロットって研究する時間がないと勝てません。

ですが、そんな事するよりも、仕事で何かできないか考えてみた方が絶対いいと思います。

その方がずっとパチスロの事考えるよりも生産的です。

パチンコって、ほとんどの人が負けますからね。勝つためにはすごい努力が必要ですが、そこまで努力する位なら、頑張って仕事していきましょう。

でもホント、こうやって書いてるの見ても、本人からしたら、パチンコに行くっていうのはもうホント体に染みついてしまった悪習ですから、なかなかやめられないと思います。

どうやってやめるか?

同じように苦しんでいる人がいて、みんなやめようとしているんだっていう事を知るっていうのが一番近道だと思います。過去、このサイトで借金相談をした時に、パチンコ中毒だった相談者の方がいいって言っていた本で、”ギャンブル依存症 田辺 等”っていう本があります。

そういう本を読んでみたり、ギャンブラーズアノニマスっていうギャンブルをやめようとする人達の会合に行ってみるとか。できる限りの事をして、とにかく半年位ギャンブルから離れてみる時間を作るっていうのが大事だと思います。

あと、何でもかんでもパチンコが悪い、という事もないと思います。

負け越してしまう人は、借金している間はパチンコをやらないっていう風に決めるのがいいですが、パチンコから学べる事もあります。…まぁ、学べる事はちょっとですが。

パチンコの引き際の話

勝負事では引き際にいかにサッと引ける思い切りの良さを持てるかが大切です。

これは本当に大事な事です。

私は今までにパチンコにかなりお金をつぎ込みましたが、そこから学んだ事があります。
引き際が大切という事です。往生際の良さとも言いますか、とにかく引き際が大切です。

パチンコで勝っていても、閉店までずっと打ち続けていれば、最高のタイミングで店を後にできるわけではありません。自分で辞め際を考える事が大切です。

また、朝一から打ち始めて、現金投資をしているのに当たらない場合でも、どこで引くかっていうのは自分で決めなければなりません。

…パチンコしない人にはまったくわからない、マニアックな話でスイマセン。
パチンコをしない方は読み飛ばしていただきたい位の記事なのですが(^^;)

要は、出ないからと言って、うらみったらしく台にしがみついている人はダメだという話です。分が悪ければサッと引く。勝てるところだけいく。ギャンブルをギャンブルでなくしてしまう事ができれば…、それが最もいいパチンコへの取り組み方だと思います。

商売してる友達が言ってました。

商売はギャンブルみたいなものだけど、理詰めで突き詰めていって、その為の行動をしていけば、ただのギャンブルではなくしてしまう事ができる。

なんか、この話を聞いた時、ああ、パチンコもそうだなぁって思いました。
ギャンブルをする時に、どうしても負けにつながる不利な要素っていうのがあります。

たとえば、4円パチンコの話ですと、1玉4円で玉を借りてパチンコを打ち始めますが、その後、出た玉を換金する時は1玉2.5円とかで換える事になります。これはつまり、最初のレートの時点である程度の負けが決まっているという事です。

パチンコというギャンブルで換金差がある場合、どうしてもその換金差を埋める位に出さなければなりません。ですが、パチンコは性質上、短時間でそこまで出せるケースってほとんどないようにできています。

長時間打って、初めて、大当たりが連続するポイントが出てくるのです。

短時間で座って、少ない確率の大当たりを目指すのがギャンブル。
長時間で座って、当てるべくして大当たりが連続するポイントを引き出すのが、ギャンブルをギャンブルでなくしてしまう打ち方です。(パチプロはみんなそうしています。)

で、冒頭の引き際の話に戻ります

短時間で打ってその日の投資金額がなくなってしまった時点で強制的に退出させられる(負ける)よりも、資金と打つ時間を自分のコントロール下で制御しながら、引き際と思った時間に引く、という方が、多くの勝ち金を手元に残す事ができます。

大切なのは、自身を上手くコントロールする事です。今は攻める時、今は守る時。これをしっかり分けて考えていきましょう。

節約の限度とかもそうです。過剰に節約し過ぎるのではなく、限度を自分で決めていきましょう。

引き際、辞め時が肝心という話でした。何事もそうだと思います。

借金道: パチンコの話

他にもパチンコとの上手な付き合い方についてたくさんの記事があります。よかったら見てみてください。パチンコパチスロ | 借金道

記事を書いているのは?

楽に借金返済
貸金業務取扱主任者 3級 ファイナンシャル・プランニング技能士。元貸金業者で働いていた経験と、自身も長年借金をしている経験を併せ持つ。 借金道を10年運営。借金コラムを2000枚以上執筆。 借金アドバイザーとして、WEB上での借金相談を1,000件以上行っている。
運営者情報
借金アドバイザー シロウ
お問い合わせ

コメントを残す

元金融マンが語る完済の鉄則 -目次-

  1. 借金道の想い
  2. 借金の悩みは語られない
  3. 自分の借金を把握する
  4. シロウの返済理論
  5. 家計簿をつければ効果的に返済できる
  6. 繰上返済で借金を減らす方法
  7. 繰上げ返済時に振込手数料を無料にする方法
  8. 借金してても楽しいことあるさっ
  9. 借金返済の生活
  10. 借金返済の生活 その2
  11. 借金が増えていっている人へ
  12. ストイック(=禁欲的)に
  13. 何のタメに働くのか
  14. 完済の向こう側
  15. 行動
サブコンテンツ

低利化で借金は楽になります!

即日融資に関するマンガ - 1コマ目 利息減らせないかなぁ。- 2コマ目 シロウ絵 そんな時は低金利カードローンです!。 - 3コマ目 なるほど!やってみる - 4コマ目 やった、低利化で楽になったぞ!


  • パチンコでどれだけ損をしている?