ブラック情報の登録期間と消す方法

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

「ブラック」という表現が付いているだけで、少なくとも好ましい印象は受けません。

カードローンの取引においては、「ブラックリスト」「金融ブラック」「申込ブラック」などの用語があります。
このサイトでは、これらの「ブラック」についてお話しましょう。

  • そもそも金融ブラックってなに?
  • ブラックリストに載ると何が起きるの?
  • ブラック情報の登録期間と消す方法を教えて下さい。

そもそも「金融ブラック」ってなに?

「金融ブラック」とは、信用情報機関のデータベースに、カードローンなどの「金融事故」の情報が登録されている「状態や人」を言います。

金融事故とは、カードローンなどからの借金の返済に関連して、著しい契約違反や信用を損ねる行為のことです。

具体的には、次のような行為を言います。

  • 長期延滞:長期延滞は、2~3カ月以上にわたって返済できていない状態です。返済すれば延滞を解消でき、事故の状態は解消します。
    なお、複数の返済が同時に滞るとか繰り返して延滞するとかいった場合は、もっと短期間の延滞でもブラックリストに載る恐れがあるので注意が必要です。
  • 債務整理:国が認めた借金問題を解決するための法的な手続きで、文字どおり債務(借金)を整理することを言います。手続きの種類は「任意整理、特定調停、自己破産、個人再生」です。
    債務整理を選択することは、「借金の返済が難しく返済できない状態である」ことを意味しています。そのため、債務整理を実行すると新たな貸付はできないと判断され、ブラックリストに載ってしまうのです。
  • 代位弁済:返済できなくなった場合に、利用者に代わって保証会社が返済をした状態を言います。債権がカードローン提供会社から保証会社に移動した状態です。
    保証会社は万が一借主が返済不能になった場合、借主に代わって貸主への立替払いを行います。代位弁済が行われるのは、延滞などが起きて「利用者に返済能力がない」と判断された時です。
    ですから、代位弁済が行われるとすぐにブラックリストに登録されます。
  • 強制解約:貸金業者が「利用者には返済能力がない」と判断したときに、強制的に行う解約です。強制解約を行った情報はすぐに信用情報機関に登録されることから、信用情報機関に加盟している全ての会員はその事実を知ることになります。

なお、この金融ブラックと同じようにブラックを付けて呼ばれるものに「申込ブラック」があります。同時または短期間の間に多数のカードローンを申し込むことを言います。

また、一般に「ブラックリスト」と呼ばれるのは、「金融ブラック」や「申込ブラック」のような信用情報のことです。

その情報が信用情報機関のデータベースに登録されることを「ブラックリストに載る」と表現します。

リストと言われることから一覧表や名簿などをイメージする人が多いのですが、そうしたものは存在しません。

あくまでも、信用情報機関のデータベースに記録されている個人情報です。

ブラックリストに載ると何が起きるの?

ネット上に掲載されている「ブラックリストに載ることで受けるデメリット」についての記事には、「怖れる必要は、ほとんどありません」「社会生活上の大きな不利益や制裁は受けません」といった解説が行われています。

だからといって、これらは、ブラックリストに載るような行為をすすめているのではありません。

借金を返済することは債務者の当然な義務ですが、ブラックリストに載ることを避けるために、無理な返済を続けることで生活破綻を引き起こしたりヤミ金から借金をしたりすることを戒めるものです。

人生を破たんさせるような返済を続けるデメリットは、ブラックリストに載るデメリットよりも大きくなる可能性が高いことへの警鐘だということを理解しなければなりません。

では、ブラックリストに載った場合の具体的なデメリットを見ていきましょう。

  • 新たな借金ができなくなる:原則として、あらゆる銀行や消費者金融、クレジット会社などの審査をクリアできなくなります。そのことで、住宅ローンやオートローンなどのローンを組めなくなりますし、クレジットカードを作ることもできなくなります。
  • クレジットカードが使えなくなる:現在手持ちのクレジットカードは失効して利用できなくなり、カードの返却を求められます。また、新規申込をしても審査をクリアできません。

このように、ブラックリストに載ることでのデメリットは、借金に係わることに限られます。

このことで、貯蓄や現金を持たない人にとっては厳しい生活を強いられるでしょう。

しかし、このデメリットは、借金に関してブラックリストに載るような行為に対するペナルティーと受け止め、対処しなければなりません。

借金に係わる面ではこうしたデメリットを受ける一方、日常生活に係わる面では特段のデメリットを受けることはないと言えます。

ネット上のQ&Aなどを見ると、ブラックリストが日常生活へ与えるさまざまな影響を心配している人が多いようです。

しかし、それらの全ては「ブラックリストにまつわるウソや誤解」、といても過言でないでしょう。

ブラック情報の登録期間と消す方法を教えて!

ブラック情報が登録されている期間は、それぞれの信用情報機関と情報の種類によって異なります。

各情報機関のホームページにはブラック情報だけではなく、常時収集・管理している情報項目とその情報の登録機関が紹介されていますので、興味のある人はそれをご覧ください。

このページでは、信用情報機関別のブラック情報の登録期間を紹介しておきます。

これらの情報を消す方法は2つです。

1つは「登録期間が経過し、信用情報機関がデータベースから抹消されるのを待つ方法」と、他の1つは「誤った情報であれば、訂正や削除を申し立てる方法」です。

誤った情報が登録されていないかどうかを確認するためには、各信用情報機関の「信用情報開示制度」を利用すれば、本人の信用情報はパソコンやスマートフォンで簡単に開示を受けられます(郵便・窓口でも開示可能)。

インターネットを利用すれば、受付時間は24時間365日・手数料は1,000円で開示が受けられるのです。

開示された情報に誤りや心あたりがない場合は、原則として登録を依頼した会員会社(カードローン提供会社)へ問合せ、誤りがあることが判明したら当該会員会社が訂正・削除をします。

なお、CICにおいては、開示受付日から2カ月以内であれば、本人からの申出があれば情報を登録した会員会社へ調査を依頼してくれます。

ブラックについて:まとめ

そもそも「金融ブラック」ってなに?

  • 「金融ブラック」とは、信用情報機関のデータベースに金融事故の情報が登録されている「状態や人」。
  • 「金融事故」とは長期延滞、債務整理、代位弁済、強制解約などのような行為
  • 「ブラックリスト」と呼ばれるのが、リストではなく金融や申込ブラックのような信用情報のこと

ブラックリストに載ると何が起きるの?
・金銭に関連して次のようなデメリットを受ける。
①新たな借金ができなくなる。
②クレジットカードが使えなくなる。
・日常生活に係わる面では、特段のデメリットを受けることはない。
ブラック情報の登録期間と抹消方法を教えて!

・これらの情報を抹消する方法は次の2つ。
①登録期間が経過し、信用情報機関がデータベースから抹消されるのを待つ。
②誤った情報であれば、訂正や削除を申し立てる。

記事を書いているのは?

楽に借金返済
貸金業務取扱主任者 3級 ファイナンシャル・プランニング技能士。元貸金業者で働いていた経験と、自身も長年借金をしている経験を併せ持つ。 借金道を10年運営。借金コラムを2000枚以上執筆。 借金アドバイザーとして、WEB上での借金相談を1,000件以上行っている。
運営者情報
借金アドバイザー シロウ
お問い合わせ

おすすめ!無料相談シュミレーター

いきなり弁護士に依頼するのはちょっと…、とりあえず話だけでも聞いてみたい、という方におすすめなのが「街角法律相談所」です。
無料で匿名のまま入力できるシミュレーターを使って、借金の減額可能額や減額方法、依頼すべき弁護士事務所を表示させる事ができます。

診断後はそのまま表示されている弁護士事務所に依頼する事もできます。

メールや電話での悩み相談を無料で受けつけていますので、債務整理が気になる方はまず一度街角法律相談所を利用してみるといいですね。

借金研究家が選ぶ おすすめランキングTOP3

TVCMでもおなじみの銀行系カードローン『バンクイック』消費者金融に劣らない程サービス内容がいいです。 おすすめポイント ・1.8%~14.6%の低金利 ・最高500万円までご融資 ・24時間365日、夜間でも融資可能

年率
1.8%~14.6%
限度額
500万
審査時間
-
保証人
不要
職場連絡
あり
申込資格
あり
返済システム
引落し/振込
来店必要の有無
co_img_new_promisesticker

30日間無利息無利息 ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。 女性には、女性専用のオペレーターが案内してくれます。 パートやアルバイトでも安定収入があれば借り入れ可能。 また、50万円以下なら収入証明書不要と、初めての方も安心して利用できるシステムは魅力的です。

年率
4.5%〜17.8%
限度額
500万
審査時間
最短30分
保証人
不要
職場連絡
あり
申込資格
あり
返済システム
PC/ATM/振込/コンビニ
来店必要の有無

モビットの場合すぐに融資可能か教えてもらえます。審査に通れば即日融資も可能です。(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。) また電話連絡、郵送物無しなので他の人に知られず借りれます。

年率
3.0%〜18.0%
限度額
800万
審査時間
10秒簡易審査
保証人
不要
職場連絡
無し
申込資格
無し
返済システム
ATM/引落し
来店必要の有無
ランキングの根拠:借金道管理人シロウ自身が借入をしてみて、金利、スピード、返済の利便性の3項目での比較。借り手目線でどこが得かで、ランキングを作成しています。

コメントを残す

元金融マンが語る完済の鉄則 -目次-

  1. 借金道の想い
  2. 借金の悩みは語られない
  3. 自分の借金を把握する
  4. シロウの返済理論
  5. 家計簿をつければ効果的に返済できる
  6. 繰上返済で借金を減らす方法
  7. 繰上げ返済時に振込手数料を無料にする方法
  8. 借金してても楽しいことあるさっ
  9. 借金返済の生活
  10. 借金返済の生活 その2
  11. 借金が増えていっている人へ
  12. ストイック(=禁欲的)に
  13. 何のタメに働くのか
  14. 完済の向こう側
  15. 行動
サブコンテンツ
  • ブラック情報の登録期間と消す方法