マイナス金利のおかげで住宅ローン借り換えの好機到来です

どもです!シロウ@借金研究家/ Twitterです。

マイナス金利万歳!

マイナス金利の影響で住宅ローンを組んでいる人は200万円以上の節約ができる可能性が出てきました。

マイナス金利のおかげで住宅ローン金利が下がるってホントなの?

今までは、銀行に預けると金利がついてお金が増えていくのが当たり前でした。

ですが、2016年2月16日、日銀のマイナス金利の適用開始により、これまでの常識が覆りました。

マイナス金利でおカネの常識が大変革する

「私は30年にわたって国債・債券市場を見てきましたが、マイナス金利は初めての経験です。債券市場のベテランの間ですら、なにが起きるのかが読み切れなくなっている。大手金融機関も緊急ミーティングを開催し、対策を練り始めた。これからは文字通り、誰も見たことのない世界に突入する。なにが起きてもおかしくないのです」(金融アナリストの久保田博幸氏)

引用元:現代ビジネス


おカネの常識が変わった。すぐに情報武装・生活防衛を始めないと、大損を被ることになる。

マイナス金利住宅ローン

住宅ローン借り換えの試算を出すべき理由

マイナス金利で特に大きなメリットを享受できるのが住宅ローンを組んでいる人です

マイナス金利の影響最も大きいのが住宅ローンの分野です。

住宅は一生のうち、一番高い買い物です。当然住宅ローンを組む事になります。
そのローン金利の差は、金額がでかい分、ほんの少しの金利差でも、25年~35年という長期に渡って考えればとんでもない利息差額になります。

マイナス金利の導入は史上初めてのことですので、その影響はどういうところに現れるかっていうのはハッキリとはわかりません。
ですが、確実に起きる動きが、住宅ローンの金利が安くなるという事です。

今、住宅を買っている人は、購入時のローンを借り換えする事で、低利化の借り換えのメリットがある可能性が高くなっています

住宅ローンの借り換えメリットはどれくらい?

例えば、2200万円の25年返済の場合、1.5%から0.569%に借り換えすると、それだけで約278万の節約になります。
住宅ローン借り換え

ちなみに、年0.569%に借り換えするというのは、まったく不可能な話ではありません。

住宅ローンの借り換えメリットはどれくらい? | 借金道

住宅ローン借り換えの申込をすると、とんでもなく金利が下がった事例

三菱UFJ銀行のケース

2011年 三菱UFJ銀行の最優遇金利 10年固定型 金利2%
→それが今は固定10年で1.05%にまで下がっています。
kinri

三井住友信託銀行のケース

10年固定型が最優遇金利で0・7%まで下がっています。
これも1%も金利が下がっています。

新生銀行のケース

新生銀行も以前の住宅ローン金利よりもずっと安くなっていて、今は年0.630%~になっています。
ちなみに、新生銀行は初比費用が圧倒的に安いです。民間の金融機関ですと、保証料等で約62万円取られるのですが、新生銀行の場合保証料は0円です。また団体信用生命保険料も新生銀行は0円です。(※フラット35の場合、団体信用生命保険料は完済までに約180万円必要です。これが新生銀行の場合かかりません。)

マイナス金利導入のおかげで、住宅ローン金利は大きく変わってきています
借り換え申し込みをしてメリットがあるのは、今既に住宅ローンを組んでいる全ての人です。

5年以上前にローンを組んだ人は住宅ローン借り換え申し込みは必須です

かなりの確率で、数十万~300万円弱の節約になります。

マイナス金利導入で今は住宅ローン借り換えの千載一遇のチャンスが来ています。

特に新生銀行の借り換え申し込みは手数料が安いので、やってみられる事をお勧めします。

住宅ローン借り換え比較


新生銀行住宅ローン

新生銀行住宅ローン

特徴 借り換えでの節約効果が大きい、新生銀行住宅ローンの借り換え申し込みです。
変動年率 年0.630%~
審査時間 約7営業日
特徴 手数料が圧倒的に安い。民間の金融機関ですと、保証料等で約62万円取られるのですが、新生銀行の場合保証料は0円です。また団体信用生命保険料も新生銀行は0円です。(※フラット35の場合、団体信用生命保険料は完済までに約180万円必要です。これが新生銀行の場合かかりません)

住宅ローン金利で勝負してきている銀行はメガバンクよりもネット系

三菱UFJや三井住友などのメガバンクも金利を落としてきていますが、元々住宅ローンの貸し出しが少ない、イオン銀行、ソニー銀行、住信SBIネット銀行、じぶん銀行のようなネット系の新しい銀行の方が金利も手数料の安さの面でもいいです。

住宅ローンの借り換えの注意点

住宅ローンの借り換えに関わる諸々の手数料

銀行自体の手数料

登記借り換えの登録免許税、司法書士報酬、元本に対する保証料
大体、3000万円の借り換えですと、手数料等の諸費用で50万~90万かかると考えればいいでしょう。

ですが、住宅ローンの返済残り期間が15年以上あるなら、マイナス金利導入の金利落ち効果で、手数料を差し引きしても200万位の金利節約になる可能性があります。

今住宅ローンを組んでいる人は迷わず申込をしてみるといいでしょう。

でも手数料が心配だなぁ

手数料についても借り換えの申し込みをすれば教えてもらえます。

審査、試算は無料です

借り換えをする前に、得になるかどうか試算を出してもらう事ができます。

向こうも商売です。マイナス金利で革命がおき、今、全部の銀行が住宅ローンを組んでいる人を取り合っています。ですので、あなた申し込みをすれば積極的に相談にのってくれることでしょう。

住宅ローンの借り換えで278万の節約できた!

ここまで威力ある節約ならやってみない手はないと思います!

次ページは、マイナス金利発動!住宅ローンあるなら借り換え推奨です!というコンテンツです。住宅ローンある方はぜひ見てみてください!

記事を書いているのは?

楽に借金返済
貸金業務取扱主任者 3級 ファイナンシャル・プランニング技能士。元貸金業者で働いていた経験と、自身も長年借金をしている経験を併せ持つ。 借金道を10年運営。借金コラムを2000枚以上執筆。 借金アドバイザーとして、WEB上での借金相談を1,000件以上行っている。
運営者情報
借金アドバイザー シロウ
お問い合わせ

コメントを残す

元金融マンが語る完済の鉄則 -目次-

  1. 借金道の想い
  2. 借金の悩みは語られない
  3. 自分の借金を把握する
  4. シロウの返済理論
  5. 家計簿をつければ効果的に返済できる
  6. 繰上返済で借金を減らす方法
  7. 繰上げ返済時に振込手数料を無料にする方法
  8. 借金してても楽しいことあるさっ
  9. 借金返済の生活
  10. 借金返済の生活 その2
  11. 借金が増えていっている人へ
  12. ストイック(=禁欲的)に
  13. 何のタメに働くのか
  14. 完済の向こう側
  15. 行動
サブコンテンツ

低利化で借金は楽になります!

即日融資に関するマンガ - 1コマ目 利息減らせないかなぁ。- 2コマ目 シロウ絵 そんな時は低金利カードローンです!。 - 3コマ目 なるほど!やってみる - 4コマ目 やった、低利化で楽になったぞ!


  • マイナス金利のおかげで住宅ローン借り換えの好機到来です