リボ地獄になったら低利借り換えで脱出しよう!

この記事を読むのに必要な時間は約 15 分です。

リボ地獄状態からの低利銀行カードローンへの借り換えは得!

金利の高い、クレジットカードのリボ払いをそのままにしとくのは本当に損です。

クレジットカードのリボ払いを使っている人はクレジットカードのリボ残高をそのままにしているより、低金利な銀行カードローンで借りて、それをクレジットカードの残高の一括払いに充てた方がいいです。
リボ払い

リボ払いとは何か?

リボ払いとはクレジットカードの支払い方法の一種です。

クレジットカードを使うと、一括にしますか?分割にしますか?と支払いの時に聞かれます。

かっこつけて一括で!とか言う人が多いですが、実際には全部一括で払うのが苦しくなってリボ払いにする人も多いです。

リボ払いというのは、簡単に言うと、毎月3千円とか5千円の定額で払っていく方法です。

リボ残高が50万円以下の場合には毎月1万5千円、リボ残高が毎月20万円以下なら毎月5千円が支払い金額、といった具合に、その月のリボ残高によって、返済額が変わってきます。

リボ地獄状態からの脱出体験談

私はクレカ3社120万円のリボ残高がある時に銀行カードローンに借り換え申し込みして、50万円の借り入れ枠だけ受かり、50万円分をまず低利化しました。

借り換えすると、こんな感じに変わる

金利が下がれば支払い総額を減らす事が出来ます。

毎月の返済額が減るっていうのは本当に楽です。余裕ができたなぁっていう月は、借り換えで浮いた分の利息を繰り上げ返済に回す事も出来るようになります。

リボ払いになっているクレカの支払い件数が多い人の方がより借り換えのメリットが大きくなる

返済日が多くなればなるほど、返済日を忘れてて延滞してしまうリスクが増えてしまいます。

多数のクレジットカードの返済を1社で借り換え出来れば返済日が月に一回になり、分かりやすく、延滞しにくくなるというメリットもあります。

リボ地獄から抜け出るまでは、節約生活を!

リボ残高を減らしていく返済生活をする為には、上手にストレスを散らしていく必要があります。

どうやってストレス解消すればいいの?

自身を奮い立たせる事ができる事ならなんでも利用すべきだと思います。

リボ返済期間中は自分の気持ちの回復方法を知っておこう

例えば私の場合、どうしようもならない現実に落ち込んでいる時は、マンガ本を読んだり、DVD見たり、ゲームをしたりして精神的な復活をはかります。まぁ、言い換えてしまうと投げ出してしまうんですね。何もかも。

マンガ本を読んでいる間は少なくとも他の事を忘れる事ができます。どうしようもないお金の事、うまくいかない仕事や、女性関係、いつまで経っても悩みがつきない、大したことない人物です、私は。

こういうの趣味っていうんだと思います。私の趣味、マンガ本、DVD鑑賞、ゲームしたりっていう趣味ってそれがわからない他人からすればつまらない事に時間をかけるんだなー。私だったらもっと楽しく他の事して遊ぶのにって思うと思いますが、私にとってはその他の事が、つまらない事のように思えるかもしれません。

自分を楽しませるツボって人それぞれだと思うんですね。

趣味は自分をいい方向に持って行く為にとても重要な要素だと思います。自分はこれがあるから幸せ。これをやっている時間が欲しいからまた働く。

いかにお金を稼ぐか、いかに仕事に向かうか。それには自分の精神状態を回復させる方法を知っておくべきだと思います。

カードローンの利用を考えている人なら、知っておかないと損をするのがリボ払いになっている借金の繰り上げ返済です。

  • そもそも「月1回・定額」以外の繰り上げ返済は認められるの?
  • 一番多い返済方式の具体的な仕組みは?
  • インターネット繰り上げ返済について

リボ払いになっている借金は繰り上げ返済を!

リボ払いになっている限り、最低限の利息返済しかできません。リボ払いでは借金完済まで長い時間がかかってしまう事になります。

そもそも「月1回・定額」以外の繰り上げ返済は認められるの?

まず、この問いに対する答えから紹介しましょう。
「月1回・定額の返済方式を、他の返済方式に変更することはできません。ただし、他の返済方式を追加することは認められます」と言うのが答えです。

クレジットカードの場合は、「1回払い・ボーナス払い・分割払い・リボ払い」などの返済方式から自由に選択できますが、カードローンでは「リボ払い」と呼ばれる月1回・定額の返済方式だけを採用しており、利用者に選択の余地はありません。

しかし、リボ払いでの返済を続けながら、資金に余裕のある時や臨時収入がある時に任意で返済することは多くのカードローンで認められます。

契約に返済日として定めた期日に毎月定額で返済する方式を「約定返済」と言い、この約定返済に加えて利用者が任意に行う返済のことを「任意(随時)返済」と言います。

つまり、約定返済を他の返済方式に変更することは認められませんが、追加で任意返済をすることは認められるのです。

この「任意返済」は「繰り上げ返済」とも呼ばれ、借入残高を一括で返済してしまう「全額繰り上げ」と一部だけを返済する「一部繰り上げ」の2種類があります。

繰り上げ返済のメリットとして挙げられる「利息や総支払額の削減、借入の早期完済につながる」のは、返済金の充当の仕方が約定返済とは異なる点にあります。

約定返済での返済金は利息に充当した残金だけが元金へ充当されますが、繰り上げ返済での返済金は全額が元金の返済に充当されるのです。

借入後の早い段階では借入金が多く利息が高いことから、約定返済での返済金はほとんどが利息の返済に充当されてしまいます。

しかし、繰り上げ返済をすれば、返済金は全て元金へ充当されるのです。

繰り上げ返済によって元金が少なくなれば、元金の残高に対して発生する利息も少なくなります。

また、繰り上げ返済で予定より早く元金も利息も削減されるのですから、結果的に総返済額も予定額よりも削減されるのです。
ただし、繰り上げ返済には、次のようなデメリットがあることを忘れないでください。

  • 当然のことながら、繰り上げ返済をする月の負担が大きくなる。
  • 繰り上げ返済は家計を圧迫する可能性があり、約定返済ができなくなる可能性がある。
  • 繰り上げ返済の取扱ルールが、金融機関によって異なる。
  • 返済にもかかわらず、金融機関によっては手数料が必要な場合がある。

一番多い返済方式の具体的な仕組みは?

カードローンで採用されている返済方式は「リボ払い」と呼ばれる方式です。

このリボ払いは、表のように、大区分で2種類・中区分で4種類・小区分で8種類に区分されます。

大区分は、毎月の返済額を3千円や5千円などの一定額で返済する「定額方式」か、借入残高の2%や5%などの一定割合で返済する「定率方式」かによる区分です。

中区分は、大区分の返済方式における利息の取扱い方で、毎月の返済額に利息を含む「元利方式」と毎月の返済額に支払い利息を含まない「元金方式」による区分です。そのことで4つのリボ払いの方式に分かれます。

小区分は、中区分の返済方式において、借入残高によって毎月の返済額をスライドさせていく仕組みの「残高スライド」を適用する方式か適用しない方式かによる区分です。

その結果、リボ払いの返済方式は8つに分類されます。

それぞれのカードローンの返済方式は商品説明書に明示されていますが、そもそも返済方式の名称や「どの区分」で表記するかが統一されていないことから、利用者には分かりづらいのが現実です。

近年多くのカードローンで採用されている返済方式は、「残高スライドリボルビング方式」と言えるでしょう。

この残高スライドリボルビング方式は、小区分で言えば「元利定額方式」と「元利定率方式」あり、特に多くのカードローンで採用されているのが「残高スライド元利定額リボルビング方式」です。

では、残高スライド元利定額リボルビング方式とは、どのような仕組みの返済方式なのでしょうか?

返済方式名を分解して紹介すると次のとおりです。
①「残高スライド」は、借入残高に対しての返済額を段階的にスライド(調整・変更)させる仕組みです。借入時から完済までが同じ返済額ではなく、返済が進むほど借入残高は減っていくので、返済額は減っていきます。②「元利」は、毎月の返済額に利息を含めた額で契約し、その契約どおりの金額を返済する方式です。
③「定額リボルビング」は、毎月の返済額を5千円や1万円などの一定額で返済する方式で、返済金は元金と利息に充当されます。
このように「残高スライド元利定額リボルビング方式」の仕組みの特徴は、「返済額が一定のリボ払い方式」と「借入残高によって返済額が減少するスライド方式」を融合させた返済方式なのです。

インターネット返済について

インターネット返済とは、24時間いつでもパソコン・スマートフォン・携帯から手続きをすることで、利用者自身の金融機関口座から返済処理ができるサービスです。

利用条件や利用方法、利用銀行などはカードローン提供会社によって違いがありますので、それぞれの公式ホームページで確認する必要があります。

このサイトでは、消費者金融のインターネット返済と銀行のインターネット返済の概要を紹介します。

消費者金融系カードローンでインターネット返済を利用するためには、次の処理を行います。

  • インターネット返済を利用できるWEB会員になる手続き
  • 会員IDとPWを取得
  • インターネット返済に利用する銀行口座を登録(利用できる銀行に制限があるので注意が必要)


会員登録が完了したら、次の手順でインターネット返済を行います。

  • 会員IDとPWを使って会員サービスにログイン
  • インターネット返済の手続きボタンをクリック
  • 返済金額の指定、返済口座の指定を行う
  • 会員サービスページでの手続きは完了
  • ネット返済に利用する銀行口座へログイン
  • 金融機関へログイン
  • 消費者金融の返済指定口座へ振込手続きを実行
  • 振込完了

これでインターネット返済が終了です。

一方、銀行系カードローンでインターネット返済を利用するためには、次の処理を行います。

インターネットバンキングへの登録手続きを行う(公式ホームページや店舗窓口で手続き)
会員登録が完了したら、次の手順でインターネット返済を行います。
ここでは、三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行を例に紹介します。

  • 会員ページ(三菱東京UFJダイレクト・SMBCダイレクト)にログイン
  • 返済先口座番号と返済金額を入力
  • 確認ボタンをクリックして入力内容確認
  • 内容に誤りが無ければ実行ボタンをクリック

わずかこれだけでインターネット返済が終了です。

消費者金融系カードローンでも銀行系カードローンでも返済先によっては手数料が必要ですが、24時間・365日、いたって簡単に処理できる返済方法です。

※住宅ローンと違い、消費者金融系カードローンでも銀行系カードローンでも手数料が必要なところの方が少ないです。

リボ地獄になったら低利借り換えで脱出しよう! まとめ

リボ払い自体が借金の返済スピードが遅くて損!

返済スピードを上げ、無駄な利息を減らす為には繰り上げ返済が必要。

借り換えをして低利化し、さらに無駄な利息を減らした方が得。

「月1回・定額」以外の繰り上げ返済は認められるの?

・月1回定額の返済方式を、他の返済方式に変更することはできない。ただし、他の返済方式(任意返済)を追加することは認められる。具体的には、リボ払いでの返済を続けながら、資金に余裕のある時や臨時収入がある時に任意で返済することは可能。
・任意返済は繰り上げ返済とも言い、返済額により「全額繰り上げ」と「一部繰り上げ」の2種類がある。
・繰り上げ返済は全て元金に充当されることから予定より早く元金も利息も削減され、支払期間の短縮や総返済額が削減されるという大きなメリットがある。
・繰り上げ返済には、次のようなデメリットがある。
①当然のことながら、繰り上げ返済をする月の負担が大きくなる。
②繰り上げ返済は家計を圧迫する可能性があり、約定返済ができなくなる可能性がある。
③返済にもかかわらず、金融機関によっては手数料が必要な場合がある。

一番多い返済方式、残高スライドリボルビング方式の具体的な仕組み

・近年多くのカードローンで採用されている返済方式は、「残高スライドリボルビング方式」
・残高スライド元利定額リボルビング方式の仕組みを、返済方式名を分解して紹介すると次のとおり。
①「残高スライド」は、借入残高に対しての返済額を段階的にスライド(調整・変更)させる仕組み。借入時から完済までが同じ返済額ではなく、返済が進むほど借入残高は減っていくので返済額は減る。
②「元利」は、毎月の返済額に利息を含めた額で契約し、契約したその金額を返済する方式
③「定額リボルビング」は、毎月の返済額を5千円や1万円などの一定額で返済する方式で、返済金は元金と利息に充当される。
●インターネット返済について教えて!
・インターネット返済とは、24時間いつでもパソコン、スマートフォン、携帯から手続きをすることで、利用者自身の金融機関口座から返済処理ができるサービス
・利用条件や利用方法、利用銀行などはカードローン提供会社によって違いがあるので、それぞれの公式ホームページで確認する必要がある。
・このサイトでは、消費者金融と銀行のインターネット返済の概要を紹介しているので参照して下さい。

記事を書いているのは?

楽に借金返済
貸金業務取扱主任者 3級 ファイナンシャル・プランニング技能士。元貸金業者で働いていた経験と、自身も長年借金をしている経験を併せ持つ。 借金道を10年運営。借金コラムを2000枚以上執筆。 借金アドバイザーとして、WEB上での借金相談を1,000件以上行っている。
運営者情報
借金アドバイザー シロウ
お問い合わせ

おすすめ!無料相談シュミレーター

いきなり弁護士に依頼するのはちょっと…、とりあえず話だけでも聞いてみたい、という方におすすめなのが「街角法律相談所」です。
無料で匿名のまま入力できるシミュレーターを使って、借金の減額可能額や減額方法、依頼すべき弁護士事務所を表示させる事ができます。

診断後はそのまま表示されている弁護士事務所に依頼する事もできます。

メールや電話での悩み相談を無料で受けつけていますので、債務整理が気になる方はまず一度街角法律相談所を利用してみるといいですね。

コメントを残す

元金融マンが語る完済の鉄則 -目次-

  1. 借金道の想い
  2. 借金の悩みは語られない
  3. 自分の借金を把握する
  4. シロウの返済理論
  5. 家計簿をつければ効果的に返済できる
  6. 繰上返済で借金を減らす方法
  7. 繰上げ返済時に振込手数料を無料にする方法
  8. 借金してても楽しいことあるさっ
  9. 借金返済の生活
  10. 借金返済の生活 その2
  11. 借金が増えていっている人へ
  12. ストイック(=禁欲的)に
  13. 何のタメに働くのか
  14. 完済の向こう側
  15. 行動
サブコンテンツ
  • リボ地獄になったら低利借り換えで脱出しよう!