上手な借金がしたいなら低金利から申し込む事です

この記事を読むのに必要な時間は約 14 分です。

主な借金先の金利一覧

自治体の福祉資金は年利3%程度、まぁ住宅を買う時にしか使えませんが、住宅金融支援機構(フラット35)住宅ローン年利3%程で、教育ローンの場合には、国民生活金融公庫教育ローン年利2.0%位です。

この辺りの低利でしたら、住宅の購入、教育資金としての手段としての意味合いがあり、十分に低利ですので良い借金といえます。

この利息を払ってでも、目的の達成の方が欲しいと思える人にとってはいい借金です。

労働金庫、農協(JAバンク)もほぼ同じ位の教育ローン商品があります。2%程度です。

労働金庫、農協(JAバンク)のカーライフーローン2.2%

車買う時はこういうところから申込していった方がいいです。ちなみにディーラーで新車買う時に言われるがままにローン組むと8%とかの金利になる場合があります。金利にはホント要注意です。

銀行(個人ローン)年利6~10%程度…、ですが、これはその銀行を給料の振り込み口座に使っているとか、ずっと取引のある地元の銀行だとか、関係生が大事です。いきなり取引のない、引っ越しの多い人が申し込んでもあまり審査に通りません。

金利が高い借金をする時には、この金利を払ってまで借りて、それでもまだやりたい事なのか、買いたいものなのかを考える必要があります。

消費者金融(サラ金)の場合、大手サラ金で年利5%~18%です。

クレジットのキヤッシングも同じくらいです。年利~18%程度になります。

ですが、銀行のカードローンですと14.6%位の金利で借りれます。


三菱東京UFJ銀行カードローン

(ネット申込→カード受取はATMコーナー等のテレビ窓口にて)

狙い目の低金利。入力1分、たった2項目の入力でお試し診断する裏技が使えます。

18%から1.8%~14.6%低利の節約効果は大きいです。

18%で借りているのと比べ、14.6%だと、3.4%金利差。
50万円を18%で1年借りると、90,000円利息。しかし14.6%だと73,000円

何もしないで年間17,000円違います。

《申し込み前にお試し診断できます》
★三菱東京UFJ銀行カードローン お試し診断
申込履歴がつく前に「審査に受かるかどうかを1分で判別」できるのは大きなメリットです。
スマフォからの申込で必要な時間は約 15分です。PCで約 9分です。

審査に時間がかかったり、実際に銀行の窓口まで行かなくてはならかったりと面倒ですが、金利の安いところを調べてそこから借りることが、借金で苦労しない為の対策になります。

消費者金融で借りるのは急いでいる場合のみです。手続きがあっても金利の安い借金をするって事が大事です。

低利でかつ早いオススメは三菱東京UFJ銀行カードローンですね。

あらかじめお試し診断で受かりそうか調べる事ができる点もいいです。
三菱東京UFJ銀行お試し診断 | 借金道

消費者金融と、銀行カードローンの金利に違いがある理由

少額でも高額の借金でも貸付け手続等の手間は同様ですので、利息が多く入る高額の貸付けの方が得です。

利息制限法もこうした点を配慮して、貸出し金額の少ない方が利息の利率は高くなっています。

また、返済してくれるかどうかというリスクの問題もあります。収入の少ない人や担保のない人は貸倒れのリスクが高く、その分、金利は高くなります。

本:お金を上手に借りるならこの1冊 石原豊昭著 より

借金の順

利息を1円、1%でも下げるには

お金を借りる事のできる金融機関を、利息の安い順に並べると以下の順になります。

銀行、信金、労金・・・・・・・・・・・・・・・(金利   ~7%)       
カード、クレジット系・・・・・・・・・・・・・(金利8%~18%)
消費者金融・商工ローン系・・・(~金利18%)

金利と審査の難易度は反比例します。

上にいけば行くほど金利は安くなりますが、審査のハードルが高くなるという事です。

逆に下にいけばいく程、審査のハードルは低くなりますが、金利が高くなります。

この金利の差の棲み分けがされている理由は、対象とする顧客層の違いから来るものです。

銀行系は一番信用力のある、返済が確実な預金・不動産がある人に貸し、カード・クレジット系は銀行での審査が落ちるが信用のある人に貸し、消費者金融系は銀行系、カード系の審査が通らない人に貸します。

しかし、上にいく程審査に時間がかかる為、今日明日にお金がいる人は利息よりも簡単な審査の方に惹かれてしまい、

安易に消費者金融から借りてしまう事が多々あります。(シロウもそうでした)

ここに消費者金融がこれ程までに大きくなった理由があると思います。

ご利用は計画的に・・・ですよね。

どの金融機関でも貸したお金が返ってこないのが一番怖いです。

低利で貸す金融機関ほど、貸し倒れを出す訳にはいかないので、慎重に審査をして返済が堅い人だけに貸します。逆に、消費者金融系は低利息の機関が貸さない貸し倒れリスクの高いお客を対象顧客層と見ています。

低利息の機関が貸さない相手の商売ですから、貸し倒れのリスク(=お金が返ってこない率)を多くはらんでいる訳です。

お金を貸しても、返してもらえなければマル損です。

消費者金融系は高い利息をとっておかないと貸し倒れになった時の衝撃に耐えられないのです。

金融機関の金利の棲み分けには法律の関係(後で述べます)と貸し倒れのリスクに対しての保険料の意味があるのです。

今現在、借金のない方はこのような保険料を求められる筋合いはありません。

金策をする場合には、その信用力を活かして金利の安い機関から順番に金策をしましょう。

既に借りている人が1ランク上の金融機関で借りる事ができれば利息を大幅に減らす事ができます。その分を元金に回す事ができるので早い時点で低利にできればそれだけ、完済が近くなります。

低利化が成功し借金の減りが早くなれば精神的にずっと楽になります。

シロウがそうでした。既に借りている人は借金地獄に落ちない為に借金を減らしながら、まず金利の安い機関で借りる事を目標にするという心構えを持って下さい。

借金の順。借金には順番がある

金利と借入限度額の関係は?

金利と借入限度額には、密接な関係があります。
カードローンの「金利」は、「借入限度額」によって決まるのです。

カードローンの「借入限度額」は、ネット上には年収によって決定されるような情報が多いのですが、年収は借入限度額決定の要素の1つです。

借入限度額は、「審査:申込者の信用度と返済能力の評価」「法律:年収と総量規制の関係」「雇用形態:現在の勤務先での雇用形態」といった要素を総合的に判断して決定されます。

一方、カードローンの「金利」は、一般的には次の表のように、いくつかのランクに分けた借入限度額ごとに設定されるのです。

この表で分かるとおりカードローンの借入限度額が決まれば、金利は自動的に決まります。

このように借入限度額は「最低額~最高額」、金利は「下限~上限」で設定されるのが一般的です(カードローンのなかには金額ごとに単一金利を設定しているものもあります)。

上のような表を見た申込者のなかには、「借入限度額が100万円であれば金利は14.5%」で「199万円であれば9.6%」と受け止めている人が多いようですが、それは誤りです。

借入限度額が最低額でも最高額でもこの範囲内の金額であれば、100万円でも199万円でも9.6~14.5%の金利が設定されます。

また、金利は、初回申込の場合は上限金利が適用されると考えてください。

下限金利は、スムーズな取引が継続するとともに信用度や返済能力が高くなることに伴って金利が引き下げられ、最高限度まで引き下げられた時の金利なのです。

なお、金利と借入限度額は反比例の関係で設定されています。

その理由は次の2つと言われています。

1つは、利息制限法に定める融資額と上限金利の関係のように、借入限度額が高いほど低い金利を設定していることです。

上限金利については、『出資法』と『利息制限法』の2つの法律があります。

出資法では融資額に関係なく上限金利は20%で定めていますが、利息制限法では10万円未満で20%・10万円以上~100万円未満で18%・100万円以上で15%と定めています。

カードローンの金利と借入限度額の関係は、このようなパターンを継承しているのです。

他の1つは「高金利でなければ高額な借入ができないのでは、利息の返済だけでも負担です。

それでは信用度や返済能力のある人でも、高額な借入限度額を希望する人が少なくなる可能性があること」です。

たくさん借りてくれればその分貸し手は利益が出るので低金利にしてもかまわない、という理由です。

上手な借金がしたいなら、申し込む先の事を知って、自分にの身の丈に合った低金利から申し込むのが一番得する借金の仕方です。

自分にの身の丈に合った低金利から申し込む方法

銀行カードローンでも9.8%とかになってくると、かなり安定した企業で3年以上勤めていて借金ゼロというような高属性の人向けの商品になってきます。

そこまで自身の属性に自信がない方14.6%が上限金利の三菱東京UFJ銀行カードローンから申し込まれるのが一番いいと思います。

金利を狙い過ぎても審査には受かりません。

自分に合った金利帯を探りながら申し込んでいくのがベストです。逆に言えば、1.8%~14.6%の三菱東京UFJ銀行カードローンで審査に受かるならさらに低金利の銀行カードローンに申し込んでいくのも作戦です。

できるかどうかまずやってみてください。

具体的にはどこがいいの?

1.8%~14.6%と低利で広告も多く売り出している三菱東京UFJ銀行カードローンはかなりいいと思います。

三菱東京UFJ銀行カードローン

入力1分、たった2項目の入力でお試し診断できる 1分かからずにあなたの借金を低利化できるかどうかがわかります。スマフォでやれます。



バンクイックお試しボタン

実質年率 1.8%~14.6%
審査時間
特徴 狙い目の低金利。

上手な借金がしたいなら?消費者金融との金利比較

低利の節約効果は大きいです。18%で借りているのと比べ、14.6%だと、何もしないで 年間17,000円違います。

今、低利でかつ早いオススメは三菱東京UFJ銀行カードローンです。

記事を書いているのは?

楽に借金返済
貸金業務取扱主任者 3級 ファイナンシャル・プランニング技能士。元貸金業者で働いていた経験と、自身も長年借金をしている経験を併せ持つ。 借金道を10年運営。借金コラムを2000枚以上執筆。 借金アドバイザーとして、WEB上での借金相談を1,000件以上行っている。
運営者情報
借金アドバイザー シロウ
お問い合わせ

おすすめ!無料相談シュミレーター

いきなり弁護士に依頼するのはちょっと…、とりあえず話だけでも聞いてみたい、という方におすすめなのが「街角法律相談所」です。
無料で匿名のまま入力できるシミュレーターを使って、借金の減額可能額や減額方法、依頼すべき弁護士事務所を表示させる事ができます。

診断後はそのまま表示されている弁護士事務所に依頼する事もできます。

メールや電話での悩み相談を無料で受けつけていますので、債務整理が気になる方はまず一度街角法律相談所を利用してみるといいですね。

借金研究家が選ぶ おすすめランキングTOP3

TVCMでもおなじみの銀行系カードローン『バンクイック』消費者金融に劣らない程サービス内容がいいです。 おすすめポイント ・1.8%~14.6%の低金利 ・最高500万円までご融資 ・24時間365日、夜間でも融資可能

年率
1.8%~14.6%
限度額
500万
審査時間
-
保証人
不要
職場連絡
あり
申込資格
あり
返済システム
引落し/振込
来店必要の有無
co_img_new_promisesticker

30日間無利息無利息 ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。 女性には、女性専用のオペレーターが案内してくれます。 パートやアルバイトでも安定収入があれば借り入れ可能。 また、50万円以下なら収入証明書不要と、初めての方も安心して利用できるシステムは魅力的です。

年率
4.5%〜17.8%
限度額
500万
審査時間
最短30分
保証人
不要
職場連絡
あり
申込資格
あり
返済システム
PC/ATM/振込/コンビニ
来店必要の有無

モビットの場合すぐに融資可能か教えてもらえます。審査に通れば即日融資も可能です。(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。) また電話連絡、郵送物無しなので他の人に知られず借りれます。

年率
3.0%〜18.0%
限度額
800万
審査時間
10秒簡易審査
保証人
不要
職場連絡
無し
申込資格
無し
返済システム
ATM/引落し
来店必要の有無
ランキングの根拠:借金道管理人シロウ自身が借入をしてみて、金利、スピード、返済の利便性の3項目での比較。借り手目線でどこが得かで、ランキングを作成しています。

コメントを残す

元金融マンが語る完済の鉄則 -目次-

  1. 借金道の想い
  2. 借金の悩みは語られない
  3. 自分の借金を把握する
  4. シロウの返済理論
  5. 家計簿をつければ効果的に返済できる
  6. 繰上返済で借金を減らす方法
  7. 繰上げ返済時に振込手数料を無料にする方法
  8. 借金してても楽しいことあるさっ
  9. 借金返済の生活
  10. 借金返済の生活 その2
  11. 借金が増えていっている人へ
  12. ストイック(=禁欲的)に
  13. 何のタメに働くのか
  14. 完済の向こう側
  15. 行動
サブコンテンツ
  • 上手な借金がしたいなら低金利から申し込む事です