任意整理する前に知っておくべき3つの事実

任意整理を依頼する前に知っておきたい事として、次の3つのテーマでお話します。

  • 過払い金がなければ任意整理では借金が減らない?
  • 任意整理で凍結されるのは、全ての銀行口座?
  • 任意整理後に返済できないとどうなるの?

過払い金がなければ任意整理では借金が減らない?

この質問に対しては、「過払い金がなくても、任意整理によって借金は減額されます」というのが答えです。

確かに、過払い金がある人(10年位前から5年前位前までに借金していた人)の方が、その過払い金を残債に充てれるので借金を劇的に減らす事ができます。

貸金業法改正後に法定金利内でローンを借り入れた人のように過払い金が戻らない場合は、任意整理をしても借金は減らないと思っている人が多いようです。しかし、決してそうではありません。

任意整理手続きの委任された弁護士や司法書士は、債務者の借金返済が少しでも楽になるよう、基本的には次のような交渉を行います。

  • 過払い金の有無を確認し、借金額を減らす
  • 元金を減らす
  • 分割返済期間の延長を交渉する
  • 将来分の利息をカットしてもらう

このように過払い金返還の手続きは、交渉テーマの1でしかありません。

つまり、過払い金がない場合でも、元金そのものの減額・将来利息のカット・利息をカットした上での返済期間の延長などの交渉にあたってくれるのです。

債務整理では、将来利息をカットするだけで返済総額は驚くほど減額されます。

しかも、借金後早ければ早いほど削減効果は大きいのです。

具体的に、次のような条件で借り入れたカードローンを「契約どおり完済する場合」と「1年後に債務整理して利息をカットできた場合」のケースで紹介しましょう。

なお、返済期間の短縮は行われなかったものとします。
条件:借入限度額100万円・返済期間60カ月・金利17.8%(プロミスの金利です)
①契約どおり完済する場合は、次のとおり返済額になります。

②1年後に債務整理して利息をカットできた場合
任意整理する時点での借金の状況は次のとおりです。

任意整理により13回以降の利息がカットされると。

当初予定利息517,062円を167,238円返済すればいいことになります。

つまり517,062円-167,238円=349,824円も削減できるのです。

なお、このことで返済期間の変更をしない場合は、月々の返済額も25、284円から約18,000円まで減額できます。

過払い金がないからといって何の取組みをしなければ、返済の苦労は軽減されません。

任意整理に限らず、1日も早く具体的な借金返済の苦労から脱出する取組みをすすめてください。

任意整理で凍結されるのは、全ての銀行口座?

口座凍結とは、銀行の判断によって特定の口座について入出金などのサービスを一時的にできなくするための銀行の措置です。

任意整理の際に、銀行は自行の債権を少しでも多く回収するために、債務者の口座を凍結します。

質問に対しては、「凍結されるのは全ての銀行口座ということではなく、任意整理の対象になっている銀行口座に限定されます」というのが答えです。

任意整理の場合は一部の債務だけを整理することが可能ですから、銀行口座を複数開設して利用していても、任意整理の対象外の銀行口座は対象ではありません。

しかし、注意しなければならないのは、銀行は同じであっても異なる支店の口座の場合です。この場合は、支店が異なっていても同一銀行の口座は全て凍結されます。

なお、銀行のグループ金融機関からの借金を任意整理する場合は、グループ銀行の口座を開設していても、別会社なのでその口座は凍結されません。

口座凍結の流れは、およそ次のとおりです。

  • 弁護士や司法書士に債務整理を依頼し、委任契約を締結する。
  • 委任を受けた専門家は、債権者に対し「受任通知」を送付する。
  • 受任通知を受け取ると取立てをストップさせる。
  • 債務者が銀行の場合は、この時点で債務者の口座を凍結する。

凍結した預貯金が銀行債務も足りない場合、銀行は不足分の債権の返済を保証会社に請求します。

請求を受けた保証会社は。債務者に代わって返済を行います(これを代位弁済という)。

この代位弁済が行われることで、債権は銀行から保証会社に移り、債務者にとっては債権者が銀行から保証会社へ異動するのです。

口座凍結の期間は一時的な措置であり銀行によって異なりますが、目安としては1~3カ月といわれています。

一般的に、代位弁済が完了した時点で口座の凍結が解除されるのはケースが多いようです。

解除後は凍結前のようにサービスを受けられますが、口座凍結前には、次のような対策が必要といえるでしょう。

  • 預金を全て引き出しておく
  • 給与の振込先を変更する
  • 家賃、公共料金などの引落口座から変更しておく

任意整理後に返済できないとどうなるの?

まず、質問に対してお答えしましょう。
任意整理後に返済できないと、債権者によって対応が統一されていませんが、多くの債権者では次のように対応しています。

  1. 一時的に返済できなくなった場合は、相談があれば事情によっては滞納がなかったものとして取り扱う。
  2. 無断で2カ月以上連続して滞納した場合は、遅延損害金や一括請求を求める。

ただし、②の場合でも事情をキチンと伝えて相談をすれば、以降の支払いを再開することをみとめる債権者がほとんどです。

任意整理の手続きで和解が成立すると、債権者ごとに「和解書」を作成します。

この和解書には、通常「2回分以上の返済を遅滞した場合には、残金を一括で返済しなければならない」といった条文が含まれています。

このことから、契約に違反した場合には原則として「期限の利益喪失」によって分割払いが出来なくなるのです。

任意整理後に返済を2回滞納したからといって、即ペナルティというわけではありません。

諦めることなく可能な限り早く相談し返済を進めていくようにしてください。

滞納後に返済ができないことが分かったら、できるだけ早く任意整理手続きを委任した弁護士や司法書士にまずは相談してください。

滞納する前であれば、弁護士や司法書士から適切なアドバイスを受けられますし債権者への連絡や延滞の依頼をしてもらうこともできます。

それでも今後の返済が出来ない場合は、もう一度任意整理をすることが可能です。

任意整理に回数制限はありません。返済資金を獲得するためにヤミ金に手を出す位ならば、2回目の任意整理を検討するのが1つの方法です。

2回目以降の任意整理となると和解を渋る金融業者は多いのですが、最近では複数回の任意整理を手がける弁護士や司法書士の事務所でも増えています。

また、「任意整理」をあきらめ、「個人再生」か「自己破産」を選ぶのも1つの方法です。

2回目以降の任意整理を弁護士や司法書士に相談する際に、「個人再生」や「自己破産」を選択すべきかどうかを相談してみましょう。

あと、任意整理は手続きを弁護士さん、司法書士さんに代行してもらう外注です。当然、受任してもらう時の費用が変わってきます。

下記コンテンツで費用を詳しく比較しているので見てみて下さい。
債務整理するなら?全国対応型法律事務所の料金比較

過払い金がなければ任意整理では借金が減らない?

・任意整理によって借金は減額される。
・弁護士や司法書士は、債務者の借金返済が楽になるよう次のような交渉を行う。
①過払い金の有無を確認し、借金額を減らす。
②元金を減らす
③分割返済期間の延長を交渉する
④将来分の利息をカットしてもらう。

任意整理で凍結されるのは、全ての銀行口座?

・口座を複数開設して利用していても、任意整理の対象外の銀行口座は対象ではない。
・支店が異なっていても同一銀行の口座は、全て凍結されまる。
・口座凍結前には、次のような対策が必要
①預金を全て引き出しておく。
②給与の振込先を変更する。
③家賃、公共料金などの引落口座から変更しておく。

任意整理後に返済できないとどうなるの?

・債権者によって対応が統一されていないが、多くの債権者では次のように対応している。
①一時的に返済できなくなった場合は、相談があれば事情によっては滞納がなかったものとして取り扱う。
②無断で2カ月以上連続して滞納した場合は、遅延損害金や一括請求を求める。

記事を書いているのは?

楽に借金返済
貸金業務取扱主任者 3級 ファイナンシャル・プランニング技能士。元貸金業者で働いていた経験と、自身も長年借金をしている経験を併せ持つ。 借金道を10年運営。借金コラムを2000枚以上執筆。 借金アドバイザーとして、WEB上での借金相談を1,000件以上行っている。
運営者情報
借金アドバイザー シロウ
お問い合わせ

おすすめ!無料相談シュミレーター

いきなり弁護士に依頼するのはちょっと…、とりあえず話だけでも聞いてみたい、という方におすすめなのが「街角法律相談所」です。
無料で匿名のまま入力できるシミュレーターを使って、借金の減額可能額や減額方法、依頼すべき弁護士事務所を表示させる事ができます。

診断後はそのまま表示されている弁護士事務所に依頼する事もできます。

メールや電話での悩み相談を無料で受けつけていますので、債務整理が気になる方はまず一度街角法律相談所を利用してみるといいですね。


債務整理費用の比較 ランキングTOP3

スクリーンショット-2016-03-23-13.43.21

おしなり法律事務所の相談の流れは電話、WEB、ファックス、メールで相談予約をし、実際に相談をします。
債務整理一つとっても任意整理や自己破産など様々な方法がありますから、法律家の視点から適切な方法を選んで導いてくれるのは利用者にとっては非常に心強い味方です。
貸金業者からの取り立ては即日ストップしてもらえ、分割払いににも対応可能で非常にオススメです。

評価
★★★★★
過払い報酬
20%
任意整理着手金
20,000円
自己破産
0円
個人再生
0円
スクリーンショット 2016-05-06 16.59.10

弁護士法人Salute法律事務所は、借金の相談は何度でも無料。
相談の受付は、24時間365日・全国対応です。
嬉しいことに、家族や会社には知られることなく解決できます。
また闇金にも強く得意としていて闇金に対応出来る法律事務所は数少ない為、貴重な法律事務所です。

評価
★★★★☆
過払い報酬
20%
任意整理着手金
49,800円
自己破産
500,000円
個人再生
500,000円

分割にも柔軟に対応してもらえ、過払い金が戻ってからすぐに報酬を支払う事が難しい人も気軽に利用出来ます。
実績があり、安心して手続きを任せる事ができます!

評価
★★★★☆
過払い報酬
20%
任意整理着手金
49,800円
自己破産
500,000円
個人再生
500,000円

コメントを残す

元金融マンが語る完済の鉄則 -目次-

  1. 借金道の想い
  2. 借金の悩みは語られない
  3. 自分の借金を把握する
  4. シロウの返済理論
  5. 家計簿をつければ効果的に返済できる
  6. 繰上返済で借金を減らす方法
  7. 繰上げ返済時に振込手数料を無料にする方法
  8. 借金してても楽しいことあるさっ
  9. 借金返済の生活
  10. 借金返済の生活 その2
  11. 借金が増えていっている人へ
  12. ストイック(=禁欲的)に
  13. 何のタメに働くのか
  14. 完済の向こう側
  15. 行動
サブコンテンツ
  • 任意整理する前に知っておくべき3つの事実