住宅ローンを借りる時の諸費用の目安は?住宅ローンで損しない為の知識

住宅ローン借入の際の諸費用は何にいくら必要でしょうか?

まず、具体的な金額からいきますと、「住宅ローンで借金するときの諸費用の目安は100万円といわれています」というのが答です。

諸費用の具体的な費目は、次のとおりです。

  • 事務手数料:住宅ローン申込時に借入先の金融機関に支払う費用
  • 住宅ローン代行手数料:ローンの手続きしてもらった不動産会社に支払う費用
  • ローン保証料:連帯保証人を立てない代わりに、保証会社に支払う費用
  • 抵当権設定費用:登録免許税と登記代行手数料を含む費用
  • 登録免許税:住宅ローンの担保となる土地や建物の所有権移転(保存)登記や抵当権設置登記の費用
  • 登記代行手数料:登記手続きを司法書士に依頼した場合にかかる報酬
  • 印紙税:住宅ローン契約書に貼付する収入印紙の費用(物件価格により金額は異なる)
  • 火災保険料:火災に備えて加入する損害保険の保険料の費用(商品や保険会社により保険料は異なる)
  • 地震保険料:地震に備えて加入する損害保険の保険料の費用(地域や住宅の構造などにより保険料は異なる)
  • 団体信用生命保険料:返済期間中の万が一に備えて加入する生命保険の保険料の費用

これらの費用ごとの金額目安は、次のとおりです。

関連;住宅ローンがある人は低金利で借金できる

住宅ローンを借りていると金利が低くなるカードローンがあるの?

知っている人は意外と少ないようですが、結論から言えば、住宅ローンを借りていると金利が低くなるカードローンがあります。

記事を書いているのは?

楽に借金返済
貸金業務取扱主任者 3級 ファイナンシャル・プランニング技能士。元貸金業者で働いていた経験と、自身も長年借金をしている経験を併せ持つ。 借金道を10年運営。借金コラムを2000枚以上執筆。 借金アドバイザーとして、WEB上での借金相談を1,000件以上行っている。
運営者情報
借金アドバイザー シロウ
お問い合わせ

コメントを残す

元金融マンが語る完済の鉄則 -目次-

  1. 借金道の想い
  2. 借金の悩みは語られない
  3. 自分の借金を把握する
  4. シロウの返済理論
  5. 家計簿をつければ効果的に返済できる
  6. 繰上返済で借金を減らす方法
  7. 繰上げ返済時に振込手数料を無料にする方法
  8. 借金してても楽しいことあるさっ
  9. 借金返済の生活
  10. 借金返済の生活 その2
  11. 借金が増えていっている人へ
  12. ストイック(=禁欲的)に
  13. 何のタメに働くのか
  14. 完済の向こう側
  15. 行動
サブコンテンツ
  • 住宅ローンを借りる時の諸費用の目安は?住宅ローンで損しない為の知識