カードローンは借入なしでも住宅ローンに影響があるって本当?

カードローンは借入なしでも住宅ローンに影響があるって本当ですか?

この質問に対しては、「すべてのカードローンが、住宅ローンの審査に影響を与えます」というのが答えです。
全てのカードローンですから「現在返済中」「借入を完済したが解約していない」「カードの発行だけで借入をしていない」カードローンが含まれます。

誤解してはいけないのは審査をクリアできないのではなく、あくまでも影響があり得るということです。

これは、住宅ローンの審査結果を左右する大きな要素が、カードローンの審査同様に「信用度」と「返済能力」であることに因ります。

住宅ローンでは「信用度」は信用情報機関の信用情報、「返済能力」は「返済比率(年収に占める借金の年間返済額の割合)」で審査されます。ですから、申込者のカードローンに係わる全ての信用情報は住宅ローンの審査に影響を与えるのです。

では、「信用情報」と「返済比率」について簡単に解説しておきましょう。

カードローンに関して次のような信用情報が登録されていると、住宅ローン審査をクリアするのが困難な場合や借入額が抑えられる場合があります。

  • すでに多重債務の状態である。
  • 現在ブラックリストに載っている。
  • 完済したが解約していない。
  • カードだけ発行してもらっている。

返済比率は「ローン返済比率」とも呼ばれ、審査をクリアする上でのカギになるものです。

この返済比率が基準を超えると返済が滞るリスクが高まるので、審査をクリアできなかったり借入額を減らされたりします。
返済比率の審査基準は金融機関で異なりますが、「フラット35」では、『年収400万円未満で30%以下・400万円以上で35%以下』いう基準を採用しています。
つまり、「フラット35」の場合は、次のような条件を満たしていないと審査をクリアできません。

  • 年収400万円以下の申込者:借金の返済が年間120万円以下(月10.0万円以下)であること
  • 年収400万円以上の申込者:借金の返済が年間140万円以下(月11.7万円以下)であること

また、審査をクリアしても、借入後の返済比率が基準以下になるよう借入額は抑えられます。

なお、「解約していない」「カードだけ持っている」カードローンが住宅ローンの審査に影響を与えるのは、次のような可能性があるからです。

つまり、現在借入がなくても契約で借入限度が設定されていてすぐに借金に代わる可能性があるのですから、いわば隠れた借金です。

返済比率計算に当たって、全く加味しないということにはなりません。

影響度合は定かではありませんが、利用していないカードローンは、住宅ローンの申込前に解約処理をしておくことをおすすめします。

記事を書いているのは?

楽に借金返済
貸金業務取扱主任者 3級 ファイナンシャル・プランニング技能士。元貸金業者で働いていた経験と、自身も長年借金をしている経験を併せ持つ。 借金道を10年運営。借金コラムを2000枚以上執筆。 借金アドバイザーとして、WEB上での借金相談を1,000件以上行っている。
運営者情報
借金アドバイザー シロウ
お問い合わせ

おすすめ!無料相談シュミレーター

いきなり弁護士に依頼するのはちょっと…、とりあえず話だけでも聞いてみたい、という方におすすめなのが「街角法律相談所」です。
無料で匿名のまま入力できるシミュレーターを使って、借金の減額可能額や減額方法、依頼すべき弁護士事務所を表示させる事ができます。

診断後はそのまま表示されている弁護士事務所に依頼する事もできます。

メールや電話での悩み相談を無料で受けつけていますので、債務整理が気になる方はまず一度街角法律相談所を利用してみるといいですね。


債務整理費用の比較 ランキングTOP3

スクリーンショット-2016-03-23-13.43.21

おしなり法律事務所の相談の流れは電話、WEB、ファックス、メールで相談予約をし、実際に相談をします。
債務整理一つとっても任意整理や自己破産など様々な方法がありますから、法律家の視点から適切な方法を選んで導いてくれるのは利用者にとっては非常に心強い味方です。
貸金業者からの取り立ては即日ストップしてもらえ、分割払いににも対応可能で非常にオススメです。

評価
★★★★★
過払い報酬
20%
任意整理着手金
20,000円
自己破産
0円
個人再生
0円
スクリーンショット 2016-05-06 16.59.10

弁護士法人Salute法律事務所は、借金の相談は何度でも無料。
相談の受付は、24時間365日・全国対応です。
嬉しいことに、家族や会社には知られることなく解決できます。
また闇金にも強く得意としていて闇金に対応出来る法律事務所は数少ない為、貴重な法律事務所です。

評価
★★★★☆
過払い報酬
20%
任意整理着手金
49,800円
自己破産
500,000円
個人再生
500,000円

分割にも柔軟に対応してもらえ、過払い金が戻ってからすぐに報酬を支払う事が難しい人も気軽に利用出来ます。
実績があり、安心して手続きを任せる事ができます!

評価
★★★★☆
過払い報酬
20%
任意整理着手金
49,800円
自己破産
500,000円
個人再生
500,000円

コメントを残す

元金融マンが語る完済の鉄則 -目次-

  1. 借金道の想い
  2. 借金の悩みは語られない
  3. 自分の借金を把握する
  4. シロウの返済理論
  5. 家計簿をつければ効果的に返済できる
  6. 繰上返済で借金を減らす方法
  7. 繰上げ返済時に振込手数料を無料にする方法
  8. 借金してても楽しいことあるさっ
  9. 借金返済の生活
  10. 借金返済の生活 その2
  11. 借金が増えていっている人へ
  12. ストイック(=禁欲的)に
  13. 何のタメに働くのか
  14. 完済の向こう側
  15. 行動
サブコンテンツ
  • カードローンは借入なしでも住宅ローンに影響があるって本当?