個人再生をする場合は生命保険を解約しなければならないのか

この質問に対しては「個人再生をする際には保険の解約が必要、といったことはありません」というのが答えです。

つまり、生命保険などの保険を解約しなくても、個人再生手続きを完了させられます。

自己破産をする際に解約払戻金が20万円以上ある保険は、解約してその金額を弁済に充てなければ破産手続きが認められません。
そのこともあってか、個人再生の場合も保険を解約する必要があると勘違いしている人が多いようです。

結論から言いますと、個人再生は一般的に債務額の5分の1を弁済することになりますが3つの基準があり、その基準に基づいて算出された一番高い金額が弁済額になります。

基準には「最低弁済額」「清算価値」「可処分所得額」があり、保険の解約払戻金が問題になるのは「清算価値」の場合です。この「清算価値」とは債務者が手続開始決定時に所持している財産の総額です。

現金・保険の解約返戻金・退職金の見込額・自動車の査定額などの合計が「最低弁済額」と「可処分所得額」を上回っているとき、「清算価値」の金額を3~5年で弁済します。

個人再生手続においては3つの基準による金額を比較するために、保険を解約した場合に現時点で保険契約者に対して払い戻される解約返戻金の金額だけが問題になります。

従って、個人再生をするからといって、保険を解約する必要はないのです。

なお、債務整理の手続きごとに、生命保険の取扱いを整理しておきましょう。
・任意整理:整理対象を自由に選択できるので、生命保険はそのままにしておいて契約の継続が可能です。
・個人再生:契約の継続が可能です。ただし解約返戻金が発生する場合、その額は清算価値計算には上乗せされる。
・自己破産…解約返戻金が20万円以上の場合は、解約しなければならない。

記事を書いているのは?

楽に借金返済
貸金業務取扱主任者 3級 ファイナンシャル・プランニング技能士。元貸金業者で働いていた経験と、自身も長年借金をしている経験を併せ持つ。 借金道を10年運営。借金コラムを2000枚以上執筆。 借金アドバイザーとして、WEB上での借金相談を1,000件以上行っている。
運営者情報
借金アドバイザー シロウ
お問い合わせ


債務整理費用の比較 ランキングTOP3

スクリーンショット-2016-03-23-13.43.21

おしなり法律事務所の相談の流れは電話、WEB、ファックス、メールで相談予約をし、実際に相談をします。
債務整理一つとっても任意整理や自己破産など様々な方法がありますから、法律家の視点から適切な方法を選んで導いてくれるのは利用者にとっては非常に心強い味方です。
貸金業者からの取り立ては即日ストップしてもらえ、分割払いににも対応可能で非常にオススメです。

評価
★★★★★
過払い報酬
20%
任意整理着手金
20,000円
自己破産
0円
個人再生
0円
スクリーンショット 2016-05-06 16.59.10

弁護士法人Salute法律事務所は、借金の相談は何度でも無料。
相談の受付は、24時間365日・全国対応です。
嬉しいことに、家族や会社には知られることなく解決できます。
また闇金にも強く得意としていて闇金に対応出来る法律事務所は数少ない為、貴重な法律事務所です。

評価
★★★★☆
過払い報酬
20%
任意整理着手金
49,800円
自己破産
500,000円
個人再生
500,000円

分割にも柔軟に対応してもらえ、過払い金が戻ってからすぐに報酬を支払う事が難しい人も気軽に利用出来ます。
実績があり、安心して手続きを任せる事ができます!

評価
★★★★☆
過払い報酬
20%
任意整理着手金
49,800円
自己破産
500,000円
個人再生
500,000円

コメントを残す

元金融マンが語る完済の鉄則 -目次-

  1. 借金道の想い
  2. 借金の悩みは語られない
  3. 自分の借金を把握する
  4. シロウの返済理論
  5. 家計簿をつければ効果的に返済できる
  6. 繰上返済で借金を減らす方法
  7. 繰上げ返済時に振込手数料を無料にする方法
  8. 借金してても楽しいことあるさっ
  9. 借金返済の生活
  10. 借金返済の生活 その2
  11. 借金が増えていっている人へ
  12. ストイック(=禁欲的)に
  13. 何のタメに働くのか
  14. 完済の向こう側
  15. 行動
サブコンテンツ
  • 個人再生をする場合は生命保険を解約しなければならないのか