借入限度額はどうやって決まるのか?

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

最近は最高借入限度額800万円といったカードローンは珍しくなくなりました。

そのことで初回申込の借入限度額と最高借入限度額の幅は、ますます広がっています。

このページでは、次のテーマで初回申込借入限度額や最高借入限度額について解説します。

  • 初回申込でいくら借りられるか?
  • 初回申込で「最高限度額」では借金できないワケ
  • 「増額方法」と「金利引下げ方法」

初回申込でいくら借りられるか?

カードローンで借りられる金額のことは、「借入限度額」とか「利用限度額」と呼ばれます。

初回申込をする人にとってはいくら借りられるかは気になることですが、金額を決定する基準が公表されていないことから一概には言えません。

しかし、基本的に覚えておいていただきたいのは、初回申込で最高限度額での借金はムリ、という事です。

大手消費者金融アコムのIR(投資家向け)情報によれば、初回申込者への貸付額の平均は149,000円です。

つまり、申込者が初回申込で借りられる限度額は、15万円程度と言えます。

年収が多ければもっと借りられると思うかもしれませんが、それほど多くありません。

アコムのIR情報を見ると、年収200万円以下で119,000円・年収200万円超500万円以下で150,000円、年収が1,000万円以上の人でも277,000円なのです。

アコムの初回申込で借りられる金額は、他の消費者金融においてもほぼ同様と思われます。

なお、ネット上には銀行系カードローンの方が多く借りられるような記事が氾濫しているようです。

かつてそうした時期があったのですが、近ごろは銀行独自の自主規制や金融庁の指摘などで、消費者金融よりも多いと言えるほどの違いはありません。

もともと初回申込の限度額は、3つの要素によって決定されていると言われています。

3つとは「法律(総量規制)」「審査(信用度と返済能力を判定)」「雇用形態(収入の安定性)」です。

これらのうち初回申込に関しては、「雇用形態」で審査に通るかどうかと、限度額の決定の重要要素になる傾向が強いです。

この傾向は、申込みから借入までのスピードアップを求める利用希望者の声に応える方策として採用されたものです。

また、過去の利用者データから、「信用度・返済能力」と「雇用形態」には関連性が高いと判断された事も要因です。

たとえば「公務員・大手企業正社員:30~50万円、中小企業正社員:20~30万円、派遣社員・契約社員:10~30万円、アルバイト・パート:10~20万円」といったように限度額が設定されています。

初回申込で「最高限度額」では借金できないワケ

どのカードローンの商品説明書を見ても、利用限度額(融資額)・貸付限度額・借入限度額などの表現で「1~800万円」といた金額が示されています。

カードローンでの借金を希望している人の多くは、「800万円までなら希望額を借りられる!」、と都合よく受け止めてしまうようです。

しかし、カードローンの初回申込での借入限度額は、平均すれば15万円程度でしかありません。

では、「最高で800万円までなら貸しましょう」といったことを書いておきながら、なぜ、初回申込でそれだけの額を貸してくれないのでしょう?

これには、2つの大きな理由があります。

1つ目は、「申込者の年収が足りないこと」です。

特に消費者金融系カードローンの場合、総量規制によって年収の3分の1以上の貸付は違法です。

つまり、800万円の借入可能なのは、年収が2,400万円以上の人に限られます。

国税局の実態調査結果によれば、わが国のサラリーマンの2015年の平均年収は511万円です。

これでは、消費者金融系カードロ-ンであれば、最高でも170万円しか借りられません。

2つ目は、「初回利用者は信用度が低いこと」です。

カードローンの審査では、申込者の返済能力と信用度を評価します。

返済能力は本人の申告情報である程度分かりますが、信用度は信用情報機関の情報に頼らざるを得ません。

しかし、過去に取引情報や事故情報などがなかったとしても、今後も信頼できるとは言い切れないのです。

カードローン提供会社は低めの初回限度額を設定し、取引をすすめるなかで返済能力と信用度の高まりを見極めます。

カードローン提供会社では、限度額とは返済能力と信用度の高まりに合わせ増額するもの、と位置付けているのです。

初回申込では、「最高限度額」の借金はできません。

しかし、スムーズな取引を続けるなかで返済能力と信用度が高まれば、限度額を増額させることが可能です。

「増額方法」と「金利引下げ方法」

カードローンで数百万円の借入希望額を申し込んでも、初回申込では10~50万円の借入限度額が設定されてショックを受けた経験のある人は多いのではないでしょうか。

しかし借入限度額は、ある程度の期間があれば増額が可能です。

増額を実現するためにまず取り組まなければならないのは、次の3つです。(この3つができてくると基本的に審査にも受かり易くなります。)

  1. 延滞せず返済を続けること
  2. 年収アップすること
  3. 他社借入を確実に減らすこと

こうした信用度と返済能力を高める取組の1つでも改善されると、借入限度額の増額の可能性が高くなります。

借入限度額の増額の方法は、「利用者からの申請」に基づく場合と「カードローン提供会社からのおすすめ」に基づく場合があります。
具体的な増額方法は次のとおりです。

1つは、各カードローン提供会社のホームページで紹介されている案内に従って「増額申請」を提出する方法です。

カードローン提供会社によって、次のような独自の方法が採用されています。

  • 現在利用中のカードローンの「再申込」として申請
  • ホームページ上に掲載の「増額申込画面」から申請
  • カードローン提供会社の「ローン契約機」から申請
  • カードローン提供会社指定の「連絡窓口」へ電話で申請

カードローン提供会社では、受け付けた増額申請で「増額審査」を行います。

この増額審査は初回申込時の審査よりも厳しいと言われているものですが、それをクリアすることが増額の条件です。

他の1つは、「カードローン提供会社から届けられた増額案内」にそって増額申請をする方法です。

カードローン提供会社では、一定の期間ごとに優良顧客に対して限度額の増額案内を送付します。

この案内にそって増額の申請をすると、ほぼ間違いなく増額が実現するのです。

実は、この借入限度額の増額が実現すると、「金利引下げ」につながります。

一般的に、カードローン提供会社では、金利の引下げ申請や要望には応じてくれません。

しかし、金利は借入限度額に反比例で設定されていますから、借入限度額が高くなることで金利が引き下げられる可能性があるのです。

借入限度額はどうやって決まるのか?:まとめ

初回申込でいくら借りられるか?

  • アコムIR情報(投資家向け情報)によれば、初回申込者の借入額の平均は149,000円
  • 年収200万円以下で119,000円、年収200万円超500万円以下で150,000円
  • 初回申込の限度額は、「法律「審査」「雇用形態」3つの要素によって決定されていると言われている。
  • 近年は「雇用形態」で限度額を決定する傾向が強い。たとえば「公務員や手正社員:30~50万円、中小正社員:20~30万円、アルバイト・パート:10~20万円」

初回申込で「最高限度額」では借金できないワケ

・2つの大きな理由は、「申込者の年収が足りないこと」と「初回利用者は信用度が低いこと」
・カードローン提供会社は「限度額は返済能力と信用度の高まりに合わせ増額するもの」と位置付けている。

「増額方法」と「金利引下げ方法」

・次の取り組みで成果がみられると、借入限度額の増額の可能性が高くなる。

  1. 延滞せず返済を続けること
  2. 年収アップすること
  3. 他社借入を確実に減らすこと

・具体的な増額方法は次の2つ。
①ホームページで紹介されている案内に従って増額を申請
②カードローン提供会社からの増額案内にそって増額を申請
・申請や要望で金利の引下げには応じてくれないが、借入限度額の増額が「金利引下げ」につながる。

記事を書いているのは?

楽に借金返済
貸金業務取扱主任者 3級 ファイナンシャル・プランニング技能士。元貸金業者で働いていた経験と、自身も長年借金をしている経験を併せ持つ。 借金道を10年運営。借金コラムを2000枚以上執筆。 借金アドバイザーとして、WEB上での借金相談を1,000件以上行っている。
運営者情報
借金アドバイザー シロウ
お問い合わせ

おすすめ!無料相談シュミレーター

いきなり弁護士に依頼するのはちょっと…、とりあえず話だけでも聞いてみたい、という方におすすめなのが「街角法律相談所」です。
無料で匿名のまま入力できるシミュレーターを使って、借金の減額可能額や減額方法、依頼すべき弁護士事務所を表示させる事ができます。

診断後はそのまま表示されている弁護士事務所に依頼する事もできます。

メールや電話での悩み相談を無料で受けつけていますので、債務整理が気になる方はまず一度街角法律相談所を利用してみるといいですね。

借金研究家が選ぶ おすすめランキングTOP3

TVCMでもおなじみの銀行系カードローン『バンクイック』消費者金融に劣らない程サービス内容がいいです。 おすすめポイント ・1.8%~14.6%の低金利 ・最高500万円までご融資 ・24時間365日、夜間でも融資可能

年率
1.8%~14.6%
限度額
500万
審査時間
-
保証人
不要
職場連絡
あり
申込資格
あり
返済システム
引落し/振込
来店必要の有無
co_img_new_promisesticker

30日間無利息無利息 ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。 女性には、女性専用のオペレーターが案内してくれます。 パートやアルバイトでも安定収入があれば借り入れ可能。 また、50万円以下なら収入証明書不要と、初めての方も安心して利用できるシステムは魅力的です。

年率
4.5%〜17.8%
限度額
500万
審査時間
最短30分
保証人
不要
職場連絡
あり
申込資格
あり
返済システム
PC/ATM/振込/コンビニ
来店必要の有無

モビットの場合すぐに融資可能か教えてもらえます。審査に通れば即日融資も可能です。(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。) また電話連絡、郵送物無しなので他の人に知られず借りれます。

年率
3.0%〜18.0%
限度額
800万
審査時間
10秒簡易審査
保証人
不要
職場連絡
無し
申込資格
無し
返済システム
ATM/引落し
来店必要の有無
ランキングの根拠:借金道管理人シロウ自身が借入をしてみて、金利、スピード、返済の利便性の3項目での比較。借り手目線でどこが得かで、ランキングを作成しています。

コメントを残す

元金融マンが語る完済の鉄則 -目次-

  1. 借金道の想い
  2. 借金の悩みは語られない
  3. 自分の借金を把握する
  4. シロウの返済理論
  5. 家計簿をつければ効果的に返済できる
  6. 繰上返済で借金を減らす方法
  7. 繰上げ返済時に振込手数料を無料にする方法
  8. 借金してても楽しいことあるさっ
  9. 借金返済の生活
  10. 借金返済の生活 その2
  11. 借金が増えていっている人へ
  12. ストイック(=禁欲的)に
  13. 何のタメに働くのか
  14. 完済の向こう側
  15. 行動
サブコンテンツ
  • 借入限度額はどうやって決まるのか?