借金があるのに生命保険は必要?

最近の保険は医療保障を売りにしている保険が多いですね。

・入院1日から保険が受け取れます。
・入院・手術のたびに○万円

でも、医療保障は確かに必要だし、いざという時にありがたいのですが、保険について物申したいと思います。

puranwo

みなさんは何の保険に入っていますか?

おそらくたいていの人が生命保険に入っているのではないでしょうか?

医療保障の充実した生命保険が多いと思います。

私はとても偏見なのではありますが、生命保険反対派です。
なぜなら、生命保険には必ず死亡保障が付き物だからです。

※死亡保障とは

自分が死亡した時に支払われる保険金。
自分が死んだ時に自分の遺族が受け取るお金。

考えてみて下さい。

自分にとって自分の死亡保障は必要かどうか。

正直、なんにもならないと思います。と言うか死亡保障なんて、死んだら自分本人には一銭も入って来ないお金です。

保険は死亡保障が高く付いていればいるほど保険料が高いものです。こんなもったいないお金の使い方は他に無いと思います。

なんならギャンブルよりも無駄遣い。ギャンブルはお金をすって痛い目に合うけれど、でも自分の楽しみのために使ったお金ですよね。

楽しみ・遊び

勝って丸儲けする妄想で一時的な快楽と夢を見たのです。

ギャンブルで借金をした人は自業自得で悲しいですけど。自分の死亡保障に高い保険料を払っている人は借金地獄以上にくだらないと思います。

万が一の親の老後のことを考えたり、親より自分が先に死んだりした場合の親の生活のことを深刻に考えるなら若い人でも死亡保障は必要かもしれません。

家族の妻や子供を心から愛しているならば、自分に万が一のことがあったらと考えて死亡保障を掛けるのは当たり前かもしれません。

もし自分に借金がある場合死んだら債務が家族に降りかかって、愛する家族が大変な目にあってしまいますからね。

そこは自分の死後に保険金で対処して出来るようにしたいものです。

でも、自分のことでいっぱいで好きに暮らし、挙げ句の果てに借金を作り親に相談できない、恋人もいないひとりぼっちの悲しい借金生活の私としては、死亡保障なんてまったくもって必要がないのです。

思い切って死亡保障のある生命保険は入らない!という方法

ケガや病気での入院などに備えて医療保障が欲しい時は医療保険に入りましょう。
医療保険なら、死亡保険を付けることもできますが医療保障だけで保険に入ることができます。

保険料は、死亡保障に入らなければグンと安くなります。借金をしていて保険を気にする余裕のある人は少ないと思いますが、医療保障の必要性を感じていて、保険に入りたいと考えている人は医療保険をオススメします。

医療保険の比較についても、中立な立場で考えてもらえるFPの保険相談で聞いてみるのがいいですね。月々かかるものですし、最新の価格比較と、あなたご自身のケースの保証額を加味した考えてを聞いておいた方が損しないと思います。

でもまぁ、借金があるうちは保険に入らずに、保険代を借金の返済に充て、借金を完済してから医療保険に入るっていうのがベストなやり方だと、私は思いますけどね。

生命保険の見直し相談をした方がいいタイミング

借金をしていて、独身の場合は入らない方がいいと思います。

生命保険に入った方がいい時、生命保険を見直した方がいい時とは?

結婚直後…。

奥さんの立場からしたらホントに生命保険に入った方がうれしいです。
生命保険に入って!って言われる時期です。昼ドラの時間帯も、そういう新婚奥さんを焚きつけるために、生保のCMばっかりですしね。

とやかく言われて不本意な生命保険に入る前に、生命保険相談を使って適切な保険を検討して入った方がいいです。

子供が生まれた時

これも生命保険に入って!って言われる時期です。万が一、旦那さんが亡くなってしまった場合、子供と残された奥さんは生命保険がなければどうしょうもないですからね。

二人目の子供ができた時

リスクが増えるのでこれも必要な機会という事になります。

住宅ローンを組んでのマイホーム購入直後

保険代に回すよりも、住宅ローンの繰り上げ返済に回す比率を高めた方がより一家の幸せにつながります。

子供が独立して家を出ていった時

今までは生活費がかかりましたが、子供が独立して家を出ていった場合、大きくお金関係のバランスが変わります。

定年退職を迎えた時

定年退職を迎えた場合、これまで働いていた時のような収入がなくなるわけですから、これも生命保険の見直し相談をした方がいいタイミングですね。

離婚した場合

保険料も安くてよくなります。

保険の無料相談で見直しアドバイスをもらって、それから考えてみよう

生命保険を見直す場合、中立的な立場のFPの無料保険相談を利用するのがいいです。
私自身、生命保険の無料相談に申し込んで実際にFPに合って、それから保険を決めました。

第三者に選んでもらえるので安心できますし、何より相談無料です。借金の返済に関してもお金の相談ですので、ついでに無料でアドバイスももらえます。

保険の無料相談先

保険マンモスの無料相談

ファイナンシャルプランナーによる 究極の見直し

FPの教材の中に入っていた資料の中におもしろい生命保険の特集があったので、要旨を変えないでアレンジして書き出します。
社会人になったばかりの人は急いで生命保険に入った方がいいのか?というテーマです。

社会人になったばかりの人は急いで生命保険に入った方がいいのか?

FPの回答
急いで入る必要はありません。生命保険には死亡保障と、医療保障があります。例えば家庭を持っていて、自分が一家の大黒柱であり、もし自分が倒れてしまったら奥さんと子供がこの先路頭に迷うという状況でしたら死亡保障には大いに意味があります。ですが、新社会人となったばかりの人の場合、死亡保障があったとしても、仮に死亡した後にその保険金が必要となる方少ないケースが多いのではないでしょうか。子供がいない夫婦共働きの世帯でも、高額な死亡保障は必要ないと言えます。

もう一つの医療保障の場合には独身のうちから加入しておくのもいいでしょう。病気や怪我で入院するリスクは考えられるので、自分には保険があった方が安心だという方は入っておかれるのもいいと思います。

よく保険は若いウチに入っておかれた方が得だと生命保険の勧誘の方が言われる事が多いですが、それは一ヶ月の保健料の話ですので、保険に加入していない状態で払わないのと比べると当然高くなってしまいます。それは決して得とは言えません。

生命保険のお姉さんが職場に来て保険の勧誘される

シロウが就職して2、3ヶ月経った頃、生命保険のお姉さんが職場に来て保険の勧誘をされました。

上司には社会人になったんだから、生命保険に入るのは当たり前、位の事を言われたのですがどうも私はすぐには必要ないような気がして入りませんでした。あの時の判断は間違ってなかったようです。

保険マンモスの無料相談のような、中立な立場で、自分に合った保障額の生命保険の事を無料で聞いてから判断するのがベストですね。

特に借金がある間はそうやって慎重に生命保険加入の判断をしていくのがいいと思います。

記事を書いているのは?

楽に借金返済
貸金業務取扱主任者 3級 ファイナンシャル・プランニング技能士。元貸金業者で働いていた経験と、自身も長年借金をしている経験を併せ持つ。 借金道を10年運営。借金コラムを2000枚以上執筆。 借金アドバイザーとして、WEB上での借金相談を1,000件以上行っている。
運営者情報
借金アドバイザー シロウ
お問い合わせ

コメントを残す

元金融マンが語る完済の鉄則 -目次-

  1. 借金道の想い
  2. 借金の悩みは語られない
  3. 自分の借金を把握する
  4. シロウの返済理論
  5. 家計簿をつければ効果的に返済できる
  6. 繰上返済で借金を減らす方法
  7. 繰上げ返済時に振込手数料を無料にする方法
  8. 借金してても楽しいことあるさっ
  9. 借金返済の生活
  10. 借金返済の生活 その2
  11. 借金が増えていっている人へ
  12. ストイック(=禁欲的)に
  13. 何のタメに働くのか
  14. 完済の向こう側
  15. 行動
サブコンテンツ

低利化で借金は楽になります!

即日融資に関するマンガ - 1コマ目 利息減らせないかなぁ。- 2コマ目 シロウ絵 そんな時は低金利カードローンです!。 - 3コマ目 なるほど!やってみる - 4コマ目 やった、低利化で楽になったぞ!


  • 借金があるのに生命保険は必要?