借金してしまう人によくある共通点

どもです!シロウ@借金研究家/ Twitterです。

借金する人の共通点

やりたい事を我慢する人生は嫌だ、そういう風に考えれば、いくらでもお金を使ってしまうようになります。

今の自分はこれだけのお金しかない、だから我慢しようっていう思考がなければ、借金してでもやりたい事をやろうっていう風になってきてしまいます。

買う時期を見計らって上手に手に入れる…、その為に一番必要なのが我慢です。

本当に必要な物だけを買う事ができるようになれれば、本当の意味で出費を削る事ができるようになります。

何か欲しい物ができた時、それは本当に必要な物かどうかを考えてみる。
それは今買ってもいいのかどうか考えてみる。

そして、
もし、
今は必要じゃないと思ったら、
今は買う時期じゃないと思ったら、

我慢です。

長く使えるようにメンテナンスできるものはメンテナンスする

バイクでも車でもそうなんですが、小まめにメンテナンスするかどうかで寿命は変わってきます。例えばチェーンオイル。数ヶ月に一回オイルをつけるかどうかでチェーンの伸びは大きく変わってきます。ほったらかしにしていたら、ガラガラという乾いた音を出し、やがて伸びて、車体本来のパフォーマンスが出せなくなります。

オイル交換もそうです。良い状態のエンジンコンディションを保とうと思えば、5千キロに一回位オイル交換をしていくのがいいです。

またこういうメンテナンスをする時間を作ると、バイクでも車でも、自転車でも愛着が湧き、その乗り物への興味が出てきます。壊れないようにっていうのは、同時に事故しないようにっていう意識にもつながりますので、結局は自分を守る事にもつながっていきます。

メンテナンスっていうのはいわば、お手いれです。自分自身へのお手入れにも意識を向けるとより借金生活を良く変える事ができます。

自分自身をメンテ

体調管理も大事です。ストレスを消そうって事ばっかり考えていると夜遅くまで遊んでしまったりします。カラオケとか、夜の店に飲みに行ったり、とかですね。そういうのは一時的には精神的にはいいかもしれませんが、翌日また仕事の場合は睡眠時間が短くなってしまったりしてうまくいかなくなる事もあります。

長期間仕事ができ、勤続年数が上がれば、その分、借金を低利借り換えをする際に有利になります。

それに同じ会社で長くいれば精神的に楽に仕事をする事ができるようになります。今仕事でいっぱいいっぱいの人は、少ーしだけお金使ってもOKという許可を自分に出してあげて、ちょっとストレス解消していくのがいいと思いますよ。

借金の返済は長丁場、気長にいきましょう!

借金生活が変わる!休日や仕事終わりのストレス解消方法 | 借金道

借金があるなら!割安価格帯のものより、欲しいランクの物を手に入れたい、そういう欲求を抑える事が大切

私はよくお金持ちを研究しているマネー本を読むのですが、お金を持っている人程、最上質かどうか、よりも、その物の価格が妥当かどうか、っていうところを重要視するそうです。

物の価格が妥当かどうか…。これってすごく大事な事ですよね。
妥当な買い物ばかりをしていれば、損はしませんから。

お金持ちになっていく人程、自分には何が必要か、この価格は妥当か、そういうお金のセンスが鋭敏です。

いくら使ってもいい、っていう趣味を持っている

こういう趣味がある人は、その趣味を仕事にすると強いんですけどね。

例えばフェラーリが好きな人はその知識と情熱を活かしてフェラーリのディーラーで働けば自分を活かせるわけですし。例えば魚が好きで家で水槽にばっかりお金かけてるなら水族館で働くとか。

趣味にお金をかける場合でも、上記したように、今はここまでならお金をかけてもいい、これ以上はダメっていう線引きを自分でできるようになれるのが一番いいですね。

飲むとピンサロに行きたくなる

これやる人は本当に悪癖で借金を作ってしまうタイプです。

風俗やキャバクラで借金したなら、欲望を返済意欲に変換するといい | 借金道で書いてますが、

●風俗。

ハマッてしまうとどんどんお金をつぎ込んでしまうものだと思います。

女の子を好きになってしまったりすると、マジで最悪なんじゃないでしょうか。

風俗で借金してしまった場合

この場合、行かないようにする、というのが単純な対策なのですが、その理由まで考えないと止める事は難かしいと思います。

強烈に彼女が欲しいんだけど、でも婚活パーティとか、街コンとか行く勇気がない→根本には自分に対しての自信がない→でも自分を磨く為に運動したり、髪型を整えたりするのはメンドクサイ…こんな風に、自分の考え方が自堕落な事に起因してたりします。

まぁでも、ピンサロにせよ、風俗にせよ、キャバクラにせよ、その人なりに行く理由っていうのがありますからね。別に彼女欲しいからキャバクラ行ってるわけじゃないよ、っていう人もいますし。

どんな遊びにも、それが好きな人にしかわからない理由があるものですし。

分相応を考える、ということですね。

風俗行きたい、キャバクラ行きたい、そういう欲は別に否定しなくてもいいと思います。

借金してようが罪人でもなんでもありません。風俗でも、キャバクラでも自分がやりたい事をして借金したのなら、それはそれである意味しょーがないと思います。

むしろ、そういう風俗行きたい、キャバクラ行きたいって欲を利用して、風俗行きたい、キャバクラ行きたいから働く、位のほうがやる気が出てくるのでいいと私は思います。

記事を書いているのは?

楽に借金返済
貸金業務取扱主任者 3級 ファイナンシャル・プランニング技能士。元貸金業者で働いていた経験と、自身も長年借金をしている経験を併せ持つ。 借金道を10年運営。借金コラムを2000枚以上執筆。 借金アドバイザーとして、WEB上での借金相談を1,000件以上行っている。
運営者情報
借金アドバイザー シロウ
お問い合わせ

コメントを残す

元金融マンが語る完済の鉄則 -目次-

  1. 借金道の想い
  2. 借金の悩みは語られない
  3. 自分の借金を把握する
  4. シロウの返済理論
  5. 家計簿をつければ効果的に返済できる
  6. 繰上返済で借金を減らす方法
  7. 繰上げ返済時に振込手数料を無料にする方法
  8. 借金してても楽しいことあるさっ
  9. 借金返済の生活
  10. 借金返済の生活 その2
  11. 借金が増えていっている人へ
  12. ストイック(=禁欲的)に
  13. 何のタメに働くのか
  14. 完済の向こう側
  15. 行動
サブコンテンツ

低利化で借金は楽になります!

即日融資に関するマンガ - 1コマ目 利息減らせないかなぁ。- 2コマ目 シロウ絵 そんな時は低金利カードローンです!。 - 3コマ目 なるほど!やってみる - 4コマ目 やった、低利化で楽になったぞ!


  • 借金してしまう人によくある共通点