40歳で280万の借金をした主婦が語る、借金の怖さ

借金はしているだけでストレスになります。

生活を制限し、返済のために仕事をしているような毎日・・・返済日に追われ、やりくりに頭を悩めていませんか?

収入と支出のバランスがきちんと保てていれば、借金は怖くありません。
ただし、返済が家計を圧迫するようになるとそのバランスは崩れ、返済が難しくなってきます。

  • 借金の返済のために新たな借金をしている
  • 複数の金融機関から借り入れ限度額がいっぱいになっている

そんな状況になっているのであれば、そのストレスは計り知れません。

今回のテーマは「40歳で280万の借金をした主婦が語る、借金の怖さ、借金生活を抜け出す方法とは?」です。

実際に借金地獄を味わい、ストレスフルな生活を送り、精神的に破たん寸前まで追い込まれた筆者。
でもそんな状況から抜け出す方法があったのです!

苦しい生活を送っている方に是非知って頂きたい方法とは何か?
その方法と詳細をご紹介します。

借金地獄のストレス

返済日に現金がない!

借金をしている以上、返済日は必ずやってきます。

給料日のすぐ後だとしても、支払わなければいけない固定費もあります。

必要最低限の支払いをしても、返済日に現金が足りない・・・私はそんな状態でした。

1つ1つの返済は少額だとしても、複数社借り入れをしていればそれなりの金額になってしまいます。
例えばA社に10,000円、B社に8,000円、C社に15,000円。

ただ手元にそんな現金がないことに気付き、返済日への恐怖から別の金融機関で借り入れをする日々が続いているようなら、それは既に立派な多重債務者なのです。

返済のために極限までの節約

私の月のパート代は約100,000円。
基本的に時給換算でボーナスもない状態なので、これ以上稼ぐことはできません。
借金の返済以外にも保険料の支払いや子どもの教育費、そして食費。

自分の稼ぎから賄わなくてはいけない支払いは他にもありましたが、既に借金の返済額は膨れ上がっていました。

美容院代や洋服代を捻出することはできず、化粧品を買うにも躊躇し、子どものおさがりを使う始末・・・みすぼらしいことこの上ない生活です。

節約できるところはすべて節約して支出を抑える・・・これは非常に大きなストレスになり、精神的に追い詰められてしまうのです。

お金がないからできない~ストレス

友達とのランチや家族との外食、休日のレジャーなどストレスを解消する方法はたくさんあります。
でも手元に現金がなく、返済が追い付いていない状態では夢物語。

やりたくてもお金がないからできないという大きなストレスを抱えることになります。
「もっとお金があったら」そんなことを考えている毎日は惨めで苦痛です。

子どもにやってあげたいこと、親にやってあげたいことも考えるだけで終わってしまい、お金がないからという理由ですべて諦める結果になります。

自分の事ならまだしも、家族や周囲にも迷惑をかけているという罪の意識が芽生えてくるのです。

筆者の場合、ストレスを解消できないままの毎日は、精神的に追い詰められ、体調にも異変をきたすようになってしまいました。

借金の無料相談をしてみた

お金のない生活に追われ、いい加減嫌気がさし、とてもじゃないけれど前向きにはなれない状態が続いていました。

ネットの検索で「借金」「死にたい」といったワードを入力するような精神状態にまで追い込まれていました。
そんな時、偶然目にしたバナー広告があったのです。

それがおしなり法律事務所との出会いだったのです。

実際におしなり法律事務所の無料相談を利用して感じた事をお話しします。

私の場合「債務整理が必要」という相談結果が出ました。

「借金をしたことに対して怒られたりしないか」「何でこんな状態になったのかとバカにされたりしないか」という不安が大きかったのですが、それは取り越し苦労に終わりました。

借り入れの状況、仕事の収入や保有の資産、家族の状態などを丁寧に聞いていただき、債務整理の方法を親切に教えてくれました。
こんなことならもっと早く相談するべきだったととても後悔しています。

苦しい借金生活を理解し、寄り添って解決に導いてくれたのです。

債務整理への道のり

債務整理の種類
債務整理には大きく3つの方法があります。

  • 自己破産
  • 個人再生
  • 任意整理

どの方法を選ぶのか、どの方法が最適なのかは

  • 保有している財産
  • 継続的な収入
  • 借金の総額

によって変わってきます。
私のケースの場合、
・継続的な収入がある
・周囲には知られずに手続きをしたい
という条件から、任意整理をすることにしました。

任意整理の手続き

任意整理とは、弁護士が直接債権者と交渉をして、支払いが可能になる条件を決めてくれる方法です。

多くの場合、金利のカットや過払い金の発生によって、3年ほどで完済できる目途が立ちます。
任意整理は裁判所を通さないので、たくさんの書類を用意したりする必要がありません。

筆者の場合は、利用していた金融機関のカードを提出した後は、ほとんど電話で対応可能な内容ばかりでした。
弁護士事務所に手続きを依頼すると、すぐに返済はSTOPします。

弁護士の先生が交渉を行っている半年ほどの間に、返済に替えて弁護士費用を支払ったので、返済と重なることもありませんでした。

借金地獄からの脱却

任意整理を行うことによって、月12万円近い支払いは4万円に抑えられました。
無理のない金額で交渉を行って頂いたので、3年後には完済の予定です。

任意整理を行うといわゆるブラックリストに登録されてしまうため、5年間は新たな借り入れができなくなります。

ただし、返済できない金額を借り入れたことで招いた事態ですから、抑止力としてもこの措置は必要なのだと感じます。

バラバラだった返済日もまとめて給料日後に設定してもらい、今では何とか借金を返しながら通常の生活を送ることができています。

借金生活を抜け出す方法とは? まとめ

「借りられなくなる恐怖」を最優先して複数社から借り入れをしたり、「借入限度額イコール使える金額」と勘違いしているうちに、多重債務者としての生活が始まってしまいます。

返済する現金がない状態が続いたら、それは既に赤信号!
一人で悩んでいる間にも借金は増えていきます。

一刻も早く解決に向けて行動を起こすべきなのです。

とにかく自分の今の状況を見直す機会として、一度おしなり法律事務所の無料相談を利用してみて下さい。

その上で必要があれば、依頼を検討すれば良いのです。

辛い借金生活から脱出して人生をやり直す・・・そんな機会を与えてくれたおしなり法律事務所に、私はとても感謝しています。
悩んでいる時間があったら、是非利用してほしいと心からおススメします。

記事を書いているのは?

楽に借金返済
貸金業務取扱主任者 3級 ファイナンシャル・プランニング技能士。元貸金業者で働いていた経験と、自身も長年借金をしている経験を併せ持つ。 借金道を10年運営。借金コラムを2000枚以上執筆。 借金アドバイザーとして、WEB上での借金相談を1,000件以上行っている。
運営者情報
借金アドバイザー シロウ
お問い合わせ

コメントを残す

元金融マンが語る完済の鉄則 -目次-

  1. 借金道の想い
  2. 借金の悩みは語られない
  3. 自分の借金を把握する
  4. シロウの返済理論
  5. 家計簿をつければ効果的に返済できる
  6. 繰上返済で借金を減らす方法
  7. 繰上げ返済時に振込手数料を無料にする方法
  8. 借金してても楽しいことあるさっ
  9. 借金返済の生活
  10. 借金返済の生活 その2
  11. 借金が増えていっている人へ
  12. ストイック(=禁欲的)に
  13. 何のタメに働くのか
  14. 完済の向こう側
  15. 行動
サブコンテンツ
  • 40歳で280万の借金をした主婦が語る、借金の怖さ