債務整理は誰に相談すれば良い?専門家探しのコツ!

借金返済ができなくなってきた・・・、そんな時は債務整理を適切な専門家に相談する事で、一気に借金問題は解決していきます。

債務整理を意識しなければならないほど借金が膨れ上がっている状態では、一部債務について滞納してしまっている状態になっても不思議ではありません。

督促連絡がいつ勤務先に届いてしまうかと不安な日々を過ごしていませんか?債権者からの督促連絡を無視していても借金額が減ることはなく、訴えられたり強制執行を行われたりと良いことは何もありません。

悩む位なら、債務を減額する方向に一歩踏み出して、債務整理にいち早く着手すれば解決方法が見つかります。

友人・知人に相談しても借金問題の解決方法は見つからない

借金の解決方法に悩んで、友人や知人に相談する人が少なくありません。

しかし、法律の専門家以外では、債務整理経験者であっても全ての借金解決方法を知っているわけでは無いでしょう。

債務整理の手段は1つでは無く、法律上定められた複数の救済手段の中から、借入総額・借入期間・金利・資産額の組み合わせにより、本人に合った債務整理方法が1つだけ存在します。

借金の解決方法を全て知りつくしている法律の専門家に依頼しなければ、選択肢すら導き出せないことがあります。

債務整理方法は4種類ある

債務整理の方法には、任意整理・個人再生・自己破産・特定調停と4種類も存在するので、この中から本人にとって最適な借金解決方法を見つけ出す必要があります。

このうち、特定調停のみが自分で裁判所に直接申し立てが出来る手段であって、専門家費用が掛からない分だけ安上がりですが、借金減額も少なくなりがちです。

法律の専門家に相談に向かう際には、まず現状の借入先とおおよその借金額を書き出した上で、法律事務所の予約を取って向かうと良いでしょう。

債務整理方法を相談出来る法律事務所は、役所とは異なり少人数で運営されているので、弁護士との面談は基本的に予約制です。

弁護士と司法書士では取り扱える内容が変わる

債務整理を依頼出来る法律家には、弁護士と認定司法書士の2種類があります。

どちらに依頼しても結果が同じならば、費用が安く済む司法書士で十分と考えがちですよね?しかし、弁護士は借金額について金額の制限がありませんが、司法書士には140万円以下の借金のみ法廷代理権があるという制限があります。

なぜなら、司法書士は、簡易裁判所のみに対して法廷代理人として本人に代わり法的手続きが出来るので、地方裁判所へ司法書士が申し立てをすることは出来ません。

任意整理ならば裁判所を通さずに債権者と交渉するので、140万円以下の借金額ならば司法書士にも依頼可能です。

しかし、個人再生と自己破産では地方裁判所へ申し立てが必要となるので、司法書士は申立書面の作成のみ可能という制限があります。

法律事務所は無料法律相談を利用して複数面談することが重要

法律家として弁護士と司法書士のどちらに相談したかによって、勧められる債務整理方法が変わってしまう可能性があります。

司法書士ならば任意整理を勧める傾向があり、弁護士ならば個人再生や自己破産だけでなく、必要に応じて任意整理も選択肢に入れて総合的な判断が可能です。

普段法律家との面談を経験していない人にとって、専門家が話す内容は絶対と信じてしまいがちですが、複数の法律家と面談することにより、総合的に判断する必要があります。出来れば弁護士と司法書士の両方に対して面談を申込み、両方の意見を聞いてみると良いでしょう。

法テラスなら最大3回の無料法律相談を受けられる

多くの法律事務所では、債務整理に関して初回30分相談無料と謳う所が多いです。

しかし、インターネット経由で法律事務所を見ただけではどの法律事務所へ面談申込みをすれば良いのか判断が付かないでしょう。

日本司法支援センターが運営している法テラスならば、法務省管轄で公的な法律扶助を行っているので、1回30分の無料法律相談を最大3回受けられます。

法律家との面談では、最初緊張して何を言われているのか分からなくなりますよね?だからこそ、最大3回受けられる法律相談の中で、最も納得出来る話が出来た法律家のアドバイスを参考にすることが大切です。

債務整理は誰に相談すれば良い?専門家探しのコツ! まとめ

債務整理に着手するため、依頼する法律家が見つかれば、受任通知を債権者全てに発送してもらえるので、督促が全て一旦止まります。

最初に法律家費用を分割払い出来る事務所を選べば、生活再建をしつつ法律家費用を優先的に支払うことが可能です。

現状の収入のみで生活を立て直せる状態に持って行くことから、着実に債務整理を進めて元の生活を取り戻すことが重要です。

債務整理への着手は、早いほど借金問題で苦しむ期間を減らせます。
おしなり法律事務所

記事を書いているのは?

楽に借金返済
貸金業務取扱主任者 3級 ファイナンシャル・プランニング技能士。元貸金業者で働いていた経験と、自身も長年借金をしている経験を併せ持つ。 借金道を10年運営。借金コラムを2000枚以上執筆。 借金アドバイザーとして、WEB上での借金相談を1,000件以上行っている。
運営者情報
借金アドバイザー シロウ
お問い合わせ

おすすめ!無料相談シュミレーター

いきなり弁護士に依頼するのはちょっと…、とりあえず話だけでも聞いてみたい、という方におすすめなのが「街角法律相談所」です。
無料で匿名のまま入力できるシミュレーターを使って、借金の減額可能額や減額方法、依頼すべき弁護士事務所を表示させる事ができます。

診断後はそのまま表示されている弁護士事務所に依頼する事もできます。

メールや電話での悩み相談を無料で受けつけていますので、債務整理が気になる方はまず一度街角法律相談所を利用してみるといいですね。


債務整理費用の比較 ランキングTOP3

スクリーンショット-2016-03-23-13.43.21

おしなり法律事務所の相談の流れは電話、WEB、ファックス、メールで相談予約をし、実際に相談をします。
債務整理一つとっても任意整理や自己破産など様々な方法がありますから、法律家の視点から適切な方法を選んで導いてくれるのは利用者にとっては非常に心強い味方です。
貸金業者からの取り立ては即日ストップしてもらえ、分割払いににも対応可能で非常にオススメです。

評価
★★★★★
過払い報酬
20%
任意整理着手金
20,000円
自己破産
0円
個人再生
0円
スクリーンショット 2016-05-06 16.59.10

弁護士法人Salute法律事務所は、借金の相談は何度でも無料。
相談の受付は、24時間365日・全国対応です。
嬉しいことに、家族や会社には知られることなく解決できます。
また闇金にも強く得意としていて闇金に対応出来る法律事務所は数少ない為、貴重な法律事務所です。

評価
★★★★☆
過払い報酬
20%
任意整理着手金
49,800円
自己破産
500,000円
個人再生
500,000円

分割にも柔軟に対応してもらえ、過払い金が戻ってからすぐに報酬を支払う事が難しい人も気軽に利用出来ます。
実績があり、安心して手続きを任せる事ができます!

評価
★★★★☆
過払い報酬
20%
任意整理着手金
49,800円
自己破産
500,000円
個人再生
500,000円

コメントを残す

元金融マンが語る完済の鉄則 -目次-

  1. 借金道の想い
  2. 借金の悩みは語られない
  3. 自分の借金を把握する
  4. シロウの返済理論
  5. 家計簿をつければ効果的に返済できる
  6. 繰上返済で借金を減らす方法
  7. 繰上げ返済時に振込手数料を無料にする方法
  8. 借金してても楽しいことあるさっ
  9. 借金返済の生活
  10. 借金返済の生活 その2
  11. 借金が増えていっている人へ
  12. ストイック(=禁欲的)に
  13. 何のタメに働くのか
  14. 完済の向こう側
  15. 行動
サブコンテンツ
  • 債務整理は誰に相談すれば良い?専門家探しのコツ!