労金 信用金庫の金利は非常に安い!労金 信用金庫で超低金利で借りるには?

労金、信用金庫の金利は消費者金融、銀行カードローンと比べて非常に安いです。

ですが、労働金庫は、労働組合が関係していて普通の金融機関ではないイメージですし、信用金庫も商売人向けというイメージがあります。

今回のテーマは、どういう人が労金、信用金庫を使えるのか、という事について解説します。

労金や信用金庫のカードローンは誰でも申し込めるのでしょうか?

質問にある労働金庫と信用金庫が取り扱っている商品やサービスはほとんど「銀行」と同じです。

しかし、銀行とは次のような違いがあります。

上の表のように労働金庫と信用金庫には類似点があるのですが、銀行とは異なります。

実はこの違いがカードローンの申込条件に反映されることから、一般の銀行系と労金や信金のカードローンの申込条件には違いがあるのです。

一般の銀行系や消費者金融系カードローンにない申込条件を、具体的に紹介しましょう。
(1)中央ろうきんのカードローン「マイプラン」の場合

  1. 申込できる人:中央労働金庫に出資のある団体会員の構成員、または自宅もしくは勤め先(事業所)が当金庫の事業エリア内(茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・山梨県)にある給与所得者の人
  2. 金利:団体会員の構成員(3.875~7.075%)・生協会員の組合員およびその家族(4.275~7.475%)・一般の勤労者(5.275~8.475%)

(2)東京信用金庫の場合

  1. 申込できる人:当金庫の営業地区内(東京都と埼玉県の一部)に住所、勤務先、事業所のいずれかを有する人
    ・総合口座または普通預金の取引印鑑(口座をお持ちでない方は、新規にご契約いただきます)
  2. 金利:年11.50%(含む保証料・年2.00%)

このように、質問に対しては「労金や信金は、営業地域内の住民や労働組合・生協などの組合員のための金融機関であることから、原則それら以外の人からの申込は受け付けていません」というのが答えです。

誰でも労金や信用金庫のカードローンを申し込めますか? まとめ

  • 取り扱っている商品やサービスは「銀行」とほとんど同じだが、カードローンの申込条件には違いがある。
  • 労金、金庫のカードローンの申込条件は次のとおりで、だれでも申込可能ということではない。

①労働金庫に出資のある団体会員の構成員、または自宅や勤務先が当該金庫の事業エリア内にある給与所得者
②当該金庫の営業地区内に住居や勤務先があり、個人総合口座または普通預金の取引がある人

労金の審査については以下の記事をご覧ください。実際に労金に申し込んで審査に受かった友人の話を書いてます。

労金という借入先は最強

信用金庫系カードローンの審査をクリアする方法を教えて!

この質問に対しては、「審査をクリアするために一番重要なことは、申込条件を確実に満たすことです」というのが答です。
そもそも信用金庫は、地域の住民が利用者・会員になり、互いに地域の繁栄を図る相互扶助を目的とした協同組織の金融機関で、主な取引先は中小企業や個人です。
銀行との決定的な違いは、地域に根差した組織であるという点です。地域に根差した組織であることから、利用するのは地域に住んでいたり地域所在の職場で働いていたりする人に限られています。
こうした信用金庫の特殊性が、提供しているカードローンにもあらわれているのです。
信用金庫のカードローンの「商品説明書」を、銀行系カードローンや消費者金融系カードローンの商品説明書を比較すると1カ所だけ違いがあります。

同じカードローンという金融商品の商品説明書ですが、「申込条件」に違いがあるのです。
具体的に紹介しておきましょう。
①三井住友銀行カードローンの「お申込条件」
・お申込時満20歳以上満69歳以下の方
・原則安定したご収入のある方
・当行指定の保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる方
②大阪シティ信用金庫カードローンの「ご利用いただける方」
当金庫営業地域に居住、または勤務する個人の方で、以下のすべての条件を満たす方
・お申込時の年齢が満20歳以上満65歳未満の方
・継続した安定収入のある方
これを比較すれば明らかなとおり、三井住友銀行カードローンへは、どこに住んでいてもどこで働いていても申込み可能です。

しかし、大阪シティ信用金庫カードローンへは、大阪シティ信用金庫の営業地域に居住しているか勤務していることが大前提なのです。

つまり、ネット上で自分いとって好都合の信用金庫系カードローンを発見しても、誰でもがどこからでも申し込めるわけではありません。

当該信用金庫の営業地域の住民かその地域で働いている必要があるのです。

このように信用金庫系カードローンの審査をクリアするためには、信用金庫の営業地域に住むかその地域で働く以外に方法はありません。

記事を書いているのは?

楽に借金返済
貸金業務取扱主任者 3級 ファイナンシャル・プランニング技能士。元貸金業者で働いていた経験と、自身も長年借金をしている経験を併せ持つ。 借金道を10年運営。借金コラムを2000枚以上執筆。 借金アドバイザーとして、WEB上での借金相談を1,000件以上行っている。
運営者情報
借金アドバイザー シロウ
お問い合わせ

コメントを残す

元金融マンが語る完済の鉄則 -目次-

  1. 借金道の想い
  2. 借金の悩みは語られない
  3. 自分の借金を把握する
  4. シロウの返済理論
  5. 家計簿をつければ効果的に返済できる
  6. 繰上返済で借金を減らす方法
  7. 繰上げ返済時に振込手数料を無料にする方法
  8. 借金してても楽しいことあるさっ
  9. 借金返済の生活
  10. 借金返済の生活 その2
  11. 借金が増えていっている人へ
  12. ストイック(=禁欲的)に
  13. 何のタメに働くのか
  14. 完済の向こう側
  15. 行動
サブコンテンツ

低利化で借金は楽になります!

即日融資に関するマンガ - 1コマ目 利息減らせないかなぁ。- 2コマ目 シロウ絵 そんな時は低金利カードローンです!。 - 3コマ目 なるほど!やってみる - 4コマ目 やった、低利化で楽になったぞ!


  • 労金 信用金庫の金利は非常に安い!労金 信用金庫で超低金利で借りるには?