審査に落ちたらこうすればいい!最善の対処方法

どもです!シロウ@借金研究家/ Twitterです。

カードローンに申し込んだ時、審査に落ちてしまう事があります。

審査に落ちた時こそ、冷静で上手な対応が必要です。

普通なら他のカードローンに申し込んでいくのがいいのですが、それも申込過ぎてはいけません。

審査に落ちると悔しい思いが残ってしまいます。
このページでは、審査に落ちた!という悔しい気持ちを抑え、冷静に対処する為に、なぜ審査に落ちたかをわかり易く解説し、その後どう行動すべきかを解説します。

私自身、審査落ちになった後に悔しくて、審査に落ちたカードローンに再度申し込みした事があります。
でもそれこそが一番やってはダメな事です。

冷静に、審査に落ちた時はどうすればいいのか?

今回は、審査に落ちた場合どうすればいいのかを解説します。

まず審査落ちになったカードローンへのリベンジ(再申し込み)はあきらめよう

審査をクリアできなかったカードローンへの再申込は可能ですが、審査項目が前回申込の状態と変化がないのであれば、審査をクリアできる確率はほぼゼロです。(当たり前の話ですが)

前回審査をクリアできなかったのは、申込先のカードローン提供会社の審査基準を満たせなかったからです。

まずは、なぜ審査をクリアできなかったのか原因を考え、その部分を改善をしなければなりません。

問題のある審査項目の改善ができないまま前回と「同じ状態」で再申込をしても、残念ながら審査も「同じ結果」です。

しかし、問題のある審査項目を改善してから申し込めば、審査をクリアして借入できる可能性はあります。

とはいえ、カードローン提供会社は審査をクリアできなかった理由を教えてくれないので、自分自身で考えざるを得ません。

一般的には、審査をクリアできなかった理由として挙げられるのは、次のようなことが多いようです。

  • 安定した収入がない。
  • 勤続年数が短い。
  • 他社借入件数が多い。
  • 他社借入残高が多い。
  • 信用情報機関にマイナス情報が登録されている。

こうしたことを短期間で改善することは、ほぼ不可能に近いです。

審査に落とされた事がある人は、まずはじめに融資希望額を少なくして、消費者金融に申し込むと審査は当然通りやすくなります。

審査に通り易いかどうかと金利は当然関係があります。

金利が高ければ(50万円の場合、法定金利の上限は18%になります)、貸す方はたくさん利息を取れるので、当然リスクを冒してでも上限金利の18%50万円で貸したいと考えます。

消費者金融が最も利益が上がる貸し方は、ある程度の信用がある人に対して、50万を18%で貸すことです。

逆に考えれば借りる方からすれば、50万円借りるなら(どうせ初回は上限金利での貸し出しになる事が多いので)上限金利の安い銀行カードローンに申し込むのが一番安く借りる方法、という事になります。

たとえば、消費者金融アコムの金利は18%です。それに対して三菱UFJ銀行カードローンの場合は、審査にさえうかれば金利は必ず14.6%以下になります。

借金の審査が通りやすくなる方法 1か月に3社以上は申し込まない事

短期間に申込をし過ぎない事が大事です。借金の審査申し込みをしたという情報は信用情報機関に申込数1として申込する度に記録されます。1か月以内に3回以上申し込みをすると、申し込み多発という事で敬遠されます。

ちょっと考えてみて下さい。

あなたがもし貸す方であれば、次のような人には貸さないと思います。この1か月のうちに他社に3回申し込みはあったのに1回も借入されてない、そういうデータが出てきたら……、申し込みに来たら、貸さないですよね。

他社で申し込みがあったという事実はわかります。審査担当は申し込み人が他社で3回審査落ちになった、という事実がわかるのです。

何か理由があって、その人を審査落ちにした会社が3社もある…それなら貸さない方がいい、という結論になります。

だから短期間に申込をし過ぎると、審査に落ちやすくなります。

借金の審査を通りやすくしようと思えば、1か月に2社以上は申し込まない事です。

借金の審査が通りやすくなる方法

審査に落ちたなら?

できるなら借金する事自体を6か月以上控え、他社申し込みを6カ月以上期間を空けるのがいいです。

できるだけ早く借りたいからそれはムリ!

審査をクリアできなかったカードローンへの再申込はできますが、できれば他のカードローン、消費者金融に申し込んだ方がいいです。

また、他のカードローン審査に通り易いように問題点の改善をしてから申し込む方がベターです。

審査に通り易いように問題点の改善をするってどういう事?

具体的には年収を上げる、アルバイトの人は正社員になって信用度を上げる、勤続を続けて勤続年数を上げる、延滞がある人は延滞を解消する、申し込みを3社以上やってしまった人は申し込みを控える、という事が、審査に通り易いように問題点の改善をするという方法です。

別なカードローンに申し込もう!という場合でも、「避けるべきこと」や「やるべきこと」があります。

次の6点です。
①避けるべきこと

  • 審査をクリアできなかったカードローン提供会社のグループや系列貸金業者のカードローへの申し込むこと
  • 審査をクリアできなかったカードローンと同じ保証会社が委託を受けているカードローンへ申し込むこと
  • 申し込みブラックになる程、短期間に複数のカードローンへ申し込むこと(1か月に3社以上申し込むと申込ブラックになります)いくら申込しても借金の審査が通らない!申込ブラックとは

②やるべきこと

一度審査に落ちたら他の金融機関での審査もクリアできない?

この質問に対しては、「一つのカードローンの審査をクリアできなかったからといって、他の全てのカードローンの審査もクリアできないといったことはありません」というのが答えです。

カードローンの審査基準は、カードローン提供会社によって異なります。

ですから、A社のカードローンの審査をクリアできなかった申込者がB社のカードローンの審査をクリアすることは、普通に発生していることです。

例えば、A社では他社借入件数が3件以上で大きなマイナス評価されるが、B社では3件であればマイナス評価されないといったことがあります。

こうした審査項目ごとのスコアリング(点数化)の違いが合否を左右するのです。

また、延滞履歴の場合は、延滞の履歴が信用情報機関のデータベースに残っているだけで審査をクリアできないカードローンがあります。

しかし、「延滞の程度・延滞時期」などを審査基準に加味してくれるカードローン提供会社もあるのです。

一つの審査をクリアできなくても他の審査もクリアできる可能性があるからといって、次々と新たなカードローンを申し込んでいると「申し込みブラック」になってしまいます。

申し込みブラックになると信用情報機関に登録されることから、ますます審査のクリアは困難です。

上記の問いにあるような「一度審査に落ちたら他の金融機関での審査もクリアできない」といった口コミは、申し込みブラックに陥らないための警告とりかいすればいいのかもしれません。

なお、カードローンの審査を一度クリアできなくても他の金融機関で審査を受けることができますが、審査基準次第とはいえ同じ結果になる可能性もあります。

審査をクリアできなかった時は次の申込をすることではなく、審査をクリアできなかった原因を知り、その改善に取り組むことが次へのステップです。

また、その取り組みをしている期間(6か月以上空ければ大丈夫です。)に新たな申込をしなければ、申し込みブラックを心配することもありません。

短期間で3社以上申し込んで申し込みブラック、申し込み多発になってしまうと?

カードローン申込は、審査結果に関係なく信用情報機関のデータベースに登録されます。

無駄で無理な申込は、申し込み多発として信用情報機関に登録され、それがさらに審査落ちの原因になります。

カードローン、消費者金融で2社審査に落ちたら借金する以外の方法で金策を考えた方がいいです。

それ以上借金する方法を探せば、クレジットカード現金化とか、闇金で借りるしか方法がなくなってしまいます。

闇金で借りれば、その後は最悪な事にしかなりません。

2社審査落ちになったら、借金する事をあきらめる、それが最善の行動です。
銀行系カードローンの審査をクリアできない人の共通点を列挙して紹介しましょう。

  1. 返済能力を超える可能性があるかすでに超えている。
  2. 銀行系カードローンにおいても、貸付限度額については総量規制に準じた運用を行っています。ですから、現在年収の3分の1に近いか超える借金があると、銀行系カードローンでも新たな貸付をしてくれません。

  3. 借入限度額の希望が高すぎる。
  4. 自分の年収と借入金の返済月額を考慮して借入希望額を申請しないと、金銭感覚に問題があるとして審査で落とされてしまいます。

  5. 申込書に虚偽の申告がある。
  6. 他社借入件数や金額、年収などの虚偽の申告が多いようです。虚偽は審査の段階でバレるだけではなく、発見された時点で申込は取り下げられます。

  7. 信用情報に問題がある。
  8. ・ブラックリストに載っている:これまでのローンの利用履歴に延滞や滞納の記録があると、金融事故として個人信用情報機関に登録されています。一般に「ブラックリストに載っている」と言いますが、その場合は審査をクリアするのは困難です。

  9. 申込者がスーパーホワイトである
  10. スーパーホワイトとは、個人信用情報機関に全く記録がないことを言います。30代を超えてからのスーパーホワイトは、過去に債務整理や自己破産をしているのではないかと疑われ、審査をクリアできないことがあります。

銀行系カードローン審査をクリアできない人の共通点

審査に落ちたら?審査に落ちた後はこうすればいい!最善の対処方法 まとめ

  • 審査をクリアできなかったカードローンへの再申込は可能です。ただし、審査項目が前回申込の状態と変化がないのであれば、審査落ちになります。
  • 問題のあると思われる審査項目を改善してから申し込めば、審査をクリアして借入できる可能性があります。
  • ですが、審査に落ちたら、リベンジは考えずに他のカードローンに申し込むのがいい
  • 申し込みブラックに注意。次々と新たなカードローンを申し込んでいると、「申し込みブラック」になる。
  • 審査をクリアできなかった時は原因を知りその改善に取り組むことが次へのステップ
  • 一つのカードローンの審査を落ちても、他の全てのカードローンの審査も落ちるとは限らない。

記事を書いているのは?

楽に借金返済
貸金業務取扱主任者 3級 ファイナンシャル・プランニング技能士。元貸金業者で働いていた経験と、自身も長年借金をしている経験を併せ持つ。 借金道を10年運営。借金コラムを2000枚以上執筆。 借金アドバイザーとして、WEB上での借金相談を1,000件以上行っている。
運営者情報
借金アドバイザー シロウ
お問い合わせ

コメントを残す

元金融マンが語る完済の鉄則 -目次-

  1. 借金道の想い
  2. 借金の悩みは語られない
  3. 自分の借金を把握する
  4. シロウの返済理論
  5. 家計簿をつければ効果的に返済できる
  6. 繰上返済で借金を減らす方法
  7. 繰上げ返済時に振込手数料を無料にする方法
  8. 借金してても楽しいことあるさっ
  9. 借金返済の生活
  10. 借金返済の生活 その2
  11. 借金が増えていっている人へ
  12. ストイック(=禁欲的)に
  13. 何のタメに働くのか
  14. 完済の向こう側
  15. 行動
サブコンテンツ

低利化で借金は楽になります!

即日融資に関するマンガ - 1コマ目 利息減らせないかなぁ。- 2コマ目 シロウ絵 そんな時は低金利カードローンです!。 - 3コマ目 なるほど!やってみる - 4コマ目 やった、低利化で楽になったぞ!


  • 審査に落ちたらこうすればいい!最善の対処方法