審査に落ちないようにする方法

どもです!シロウ@借金研究家/ Twitterです。

審査に落ちないようにするには?

アコムやプロミスなどの消費者金融、バンクイックなどのカードローンで借金するためには、審査をクリアしなければなりません。

では、どうすれば「審査落ち」することなく、借金する事ができるのでしょう。

このページでは審査に落ちないようにするには?をテーマに、次の3つをお話します。
・借金の「審査」と「審査落ち」について
・審査に落ちるの理由は?
・審査落ちの理由別対策を教えて!

アコム、プロミス等で借金の申し込みをした際の「審査」と「審査落ち」について

借金する時の「審査」とは、それぞれのカードローンや消費者金融が独自に設定した基準に基づいて、申込者に貸付を実施するかどうかを決定する手続をいいます。

審査では、申告された属性情報と信用情報機関から得る信用情報などをもとに申込者の「返済能力」と「信用度」を点数化するのです。

この点数が基準を超えていれば貸付が実行され、点数が基準を下回っていれば貸付は実行されません。

この点数が基準を下回って審査をクリアできないことを、「審査落ち」と言います。

借金の審査の流れと審査される項目などについてはすでにご存じとは思いますが、改めて紹介しておきます。

  1. 審査の段階と審査内容
  2. 審査は、一般的には2段階で次のような内容で行われます。
    ・仮審査:信用情報と属性情報の確認(スコアリングによる審査)
    ・本審査:在籍確認(本人確認を含む)と収入証明書類などの確認

  3. 仮審査の基準
  4. ・信用情報:信用情報機関に照会し、延滞や自己破産などの金融事故の有無や他社借入状況を確認します。もしブラック情報が登録されていると、それだけで審査落ちです。
    ・属性情報:申込の際に申告した年収や勤続年数などが「属性情報」です。
    属性情報は、独自に設定した基準に基づいて、コンピュータで自動的に点数化されます(「スコアリング」と呼ばれる)。

  5. 本審査の基準
  6. ・本人確認:本人確認書類の提出で実施されるのが一般的です。また、在籍確認の際に行われることもあります。
    ・在籍確認:会社の存在やそこからの収入の有無を確認するため、原則として勤務先への電話連絡で実施されます。
    なお、勤務先が土日休業などのやむを得ないケースでは、書類による在籍確認も採用されています。

借金の審査が通りやすくなる方法

融資希望額を少なくする

基本的に借りようとする金額が多くなればなる程、審査は難かしくなります。カードローン会社も消費者金融も、貸し倒れになったらその分損害だからです。

もし貸すお金が5万円とか10万円とか比較的小さければ、借金の審査は当然通りやすくなります。

はじめは限度額が低くても、ちゃんと返していれば後で増額してもらえる

借り入れ限度額は申込時に決まった金額だけではなく、あとで変えてもらえます。

限度額がいつあがるかは、その消費者金融会社、カードローンによりますが、だいたい半年位過ぎると向こうから限度額アップ可能の連絡があったりします。

もちろん、半年経って、それでも限度枠を増額して欲しい場合には自分から消費者金融会社、カードローン会社に連絡してもいいでしょう。

私自身、アコムで最初30万の限度枠だったのが、130万まで増枠してもらった事があります。その時は電話連絡でアコムの方から申し出があり、そこで私は
「金利も落としてもらえるなら借りますよ」と交渉して他社の借り入れもまとめました。

この私の体験から言っても、アコムは作っておいて損はないと思います。むしろ、30日間無利息があって、さらに3秒診断もあるのでオススメな位です。
消費者金融アコムについて| 借金道

今から初めて借りるっていうのでしたら、三菱UFJ銀行カードローンの方が金利が安くてオススメですが。
三菱UFJ銀行 | 借金道

審査に落とされた事がある人は、まずはじめに融資希望額を少なくして、消費者金融に申し込むと審査は当然通りやすくなります。

審査に通り易いかどうかと金利は当然関係があります。

金利が高ければ(50万円の場合、法定金利の上限は18%になります)、貸す方はたくさん利息を取れるので、当然リスクを冒してでも上限金利の18%50万円で貸したいと考えます。消費者金融が最も利益が上がる貸し方は、ある程度の信用がある人に対して、50万を18%で貸すことです。

逆に考えれば借りる方からすれば、50万円借りるなら(どうせ初回は上限金利での貸し出しになる事が多いので)上限金利の安い銀行カードローンに申し込むのが一番安く借りる方法、という事になります。

たとえば、消費者金融アコムの金利は18%です。それに対して三菱UFJ銀行カードローンの場合は、審査にさえうかれば金利は必ず14.6%以下になります。
消費者金融は損!低金利で借りた方が得ですよ!

参考記事:借金の審査が通りやすくなる方法

アコムやプロミスに申し込んでも審査落ちになる理由は?

審査落ちの主な理由は「年収や勤続年数」、と思っている人が多いようですが、それは誤解と言えます。

年収や勤続年数のスコアリングの点数は、それが極端に低い場合は「審査落ち」するケースがあるようですが、主に借入限度額の設定に使われるのです。

ですから、年収や勤続年数にいくつか点数の低い項目があっても、そのことが理由で審査落ちすることはありません。

では、年収や勤続年数のポイントが極端に低い場合以外に、どのような審査落ちの理由があるのでしょう。

以下、主な理由を列挙して解説します。

  1. 申込書に誤りや申告内容に虚偽記載があった場合
  2. 審査をクリアするために実際と異なることを申込書に記載したり、単純なミスで誤った情報を記載したりしただけでも、審査落ちしてしまいます。特に年収や他社借入などに誤りや嘘の記載があると、確実に審査落ちです。

  3. 信用情報機関の記録にブラック情報が登録されていた場合
  4. 信用情報機関に登録されるブラック情報は延滞・自己破産などの金融事故で、登録機関は5~10年です。この情報が残っている期間は、あらたな審査を受けてもクリアできません。

  5. 在籍確認がとれなかった場合
  6. 在籍確認の際に本人が電話口に出られなくても、申込者が勤務先に雇用されておりそこから安定した収入を得ていることが分かればいいのです。

    しかし、近年は、個人情報保護を理由に勤務しているかどうかさえ回答しない会社や、アルバイトなどの引き抜き防止のために個人宛の電話には「そうした者は務めておりません」と答える職場が少なくありません。

    こうした在籍確認をとれない可能性がある申込者は、事前に相談しておかないと、審査落ちしてしまいます。

    返済比率が30%を超えると審査をクリアすることは厳しく、40%を超えるとほぼ審査をクリアできない。

    審査落ちの理由は返済能力不足という理由が多い

  7. 「申込ブラック」状態の場合
  8. 短期間(1~6カ月)の間に複数(目安として3社以上)のローン申し込みを行うことで、自らが審査のクリアを困難にしているのが、「申込ブラック」状態です。

    カードローンの申込をすると、審査結果に関係なく申込履歴が信用情報機関に登録されます。

    信用情報機関への照会でこの情報を把握したカードローン提供会社は、短期間に複数のカードローンに申し込んだ情報をマイナス情報として受け止めるのです。

    申込者は生活に逼迫している・返済能力が低いと見なされるので、審査に不利になるのです。

    審査に通らないならコレが原因です!信用情報機関=ブラックリスト

  9. 借入希望額が高すぎた場合
  10. 消費者金融系カードローンを申し込む場合の借入希望額は、その借入額を合算して年収の3分の1を超える額の申込は不可能です。

    貸金業法の適用されるカードローンでは、総量規制を超える借入が認められることはありません。
    借入希望が高額過ぎると修正するよう連絡を入れるカードローン提供会社はありますが、一般的には審査落ちで処理されます。

アコム、プロミス等で借金の申し込みをした際、審査落ちになる!対策を教えて!

『カードローン「審査落ち」の理由は?』で紹介した理由別の対策をお話します。
なお、審査落ち対策は、以下にさらにまとめてますので確認してください。
審査 | 借金道

  • 申込書への誤記入(入力)や虚偽記載の対策
  • ・金額や数字を記入(入力)する際に必要な書類などをそろえる(源泉徴収票・他社契約書など)。
    ・申込書に記入(入力)する前に、別用紙に書き出す。
    ・読み直しや再計算などで誤字脱字や計算ミスなどを修正してから申込書に記入(入力)する。
    ・誤字脱字や変換ミスを点検して送付(送信)する。
    ・虚偽記載は100%バレることを肝に銘じて申込書を作成する。

  • 信用情報機関の記録にブラック情報が登録されていた場合の対策
  • ・過去に事故経験のある人は、信用情報機関に情報公開を申し出て、記録が抹消されているかどうかを確認する。
    ・抹消されていても、社内ブラックになっている可能性があるので、同じ金融機関や保証会社を避ける。
    ・ブラックリストに載るような事故を起こさない以外に方法はありません。

  • 在籍確認がとれない可能性がある場合の対策
  • ・カードローン提供会社によって異なりますから、相談窓口やコールセンターなどへの相談が必要です。

  • 「申込ブラック」状態の対策
  • ・対策としては、一般的には6カ月の期間を空ける事です。

  • 借入希望額が多すぎることの対策
  • 30万円しか借りれない状態の人が300万借りたいという申し込みをしていると理由を聞かれ、その理由が多重債務につながりそうな場合だと敬遠されるか、もしくは限度額を30万にされる可能性があります。

    対策としては、自分で妥当なラインを考えて申込する事です。

    具体的には年収の3分の1以下の借入限度額で申し込むといった方法があります。
    他にも方法としては、
    ・申込書を作成する前に、いくらまで借入可能かを計算する。
    ・銀行系カードローンであれば法的には問題ないものの、総量規制を超える貸付は自主規制する動きがあります。
    といった方法があります。

    アコム、プロミス等で借金の申し込みをした際に審査に落ちないようにするには?;まとめ

    借金の「審査」と「審査落ち」について
    ・カードローンの「審査」とは、それぞれのカードローン提供会社が独自に設定した基準に基づいて、申込者に貸付を実施するかどうかを決定する手続を言う。
    ・審査では、申告された属性情報と信用情報機関から得る信用情報などをもとに、申込者の「返済能力」と「信用度」
    を点数化する。
    ・この点数が基準を下回っていることで審査をクリアできないことを、「審査落ち」と言う。

    アコム、プロミスで借金の申し込みをしても審査落ちになる理由は?

    ・属性情報にいくつか点数の低い項目があることを理由に、審査落ちすることはほとんどない。
    ・属性情報のポイントが極端に低い場合以外に、次のような審査落ち理由がある。

    1. 申込書に誤りや虚偽記載があった場合
    2. ブラック情報が登録されていた場合
    3. 在籍確認がとれなかった場合

    アコム、プロミス等で借金の申し込みをした際 審査落ち理由、対策を教えて!

    手っ取り早いのはスマフォ、PCでできるお試し診断を使っていくらなら審査に通りそうなのかを調べてみる事です。

    詳細は、以下を参照して下さい。

    無料で信用情報に履歴を残さずできる!消費者金融アコムの3秒診断の使い方

    記事を書いているのは?

    楽に借金返済
    貸金業務取扱主任者 3級 ファイナンシャル・プランニング技能士。元貸金業者で働いていた経験と、自身も長年借金をしている経験を併せ持つ。 借金道を10年運営。借金コラムを2000枚以上執筆。 借金アドバイザーとして、WEB上での借金相談を1,000件以上行っている。
    運営者情報
    借金アドバイザー シロウ
    お問い合わせ

    コメントを残す

    元金融マンが語る完済の鉄則 -目次-

    1. 借金道の想い
    2. 借金の悩みは語られない
    3. 自分の借金を把握する
    4. シロウの返済理論
    5. 家計簿をつければ効果的に返済できる
    6. 繰上返済で借金を減らす方法
    7. 繰上げ返済時に振込手数料を無料にする方法
    8. 借金してても楽しいことあるさっ
    9. 借金返済の生活
    10. 借金返済の生活 その2
    11. 借金が増えていっている人へ
    12. ストイック(=禁欲的)に
    13. 何のタメに働くのか
    14. 完済の向こう側
    15. 行動
    サブコンテンツ

    低利化で借金は楽になります!

    即日融資に関するマンガ - 1コマ目 利息減らせないかなぁ。- 2コマ目 シロウ絵 そんな時は低金利カードローンです!。 - 3コマ目 なるほど!やってみる - 4コマ目 やった、低利化で楽になったぞ!


    • 審査に落ちないようにする方法