借金発覚!それ以上借金をさせないようにする方法

旦那さんの借金を見つけた!そんな時どうすればいいでしょうか?

具体的には、それ以上旦那さんが借金できないようにする事ができます。

それは家族が貸付自粛制度を使う事です。

詳しくは後述します。

まず、家族が旦那さんに対して、強制的に借金させなくする方法は存在します。安心して下さい。

それをわかった上で、最初に、家族として旦那さんにどう対応するか、というお話をまず目を通して下さい。

このコンテンツの製作者の私は、借金道というこのサイトを14年やっていて、のべ2000人以上の借金相談をサイト上で行ってきました。そこで得た対処法をお話しします。

旦那さんから借金を打ち明けられ、主婦であるあなたに借金の肩代わりをお願いされた場合

以前、このシチュエーションで、借金相談掲示板に相談をいただいた事があります。

その時の回答から少し抜粋します。

掲示板の借金相談内容は以下の通りです。
お気軽借金相談掲示板  過去借金相談 79

旦那さんから借金を打ち明けられ、主婦であるあなたに借金の肩代わりをお願いされた場合、すぐには貸さないで代わりに弁護士事務所まで一緒に来てもらい、旦那さん自身と弁護士さんとの2者でどうするのかを話しあってもらい仮にその結果が自己破産しか方法がないという事でしたら、例え借金の金額が100万の借り入れでも自己破産手続きをやってもらうのも手だと思います。

このように、夫婦間でお金を無心された場合、何か条件をつけて、借金問題を解決する為の行動を相手方にさせるのがいいです。

で、無心された時は、相手は言う事に耳を傾けるものです。

そういうチャンスは滅多に来ません。

夫婦っていうのは一連託生の関係ですから、自分の経済問題にも大きく関わってきます。そんな機会が来たら、すんなりとお金を貸して肩代わりしないで、何か条件をつける事をお勧めします。

旦那さんの借金の存在を見つけた直後の対応が大事です。

旦那さん本人は、今まで隠れて借金をしてきたのは、家族であるあなたに対して、後ろめたい気持ちを持っていたからです。

借金の存在がわかったらすぐに責めるのではなく、まず味方だという事を伝え、どうやったら問題を解決できるのかを一緒に考えようというスタンスで接するのがベストです。

債務者の借金の増加を家族が停止できるか?

この質問に対しては、「現時点では、消費者金融関やクレジット会社からの借金に関しては、貸付自粛制度を利用することで停止可能です」というのが答えです。

「現時点では」としているのは、今年1月から銀行系カードローンでも「貸付自粛制度」を導入することが昨年9月に明らかになっていることに因ります。

銀行の貸付自粛制度についてはまだ詳細が分からないことから、このサイトでは、従来の貸付自粛制度に基づいて解説します。

そもそも「貸付自粛制度」とは、本人がこれ以上消費者金融会社やクレジット会社から借入をしないように申告する制度です。

つまり、本人が多重債務者になることや過剰貸付で家庭の崩壊を招かないよう、今後の貸付を自粛してほしい旨を「情報センター」に登録し、 貸金業者などに貸付の自粛を求める制度といえます。

貸付の自粛を求められるのは、「本人」「配偶者または二親等内の親族」「三親等内の親族及び同居の親族」です。

制度に基づく「貸付自粛依頼」は、日本貸金業協会の各都道府県にある支部窓口に提出します。この依頼を受け付けた日本貸金業協会は、情報を該当する信用情報機関の(株)日本信用情報機構(消費者金融関係)と(株)シー・アイ・シー(クレジットカード関係)に伝えるのです。

2つの信用情報機関では、この貸付自粛の情報をデータベースに登録して5年間保管・管理し、会員に対しては無料で情報を提供します。このことで、会員においては登録車へのあらたな貸付を自粛するのです。

こうした貸付自粛制度は、銀行では導入されてきませんでした。

しかし、金融庁の指導や弁護士の指摘を受け、銀行系カードローンの審査においても自主規制昨の1つとして、貸付自粛制度が導入されることになったのです。

おそらく、貸付自粛制度の「情報センター」としては「(一社)全国銀行協会」で、信用情報機関は「全国銀行個人信用情報センター(JBA)」ということでしょう。

いずれにしても、銀行でも貸付自粛制度を導入することで、どの金融機関からの借金でも増加を家族が停止できるのですから、歓迎すべき自主規制といえるのではないでしょうか。

自身が借金できないようにする場合は、カードローン提供会社に直接連絡を入れれば、それ以上借金できなくする事ができます。
ですが、また借りたくなった時に貸し出し停止を解除する事も可能なので、実質的にはそこまで効果はありません。

しかし、貸出自粛登録をする事で借金を止めさせる事ができます。
妻(配偶者)や親、兄弟の借金をさせないようにしたい場合は、日本貸金業協会に貸出自粛登録を申告します。

銀行のカードローンでも利用可能なのが、「貸出自粛制度」です。

この制度は、ギャンブル好きで借金を繰り返す・認知症で借金のことを忘れる・多重債務を自覚できない、といった利用者の新規借入を停止できます。
貸出自粛制度とは、次のようなものです。

  • 貸出自粛登録を日本貸金業協会に申告する。
  • 申出は本人が前提だが、法定代理人や一定の要件を満たす自粛対象者の配偶者や親等内の親族なども可能
  • 貸出自粛登録は、登録手数料などは無料
  • 貸出自粛登録をすると個人信用情報機関に登録され、5年間はその情報が残る。
  • 申告後3カ月以内なら、申告を撤回することも可能
  • 貸出自粛登録をすると信用情報機関に貸出自粛登録したことが記載される。
  • 自粛対象者が借金を申し込んでも、信用情報機関に貸出自粛登録があるので審査をクリアできない。
  • 貸金業者にはヤミ金や個人信用情報を照会しないで違法業者もいるので、そこから貸付を受ける可能性はある。

自身が借金できないようにする場合のやり方

借金した本人が消費者金融やカードローンの運営会社に連絡をした時点で、何の問題もなくカードの利用を停止してくれます。
カードを止めることは解約することではありませんし、信用情報に傷が付くようなことでもありません。

しかし、どのような理由でカードローンの利用を止めるのかを質問されますので、正直に答えるようにしましょう。
金利が高いとか限度額が低いとかいった不満がある場合でも、それを正直に伝えればいいのです。

なお、あらためてカードローンを利用する場合には、電話で連絡すれば手続きをしてくれます。

借金に依存するような人の場合繰り返す可能性があります。

ただ、上記の貸し出し自粛依頼と共にこの方法も取っておく事で、次に借金する時の歯止めにはなると思います。

併用した方が、より借金をさせないようにする効果があると思います。

債務者の借金の増加を家族が停止できるか?まとめ

  • 貸付自粛制度とは、本人が多重債務者になることや過剰貸付で家庭の崩壊を招かないよう、今後の貸付を自粛してほしい旨を「情報センター」に登録し、 貸金業者などに貸付の自粛を求める制度
  • 今年1月から銀行系カードローンでも「貸付自粛制度」を導入することが昨年9月に明らかになっていること
  • 貸付の自粛を求められるのは、「本人」「配偶者または二親等内の親族」「三親等内の親族及び同居の親族」

発覚直後で相手が反省しているなら、時間を経過しないうちに約束を文書化できるといいです。
あと、心理的な抑制として誓約書を書いてもらうこと、旦那さん方の親に今回の事を言ってしまうという手段もあります。今回言わずとも次にまた借り入れをしてきたときには言うという項目を誓約書に書いてもらうのもありでしょう。

ここまでで、これ以上借金が増える可能性はかなりおさえられると思います。

旦那さんの借金の額を調べるには?

旦那さんの借金の額を調べるにはそもそも本人からの協力が必要です。
旦那さんの借金の額をどうやって調べ出すか、まず大前提としてあるのは、旦那さんが借金の存在を隠そうとしないで、開示手続きに協力する心づもりを持ってもらえるように仕向ける事です。

相手が自分でやる意思を引き出す必要があると思います。

信用情報機関に問い合わせる事で借金の全額(消費者金融系、銀行のカードローン系)を把握する事ができます。

旦那さんを説得する際には、「これは病気になった時に自分の病名を初診で調べるのも同じ事だから」という形で、ご主人を説得し、調べてもらってください。

背水の陣を引くつもりで、証明できなければ離婚もありうる事を話すのも手です。

借金の額を調べる具体的な手順

具体的なやり方についてはまず”日本信用情報機構やその他CIC”で検索をかけ、信用情報の請求の仕方をホームページで確認し、その手順で消費者系の借り入れがないかチェックしてみてください。両方とも郵送で開示請求が可能です。

旦那の借金の額を調べる

全体の借金の額を調べ上げて、それに対してどうしていくかを夫婦で決める、そして必要であれば債務整理の相談もしてみる事が大事です。

債務整理するなら?全国対応型法律事務所の料金比較
借金問題の相談は1日も早く、行動は1時間でも早くする方がいい

相談は無料ですし、依頼するにしても最安値のところを以下にまとめてあります。私自身妻が内緒にしていた借金を暴いた時に使った法律事務所なのですが、めっちゃ対応いいです。

気軽に無料利用で使ってみて下さい。悪い対応はされないと思います。

記事を書いているのは?

楽に借金返済
貸金業務取扱主任者 3級 ファイナンシャル・プランニング技能士。元貸金業者で働いていた経験と、自身も長年借金をしている経験を併せ持つ。 借金道を10年運営。借金コラムを2000枚以上執筆。 借金アドバイザーとして、WEB上での借金相談を1,000件以上行っている。
運営者情報
借金アドバイザー シロウ
お問い合わせ


債務整理費用の比較 ランキングTOP3

スクリーンショット-2016-03-23-13.43.21

おしなり法律事務所の相談の流れは電話、WEB、ファックス、メールで相談予約をし、実際に相談をします。
債務整理一つとっても任意整理や自己破産など様々な方法がありますから、法律家の視点から適切な方法を選んで導いてくれるのは利用者にとっては非常に心強い味方です。
貸金業者からの取り立ては即日ストップしてもらえ、分割払いににも対応可能で非常にオススメです。

評価
★★★★★
過払い報酬
20%
任意整理着手金
20,000円
自己破産
0円
個人再生
0円
スクリーンショット 2016-05-06 16.59.10

弁護士法人Salute法律事務所は、借金の相談は何度でも無料。
相談の受付は、24時間365日・全国対応です。
嬉しいことに、家族や会社には知られることなく解決できます。
また闇金にも強く得意としていて闇金に対応出来る法律事務所は数少ない為、貴重な法律事務所です。

評価
★★★★☆
過払い報酬
20%
任意整理着手金
49,800円
自己破産
500,000円
個人再生
500,000円

分割にも柔軟に対応してもらえ、過払い金が戻ってからすぐに報酬を支払う事が難しい人も気軽に利用出来ます。
実績があり、安心して手続きを任せる事ができます!

評価
★★★★☆
過払い報酬
20%
任意整理着手金
49,800円
自己破産
500,000円
個人再生
500,000円

コメントを残す

元金融マンが語る完済の鉄則 -目次-

  1. 借金道の想い
  2. 借金の悩みは語られない
  3. 自分の借金を把握する
  4. シロウの返済理論
  5. 家計簿をつければ効果的に返済できる
  6. 繰上返済で借金を減らす方法
  7. 繰上げ返済時に振込手数料を無料にする方法
  8. 借金してても楽しいことあるさっ
  9. 借金返済の生活
  10. 借金返済の生活 その2
  11. 借金が増えていっている人へ
  12. ストイック(=禁欲的)に
  13. 何のタメに働くのか
  14. 完済の向こう側
  15. 行動
サブコンテンツ

低利化で借金は楽になります!

即日融資に関するマンガ - 1コマ目 利息減らせないかなぁ。- 2コマ目 シロウ絵 そんな時は低金利カードローンです!。 - 3コマ目 なるほど!やってみる - 4コマ目 やった、低利化で楽になったぞ!


  • 借金発覚!それ以上借金をさせないようにする方法