江戸時代に学ぶお金の考え方

どもです!シロウ@借金研究家/ Twitterです。

現代にも通じるほど歴史上に名前を残している人物には、ケチな人が多いです。

siro

ドケチで有名なのが徳川家康。

「暴れん坊将軍」は徳川8代目将軍の徳川吉宗で、吉宗は幕府の超赤字財政を立て直した倹約家です。

家康と吉宗(暴れん坊将軍)は、具体的に知らなくても名前だけは誰でも知っていると思います。

徳川家康は誰でも知っている有名な人ですよね。家康は1600年に関ヶ原の戦いで勝利し江戸幕府を開きました。

豊臣秀吉亡き後の豊臣家を滅ぼし天下を取ると、家康が作った江戸幕府はその後260年も続きます。

当時は洗濯機や下着を毎日洗濯する習慣などなく汚れたら洗う感覚だったようです。
ちなみに現代のクリーニング屋のような、下着(フンドシ)洗濯の代行屋がいました。

ケチな家康は、汚れが目立たないように白ではなく薄黄色のフンドシをはいて、洗濯代をケチっていたと言います。

薬の調合が趣味で長生きにこだわり、江戸幕府の偉い代表(征夷大将軍)でありながら、健康のために食事はゼイタクせず質素にしていました。

暴れん坊将軍吉宗は、火の車状態の幕府の財政を立て直すために、大奥の大幅なリストラを決行したり、家臣たちに倹約させたりと努力した人です。

何かを人に強制するためにはまず自分から。吉宗は自分が率先して将軍みずから倹約・節約し、今で言うところの税金の無駄遣いを徹底的にカットした素晴らしい人です。

江戸幕府は260年、15代目まで続き15人の将軍がいました。

家康の息子である2代目の秀忠や、大奥が出来た年代の家光、幕末の最後の将慶喜などは少し歴史が好きな人なら分かるのかもしれませんが。

しかし家康と吉宗はともかく、他の将軍たちの名前は一般的にあまり有名ではありませんよね。

このように後世で有名な将軍はいずれも、ケチや倹約でお金を使わない努力をしているパターンが非常に多いのです。

お金がある時(家康)はケチになって貯金し、借金で大赤字の時(吉宗)は倹約を頑張り苦しいピンチを乗り切った根性。

江戸幕府の有名人から学ぶお金との良い付き合い方だと思います。

今は苦しい時代。
立派になるにはリアルな倹約に意欲を燃やす時です。

歴史を変えるような偉人の影でたくさんの倹約家がいたはずです。

家計の運営もお家の運営も、基本、収入を増やすか、支出を減らすかしかないわけですからね。

石高を画期的に増やす事が難かしかった時代、お金を使わない努力というのもまた、立派な行動だったと思います。

倹約、節約を恥ずかしい事、ミジメな事だと思わずに、大事な事をしているのだと考えてはいかがでしょうか。

関連記事:借金道: 中国の英雄 関羽に見る借金ある人の戦い方

記事を書いているのは?

楽に借金返済
貸金業務取扱主任者 3級 ファイナンシャル・プランニング技能士。元貸金業者で働いていた経験と、自身も長年借金をしている経験を併せ持つ。 借金道を10年運営。借金コラムを2000枚以上執筆。 借金アドバイザーとして、WEB上での借金相談を1,000件以上行っている。
運営者情報
借金アドバイザー シロウ
お問い合わせ

コメントを残す

元金融マンが語る完済の鉄則 -目次-

  1. 借金道の想い
  2. 借金の悩みは語られない
  3. 自分の借金を把握する
  4. シロウの返済理論
  5. 家計簿をつければ効果的に返済できる
  6. 繰上返済で借金を減らす方法
  7. 繰上げ返済時に振込手数料を無料にする方法
  8. 借金してても楽しいことあるさっ
  9. 借金返済の生活
  10. 借金返済の生活 その2
  11. 借金が増えていっている人へ
  12. ストイック(=禁欲的)に
  13. 何のタメに働くのか
  14. 完済の向こう側
  15. 行動
サブコンテンツ

低利化で借金は楽になります!

即日融資に関するマンガ - 1コマ目 利息減らせないかなぁ。- 2コマ目 シロウ絵 そんな時は低金利カードローンです!。 - 3コマ目 なるほど!やってみる - 4コマ目 やった、低利化で楽になったぞ!


  • 江戸時代に学ぶお金の考え方