派遣社員の在籍確認で注意しなければならない事とは

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

派遣社員がカードローンを申し込む場合にはコツがあります。

派遣社員とカードローン

このページでは「派遣社員とカードローン」に関し、特に、派遣社員の方には「常識として知っておいてほしい情報」を提供します。
このページを見ると以下の知識が身に付きます。

  • 派遣社員でもカードローンを借りられるか?
  • 派遣社員の在籍確認で注意しなければならないことは?
  • 派遣社員のカードローンの申込みで注意しておきたいことは?

派遣社員でもカードローンを借りられるか?

カードローンの基本的な申込条件は2つで、「年齢」と「収入」です。

具体的には年齢が満20歳以上であることと安定した収入があることで、この条件を満たしていれば申し込めます。

このことから、質問に対しては「派遣社員でもカードローンを借りられます」、と言うのが答えです。

もっとも、審査をクリアすることが条件であることを忘れないでください。

収入に関しての「安定した」というのは、収入の多さを言っているのではありません。

収入は多い方が審査では有利であることは事実ですが、正規社員に匹敵するような額の収入が求められているのではないのです。

毎月確実に返済できるだけの収入であれば、「安定した」と見なされます。

こうした収入の額よりも重視されるのが、毎月定期的に、といった「安定した」サイクルで収入を得ているかどうかとい言う点です。

つまり、少ない収入であっても。返済できるだけの収入を毎月定期的に得ていることが重要なのです。

なお、ネット上に「派遣に登録しているだけでも、カードローンを借りられる」といった情報が紹介されていますが、これは明らかに誤りです。

消費者金融系カードローンの場合は、貸金業法で無収入者に対する貸付は禁止されていますから、登録しただけで収入のない状況では申込条件を満たしません。

また、無収入者に貸付をしても法的には問題のない銀行系カードローンでも、現実には無収入の派遣職員に貸付をしてくれるようなことはありません。

このように、満20歳以上の派遣社員で毎月安定した収入があればカードローンに申し込め、審査をクリアすればカードローンを借りられるのです。

派遣社員の在籍確認で注意しなければならないことは?

カードローンの審査においては、派遣社員の在籍確認は正規社員などと同様なパターンで行われます。

つまり、派遣社員の在籍確認も、原則として「勤務先への電話」によって行われるのです。

そのため、派遣社員がカードローンの利用を申し込む際には、在籍確認に関連していくつか注意しなければならないことがありますので、このサイトではそれに関して情報提供します。

1つ目は、申込書の「勤務先」には派遣会社(派遣元)を記載すること。

派遣社員にとっての「勤務先」とは文字どおり受け止めれば「派遣先」と判断してしまいますが、正しくは「派遣会社(派遣元)」を指します。

つまり、派遣社員の勤務先は労働を提供している派遣先ではなく、雇用主であり給料の受給先である派遣元なのです。

従って、派遣社員の場合、申込書の勤務先の欄には「派遣先」ではなく「派遣会社」を記載するのが一般的です。

2つ目は、派遣会社における個人情報の取扱い方針を確認しておくこと。

勤務先に派遣会社を記載すると、当然のことながら在籍確認の電話は個人名で派遣会社にかかってきます。

ところが派遣会社のような登録者がその場で実際には勤務していない会社では、個人情報保護法を理由に、在籍しているかどうかさえ答えてくれない場合があります。

これでは在籍確認ができないばかりか、カードローン提供会社によっては申込みを取下げ扱いされる可能性があるのです。

こうしたトラブルを避けるためには、登録している派遣会社が派遣社員の個人情報をどのように扱うかを確認しておく必要があります。

派遣会社のなかには、電話での対応はしないが在籍証明書なら発行する、といったケースもあるようです。

しかし、ある派遣社員が在籍しているかどうかさえ答えないということであれば、申込の前にカードローン提供会社の担当者に連絡を入れ、在籍確認方法について相談をしなければなりません。

カードローン提供会社の担当者は、「派遣会社への電話ではなく、給与明細などの書類による在籍確認をする」「派遣先に電話による在籍確認をする」といった方法を必ず提案してくれます。

カードローン提供会社と相談して決定した方法で在籍確認を受けることで、審査はスムーズにすすむのです。

派遣社員のカードローンの申込みで注意しておきたいことは?

カードローンの申込みをする際に注意しなければならないことについては、ネット上にさまざまな事項が紹介されています。

カードローンの場合、申込者の雇用形態(正規社員・派遣職員・パートタイマーなど)によって審査項目や審査基準が異なるといったことは、原則としてありません。

ですから、ネット上に紹介されているようなカードローン申込みの際に注意しなければならないことは、派遣社員にも当てはまります。
そこでこのサイトでは、特に派遣社員がカードローンを申し込む際に注意しておきたいことを、3つに絞って情報提供します。

1つ目は「在籍確認」です。

派遣社員が申込書を作成する段階で十分注意しなければならないのは、「勤務先」の欄には「派遣会社(派遣元)」
を記入(入力)することです。
一般的に在籍確認は本人確認もかねて行われることから、申込者の勤務先に申込者につながるように電話が入ります。

派遣社員の実際の勤務先は「派遣先」ですから、派遣先を勤務先と誤解しやすいのですが、正しいのは派遣元であることを忘れないでください。
なお、派遣元のなかには個人への電話の対応を拒否したり個人が勤務しているかどうかの答えも断わるケースがあります。

そうした派遣会社に登録している派遣社員は、申込の時点でカードローン提供会社の担当者に事情を説明し、在籍確認の方法についてと相談をしなければなりません。

2つ目は「勤続年数」です。

カードローンの審査をクリアするためには「勤続年数」が1年以上であることが必要である、と一般的には言われています。

ところが派遣社員の場合は、契約期間や派遣会社の都合で勤務先が短期間になることのほうが多くなります。

そのことで審査のクリアがむずかしくなるかと言えば、次の2つの理由からその心配はありません。

・在籍確認の場合と同様、派遣社員の勤務先は「派遣先」ではなく「派遣元」ですから、派遣社員として登録後継続して仕事に就いている期間を勤続年数として申告できる。

・カードローン提供会社は派遣社員が契約期間や派遣会社の都合で勤務先が短期間になることを知っているので、勤続年数がたとえ1年未満でもあまり審査に影響しない。

派遣社員として継続して仕事に就いているのであれば、勤続年数のことを心配する必要はありません。

3つ目は「借入限度額」です。

審査をクリアしても、借りられる金額は商品説明書に記載されている借入限度額の最低額であると考えておくべきですし、その額で申し込むべきです。これは、正規社員以外の雇用形態の申込者に共通した注意点です。

カードローンの借入限度額は、特に初回申込の場合、近年は特別に信用度や返済能力が高いとの審査結果が出ない限り、雇用形態によって決まる傾向が強くなっているのです。

派遣社員とカードローン:まとめ

派遣社員でもカードローンを借りられるか?

  • カードローンの基本的な申込条件は2つで、「年齢」と「収入」
  • 年齢が満20歳以上で安定した収入があれば、派遣社員でもカードローンを借りられます。
  • ネット上に「派遣に登録しているだけでも借りられる」との情報が紹介されているが、これは誤り。
  • 収入は、額よりも返済できるだけの収入を毎月定期的に得ていることが重要

派遣社員の在籍確認で注意しなければならないことは?

・申込書の「勤務先」には派遣会社(派遣元)を記入(入力)すること。
・派遣会社における個人情報の取扱い方針を確認し、状況によってはカードローン提供会社の担当者に在籍確認方法について相談すること。
・カードローン提供会社の担当者は、「派遣会社への電話ではなく、給与明細などの書類による在籍確認をする」「派遣先に電話による在籍確認をする」といった方法を必ず提案してくれる。

派遣社員のカードローンの申込みで注意しておきたいことは?

・カードローンの場合、申込者の雇用形態によって審査項目や審査基準が異なるといったことは原則としてないが、注意しておきたいことは次の3点である。
①「在籍確認」:派遣社員は、「勤務先」の欄には派遣元(派遣会社)を記入するのが基本。そのことで在籍確認の電話は、派遣元にかかる。
②「勤続年数」:審査をクリアするためには勤続年数が1年以上であることが必要と言われているが、派遣社員の場合は1年未満でもあまり審査に影響しない。
③「借入限度額」:近年は、借入限度額は雇用形態によって決まる傾向が強いので、審査をクリアして借りられる金額は、商品説明書に記載されている借入限度額の最低額と覚悟しておくこと。

記事を書いているのは?

楽に借金返済
貸金業務取扱主任者 3級 ファイナンシャル・プランニング技能士。元貸金業者で働いていた経験と、自身も長年借金をしている経験を併せ持つ。 借金道を10年運営。借金コラムを2000枚以上執筆。 借金アドバイザーとして、WEB上での借金相談を1,000件以上行っている。
運営者情報
借金アドバイザー シロウ
お問い合わせ

おすすめ!無料相談シュミレーター

いきなり弁護士に依頼するのはちょっと…、とりあえず話だけでも聞いてみたい、という方におすすめなのが「街角法律相談所」です。
無料で匿名のまま入力できるシミュレーターを使って、借金の減額可能額や減額方法、依頼すべき弁護士事務所を表示させる事ができます。

診断後はそのまま表示されている弁護士事務所に依頼する事もできます。

メールや電話での悩み相談を無料で受けつけていますので、債務整理が気になる方はまず一度街角法律相談所を利用してみるといいですね。

ベストな借金!ランキングTOP3

TVCMでもおなじみの銀行系カードローン『バンクイック』消費者金融系のカードローンに劣らない充実のサービス!! おすすめポイント ・1.8%~14.6%の低金利 ・最高500万円までご融資 ・24時間365日、夜間でも融資可能

年率
1.8%~14.6%
限度額
500万
審査時間
-
保証人
不要
職場連絡
あり
申込資格
あり
返済システム
引落し/振込
来店必要の有無
co_img_new_promisesticker

30日間無利息無利息!! ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。 女性には、女性専用のオペレーターが案内してくれます。 パートやアルバイトでも安定収入があれば借り入れ可能。 また、50万円以下なら収入証明書不要と、初めての方も安心して利用できるシステムは魅力的です。

年率
4.5%〜17.8%
限度額
500万
審査時間
最短即日
保証人
不要
職場連絡
あり
申込資格
あり
返済システム
PC/ATM/振込/コンビニ
来店必要の有無

モビットの場合すぐに融資可能か教えてもらえ、審査に通れば即日融資!(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。) また電話連絡、郵送物無しなので他の人に知られず借りれます。

年率
3.0%〜18.0%
限度額
800万
審査時間
10秒簡易審査
保証人
不要
職場連絡
無し
申込資格
無し
返済システム
ATM/引落し
来店必要の有無

コメントを残す

元金融マンが語る完済の鉄則 -目次-

  1. 借金道の想い
  2. 借金の悩みは語られない
  3. 自分の借金を把握する
  4. シロウの返済理論
  5. 家計簿をつければ効果的に返済できる
  6. 繰上返済で借金を減らす方法
  7. 繰上げ返済時に振込手数料を無料にする方法
  8. 借金してても楽しいことあるさっ
  9. 借金返済の生活
  10. 借金返済の生活 その2
  11. 借金が増えていっている人へ
  12. ストイック(=禁欲的)に
  13. 何のタメに働くのか
  14. 完済の向こう側
  15. 行動
サブコンテンツ
  • 派遣社員の在籍確認で注意しなければならない事とは