表で解説!銀行系カードローンと消費者金融の違い

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

かつてカードローン(借金)といえば、消費者金融が最も支持されてきました。

しかし、その座は、2013年度から銀行のカードローンが取って代わっています。

近年、金融庁が注目するほど圧倒的な支持を得ている銀行のカードローンについて、おさらいしてみましょう!

銀行系カードローンのメリット・デメリット

銀行がカードローン事業に本格参入して期間はまだ短いのですが、銀行系カードローンは急激に変化を遂げ、今では消費者系カードローンよりも多くの人から支持されるようになっています。

ここまで支持される銀行系カードローンですが、メリットもデメリットもあるのが実態です。

ここでは銀行系カードローンのメリットとデメリットを、列挙して情報提供します。

銀行系カードローンのメリット

  • 金利が低い:銀行カードローンの最大のメリットは、「金利の低さ」です。

    消費者金融系カードローンの平均的な金利は5~18%程度ですが、銀行系カードローンの平均的な金利は3~15%に設定されています。消費者金融と比較して約4%の金利差は、多くの借入希望者にとっては大きな魅力です。

  • 借入限度額が大きい:借入限度額は消費者金融系カードローンも銀行系カードローンも額が大きくなってきましたが、消費者金融系が300~500万円で銀行系が500~800万円といったところが平均的です。

    銀行系カードローンでは、1,000万円超が設定されているものもあります。

  • 総量規制の影響を受けない。:総量規制は「年収の3分の1を超える金額の貸付を禁止」するもので、消費者金融などの貸金業者だけに適用されます。

    従って銀行は、「年収の3分の1を超える金額の貸付」が可能です。

    言い換えれば、銀行系カードローンは無収入者に貸付しても違法ではありません。

  • 自動融資機能がある。:銀行系カードローンと消費者金融系カードローンの大きな違いの1つです。口座引落の際に、万が一口座残高不足していると自動的にカードローンから利用者の銀行口座へ融資が行われます。

銀行系カードローンのデメリット

  • 審査が厳しい。:審査基準は公開されていないのでネット情報ですが、「銀行系カードローンの審査は、消費者金融の審査よりも厳しい」と言われています。

    銀行系カードローンの審査は保証会社に委託されている消費者金融や信販会社が行っているのですから、審査基準に差があるというのは不思議な気がします。

    確かに、消費者金融系カードローンに比べて「審査通過率」は低いですし審査に時間がかかるといった実態があるので、審査が厳しいという印象を与えているのかもしれません。

  • 審査に時間がかかる。:消費者金融などのカードローンの審査などでは最短30分で済むことも多く、即日融資が可能な場合もあります。

    しかし、銀行のカードローンの審査は2~3日かかるのが一般的であることから、審査に時間がかかるというイメージがあります。

    しかし、最近では即日融資の可能な審査体制を整えている銀行カードローンも多く、昔ほど審査が長くてなかなか融資が受けられないということはありません。

  • ネット銀行のカードローンについて

    「インターネット銀行」とは「ネット銀行」とも呼ばれ、インターネット上に存在する銀行です。

    一般の銀行(従来の店舗型銀行)のような営業用の店舗は無く(最小限必要な事務センターとしての店舗だけを設置)、インターネットや通信端末を利用した取引を中心に行う銀行のことを指します。

    一般の銀行とネット銀行の違い

    ネット銀行は原則として店舗を持たない・預金通帳も発行しない・自前のATMが少なくといったことで、従来の店舗型銀行にくらべ店舗建設や人件費などのコストがかかりません。

    そのことで店舗型銀行よりも預金金利が高く、手数料は安いところが多いと言われています。

    ネット銀行の具体的な例としては、住信SBIネット銀行・大和ネクスト銀行・楽天銀行(旧イーバンク銀行)・じぶん銀行・ジャパンネット銀行(JNB)・ソニー銀行(ソニーバンク)などです。

    実はこれらのインターネット銀行からも、ローン商品としてカードローンが提供されています。

    ネット銀行のカードローンには一般的な銀行系カードローンとは異なる特徴がありますので、ここではインターネット銀行のカードローンの特徴を紹介します。

    • 1つ目は「大手銀行並みの高限度額と低金利が設定されていること」です。
    • ネット銀行の限度額や金利は、平均的には三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行といった大手銀行のそれに匹敵する高い限度額と低金利が設定されています。

      しかし、ネット銀行によって大きな差があるのが現実です。

    • 2つ目は「手数料が安いこと」です。
    • ネット銀行カードローンの大きな特徴の一つが、店舗がない代わり手数料無料で借入・返済に使える提携ATMが多いことが挙げられます。

      また、それらを無料で利用できるのです。

      なお、インターネット銀行カードローンの特長は、ATMを利用しなくても、ネットバンキングシステムを利用して借入・返済ができます。

    • 3つ目は「口座開設を必須条件にしている銀行が多いこと」です。
    • 口座は、カードローン契約先の銀行または契約先が指定する銀行のものであれば、問題ありません。この口座は大手銀行のカードローンの場合などと同様、返済を口座引落に利用されます。

    • 4つ目は「即日融資には向いていないこと」です。
    • ネット銀行のカードローンで即日融資を希望する場合は、「ローンカード(またはキャッシュカード)を発行しないカードレス契約」または「ローン専用カード発行前に振込融資がしてもらえる」ということが必要です。

      即日融資に対応をしているネット銀行を除けば、即日融資には向いていません。

    • 5つ目は「保証会社2社体制のネット銀行が多いこと」です。
    • インターネット銀行のカードローンでは、保証会社を2社に委託している銀行が多いようです。
      保証会社が2社の場合、一方の審査をクリアできないでも他の1社があらためて審査をしてくれます。ある意味2社のカードローンに同時に申し込んだような取扱いをしてくれるのです。このことで審査をクリアできる可能性が高くなるとも言えるでしょう。

    銀行系と消費者金融系のカードローンの違い

    銀行系カードローンと消費者金融系カードローンの違い

    銀行系カードローンのメリット・デメリット

    ①銀行系カードローンのメリット
    ・金利が低い。
    ・借入限度額が大きい。
    ・総量規制の影響を受けない。
    ・自動融資機能がある。
    ②銀行系カードローンのデメリット
    ・審査が厳しい。
    ・審査に時間がかかる。

    ネット銀行のカードローンについて

    ・インターネット銀行とは、一般の店舗型銀行)のような営業用の店舗は無く(最小限必要な事務センターとしての店舗だけを設置)、インターネットや通信端末を利用した取引を中心に行う銀行
    ・店舗建設や人件費などのコストがかからないので、店舗型銀行より預金金利が高く手数料は安いのが特長
    ・一般の銀行との違いは次表のとおり。

    銀行系と消費者金融系のカードローンの違い

    記事を書いているのは?

    楽に借金返済
    貸金業務取扱主任者 3級 ファイナンシャル・プランニング技能士。元貸金業者で働いていた経験と、自身も長年借金をしている経験を併せ持つ。 借金道を10年運営。借金コラムを2000枚以上執筆。 借金アドバイザーとして、WEB上での借金相談を1,000件以上行っている。
    運営者情報
    借金アドバイザー シロウ
    お問い合わせ

    おすすめ!無料相談シュミレーター

    いきなり弁護士に依頼するのはちょっと…、とりあえず話だけでも聞いてみたい、という方におすすめなのが「街角法律相談所」です。
    無料で匿名のまま入力できるシミュレーターを使って、借金の減額可能額や減額方法、依頼すべき弁護士事務所を表示させる事ができます。

    診断後はそのまま表示されている弁護士事務所に依頼する事もできます。

    メールや電話での悩み相談を無料で受けつけていますので、債務整理が気になる方はまず一度街角法律相談所を利用してみるといいですね。

    ベストな借金!ランキングTOP3

    TVCMでもおなじみの銀行系カードローン『バンクイック』消費者金融系のカードローンに劣らない充実のサービス!! おすすめポイント ・1.8%~14.6%の低金利 ・最高500万円までご融資 ・24時間365日、夜間でも融資可能

    年率
    1.8%~14.6%
    限度額
    500万
    審査時間
    -
    保証人
    不要
    職場連絡
    あり
    申込資格
    あり
    返済システム
    引落し/振込
    来店必要の有無
    co_img_new_promisesticker

    30日間無利息無利息!! ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。 女性には、女性専用のオペレーターが案内してくれます。 パートやアルバイトでも安定収入があれば借り入れ可能。 また、50万円以下なら収入証明書不要と、初めての方も安心して利用できるシステムは魅力的です。

    年率
    4.5%〜17.8%
    限度額
    500万
    審査時間
    最短即日
    保証人
    不要
    職場連絡
    あり
    申込資格
    あり
    返済システム
    PC/ATM/振込/コンビニ
    来店必要の有無

    モビットの場合すぐに融資可能か教えてもらえ、審査に通れば即日融資!(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。) また電話連絡、郵送物無しなので他の人に知られず借りれます。

    年率
    3.0%〜18.0%
    限度額
    800万
    審査時間
    10秒簡易審査
    保証人
    不要
    職場連絡
    無し
    申込資格
    無し
    返済システム
    ATM/引落し
    来店必要の有無

    コメントを残す

    元金融マンが語る完済の鉄則 -目次-

    1. 借金道の想い
    2. 借金の悩みは語られない
    3. 自分の借金を把握する
    4. シロウの返済理論
    5. 家計簿をつければ効果的に返済できる
    6. 繰上返済で借金を減らす方法
    7. 繰上げ返済時に振込手数料を無料にする方法
    8. 借金してても楽しいことあるさっ
    9. 借金返済の生活
    10. 借金返済の生活 その2
    11. 借金が増えていっている人へ
    12. ストイック(=禁欲的)に
    13. 何のタメに働くのか
    14. 完済の向こう側
    15. 行動
    サブコンテンツ
    • 表で解説!銀行系カードローンと消費者金融の違い