無職・借金状態からの脱出

無職で借金があるっていう状況が一番キツイです。

私も何回かそういう状況になった事があります。返済日が来るのに、その返済のお金も生活費もないっていう…すごく追い詰められた状況になります。

とにかく収入を確保するのが大事です。

無職からの復帰、仕事決める事は想像以上に難しい

今、アルバイトの募集でも結構な倍率になっていますから、バイトの面接でも落とされる事があります。

私自身、バイトの面接落ちた事があります。正社員の面接は落とされすぎて数え切れない位ありますが。

正社員としての書類応募、面接があまりにも落とされるので、もうなんか、受ける前からどうせ落ちるんだろうけど的な感じで受けるようにしています。

年齢が高くなればなる程、就職申込をする数が多くなってきて難かしくなりますが、それでも自分に自信を持ってぶつかっていくしかないと思います。

ホントなんか自分に自信があって、本当になんとかココで流れを変えてやろうって思ってる人じゃないと正社員って受からないですからね。

ハッタリでも何でもいいです。
私はこうなりたいんだ。

だからここで働きたいんだ。そして、私を雇ってくれれば、御社に絶対損はさせません。
今まではこんな事をやってきました。これからはこんな事をやりたいです。

そう面接で言えれば、受かる可能性が上がります。

無職からの脱出!就職活動には多大なエネルギーが必要

適当に自分の方向性を決めて再就職してしまうと、またすぐに辞めてしまう事になります。

以下は、私が再就職で苦しんでいた時に励みにした文です。

先のことを考え過ぎて身動きできなくなるぐらいなら休め。軽く運動もいい。
過ぎたるは及ばざるが如し。下手な考え休むに似たり。思いつめるな。
心の余裕こそ、良い求人の判断に欠かせないし、面接突破の源でもある。

体や心を壊す仕事はダメ。絶対。次につながらないし、家族が悲しむ。
貧すれば鈍する。冷静になれ。己だけで判断するな。友人に相談しろ。

30越えると年収が重要じゃないことがわかる
年収は多いに越したことはないが
大事な何かを犠牲にしてまで上げる価値はない
家族や愛する人と過ごす時間や
人生を楽しめる余裕の方が重要

とりあえず無職から脱出したい、とりあえず借金を返す為にはバイトでも何でもいいから仕事につかなくちゃ!そんな事ばかり考えていては、もったない事になりかねません。

今、勤続年数を重ねれば安泰になっていく人(=定年まで雇用してもらえるような大企業の人)、今の会社での仕事が楽しい人ならいいです。でも、借金あって究極の選択的に仕事を選んでしまった人はそんな人は少ないと思います。結構若さを切り売りするような、使い捨てにされる事がわかっていながら働いてる方も多いのではないかと思います。

借金の返済にはまず働くって事が大切です。働き続けるっていうことも大切ですが、人生設計も大切です。

社会の傾向がどうであろうと自分は自分です。しっかりとした考えを持って、楽をして未来を作ろうという考えを捨て、自分の為の思い切った行動が必要になってきます。

10年後、今の仕事を続けていけるのか、もし続けていけない場合には、10年後に辞めた後何をするのか、それを考えておかなければなりません。

また、10年仕事を続けるっていうのは大変な事です。

例えば腰を悪くしている人は、休みの日に整体に通ってメンテナンスする必要があるかもしれませんし、内臓が悪い人は定期的に健診を受ける必要があるかもしれません。

長く仕事を続けるには、自分なりの工夫が必要なのです。

また、10年同じ会社にいるという事は、他の会社に転職せずに、その会社を選び続ける、という事でもあります。それもまた、とても大きな、勇気ある選択でもあります。

自分がこの業界で働きたいっていう業界を決める事、さらに、この会社で働き続けるっていう事を決める事。できるだけ若いうちにこの2つを選択する事ができれば、人生の金銭的な問題…主にin(=収入)の方の問題は大きく整うと思います。

長く働ける仕事に就こう | 借金道

あと、求人を見るだけではなく、自分を振り返る事も大切です。

自分にとってなにが大切なのかとか、どういう理由でその職業なのか、とか。それをよく考えてみるといいと思います。

無職、低収入から借金問題を解決する6個の考え方

詳しくは以下をご覧ください。無職、低収入から借金問題を解決する6個の考え方 | 借金道

  • 考え方1 若さっていう資産を有効に使おう
  • 考え方2 細かい節約…たとえば電気代を気にするより年収アップを
  • 考え方3 借金の問題は収入を上げればいくらでも解決していく
  • 考え方4 自分のやりたい事を
  • 考え方5 借金があるのに無職になってしまった場合はまず働こう。とりあえず働こう
  • 考え方6 無職なら、まずは面接へ行こう

無職で、自分には何もない…って思うかもしれませんが、実はそうではありません。
働く事ができるっていう能力は資産なのです。

若いっていうのは資産です。
会社の中では下っ端で、傷つけられるようなパワハラを受けたりする事も多いので、今若い方(20代の方)は若いっていう事が資産だとは思えないと思いますが、転職ができる、自分の方向性をこれから決めれるっていうのは大きな資産です。

借金がある状態で無職のままだと、どういう事が起きるか?

毎月、返済期日が来ます。

無職ですと、当然収入がないわけですから、返済日に返済できなくなります。

借金がある状態で無職になったら、できるだけ早く職に就いて、収入源を確保する事が大切になってくるのです。

無職でも闇金なら借金する事ができますが…

ホントにやめといた方がいいです。

カードローン、消費者金融から借金している時に無職状態になると、当然返済に困ります。
そんな時、返済の為に闇金で借りる人がいます。

マジでやめた方がいいです。

楽してなんとかする方法を探している人には闇金とか、現金化とか、そんな風な余計にダメになる情報が舞い込んでくるものです。

普通に暮らしてる人なら見向きもしないような情報でも目に止まって見てしまいます。

無職・借金状態からの脱出する為には、そういう暗い方面への情報を探すのではなく、仕事を決めて、前向きにまっとうに返していく方法を探す事が大切です。

記事を書いているのは?

楽に借金返済
貸金業務取扱主任者 3級 ファイナンシャル・プランニング技能士。元貸金業者で働いていた経験と、自身も長年借金をしている経験を併せ持つ。 借金道を10年運営。借金コラムを2000枚以上執筆。 借金アドバイザーとして、WEB上での借金相談を1,000件以上行っている。
運営者情報
借金アドバイザー シロウ
お問い合わせ

おすすめ!無料相談シュミレーター

いきなり弁護士に依頼するのはちょっと…、とりあえず話だけでも聞いてみたい、という方におすすめなのが「街角法律相談所」です。
無料で匿名のまま入力できるシミュレーターを使って、借金の減額可能額や減額方法、依頼すべき弁護士事務所を表示させる事ができます。

診断後はそのまま表示されている弁護士事務所に依頼する事もできます。

メールや電話での悩み相談を無料で受けつけていますので、債務整理が気になる方はまず一度街角法律相談所を利用してみるといいですね。

コメントを残す

元金融マンが語る完済の鉄則 -目次-

  1. 借金道の想い
  2. 借金の悩みは語られない
  3. 自分の借金を把握する
  4. シロウの返済理論
  5. 家計簿をつければ効果的に返済できる
  6. 繰上返済で借金を減らす方法
  7. 繰上げ返済時に振込手数料を無料にする方法
  8. 借金してても楽しいことあるさっ
  9. 借金返済の生活
  10. 借金返済の生活 その2
  11. 借金が増えていっている人へ
  12. ストイック(=禁欲的)に
  13. 何のタメに働くのか
  14. 完済の向こう側
  15. 行動
サブコンテンツ
  • 無職・借金状態からの脱出