賢いカードローン返済のやり方

借金を繰り上げ返済するには継続性と確実性が一番大事です。

1ヵ月なんとなく節約して、お金が余ったら返済に回そう、そんなやり方では借金の返済は進まないかもです……。

継続的に、確実に借金返済したいなら、給料日にいきなりドンと、繰り上げ返済するのが一番いいです。

基本的にカードローン契約や、消費者金融での契約をすると、返済日にいくら返すかもあらかじめ決まっていますが、別に多めに返しても問題はありません。

多めに返す事を繰上返済といいます。

繰上返済についてはこのサイトでは何回も書いていますが、これを書いている理由というのが、どうしても借金をして間もない方に読んでいただきたいからです。

初めて借金した時、私は不安ばかり出てきて、どういう風に借金という問題に対して対処すればいいのかがわかりませんでした。

そんな人に伝えたいのがこの繰上返済というやり方です。

次の給料日までにお金を残せれば繰上返済は誰にでもできるものです。

給料日を過ぎても残っている、先月の給料。これを手元に残しておかれるよりも繰り上げ返済をされた方がいいです。

繰上げ返済をする事で、これからかかってくる利息を減らす事ができるからです。

“繰上げ返済額×利率÷12×残り回数”
…この式が繰り上げ返済効果を測定する式です。

借金をそのまま、金融会社が言うままに返済していては長い期間がかかります。長い期間がかかればかかる程、利息を多く払わなければならない事になります。

お金を残して少しでも多く繰り上げ返済にまわす。
そうすれば利息を支払わなくていい事になります。

強制的に給料日に繰り上げ返済する

問答無用で。入ってきた給料のうち、自分で決めた額を振り込みで返済するのがいいです。

振り込み先は、自分が借りているカードローン会社、消費者金融に電話で聞けば教えてもらえます。

連絡先はカードの裏に書いてあります。

繰り上げ返済優先の生活

収入からまず先に繰り上げ分を返済し、残ったお金で生活していくという風にすればうまく、確実に繰り上げ返済できます。

サラリーマンの方の繰り上げ返済は最低でも月収の10%、ボーナスがない自営業者の場合は少なくても15%を目標で考えていきたいところです。

無理な繰り上げ返済学を設定してはダメ

借金を早く返済したい!そういう前向きな気持ちは大切ですが、最初からはりきって額を多くすると、生活費が足りなくなって再度消費者金融のATMに行って借り入れしたり、コンビニATMでカードローンをご利用になってなってしまうことになります。

ムリのない額から繰り上げ返済生活を始めるのがいいです。

今現在、家計がギリギリのお宅は、「先取りなんてムリ」と感じるかもしれません。

ですが、繰り上げ返済したお金は最初からなかったものと思えば、自然と残ったお金の中でやりくりしようとがんばれます。

まずは、月収の10%を繰り上げ返済!

これを目標に家計を組み立ててみましょう。

記事を書いているのは?

楽に借金返済
貸金業務取扱主任者 3級 ファイナンシャル・プランニング技能士。元貸金業者で働いていた経験と、自身も長年借金をしている経験を併せ持つ。 借金道を10年運営。借金コラムを2000枚以上執筆。 借金アドバイザーとして、WEB上での借金相談を1,000件以上行っている。
運営者情報
借金アドバイザー シロウ
お問い合わせ

コメントを残す

元金融マンが語る完済の鉄則 -目次-

  1. 借金道の想い
  2. 借金の悩みは語られない
  3. 自分の借金を把握する
  4. シロウの返済理論
  5. 家計簿をつければ効果的に返済できる
  6. 繰上返済で借金を減らす方法
  7. 繰上げ返済時に振込手数料を無料にする方法
  8. 借金してても楽しいことあるさっ
  9. 借金返済の生活
  10. 借金返済の生活 その2
  11. 借金が増えていっている人へ
  12. ストイック(=禁欲的)に
  13. 何のタメに働くのか
  14. 完済の向こう側
  15. 行動
サブコンテンツ

低利化で借金は楽になります!

即日融資に関するマンガ - 1コマ目 利息減らせないかなぁ。- 2コマ目 シロウ絵 そんな時は低金利カードローンです!。 - 3コマ目 なるほど!やってみる - 4コマ目 やった、低利化で楽になったぞ!


  • 賢いカードローン返済のやり方