車を持っている人が債務整理したら手放さなないとダメ?債務整理後どうなるのか徹底解説

車のローンがある場合でも任意整理はできる?

自動車ローンがある場合でもそれも含めて任意整理できるのか、心配だと思います。

借金が返せなくなってきたので任意整理を考えている、でも車のローンがあるので、任意整理した場合、車はどうなってしまうんだろう?

この記事では、自動車ローンがある場合、任意整理できるかどうか、任意整理した場合、車の所有権はどうなるのかを解説します。

車のローンが残っていて任意整理を検討されている方は、この記事を読むと、車がどうなるかわかるので安心していただけると思います。

結論から言いますと、「カーローンがあってもそれも含めて任意整理できます」というのが答えです。

ただし、車の所有権がなければ「車を没収」されてしまいますし、所有権があれば「車を持ち続ける」ことができます。

ですから、もし、所有権がないマイカーを残したければ、マイカーローンを「任意整理の対象外にする」ことが必要です。

車検証を見れば明らかですが、銀行の自動車ローンを利用して購入した場合、使用者も所有者もローン利用者の名前が記載されています。

つまり、車の所有権者は自動車ローン利用者本人です。

一方、ディーラーと提携した信販会社などの扱っている自動車ローンを組んで購入した場合、車の所有権はローンを完済するまで、信販会社などが所有者として記載されています。

つまり、車の所有権者は自動車ローン利用者ではなく信販会社が記載されているのです。

信販系の自動車ローンを組んで購入した場合、車の所有権は信販会社の所有権留保」の設定になります。

つまり、カーローンが終わるまでは車が担保になっているのです。

ですから、自動車ローン利用者が勝手に処分することはできません。

所有権が信販会社になっているタイプのカーローンの場合は売却される

しかし、もし所有権が信販会社にある自動車ローンを任意整理の対象にすると、債権者の信販会社は次のような手順で対応します。

  1. 使用者から車を没収
  2. 没収した車を売却
  3. 売却した費用を残債務に充当

売却費を残債務に充当しても残債務が残った場合は、その借金が任意整理の手続での話し合いの対象になります。

債務整理の手続で「個人再生」と「自己破産」については、『債権者平等の原則』によって特定の債権者だけに返済することが禁じられています。
任意整理にも債権者平等の原則は該当しますが、任意整理は債権者と債務者の話合いによる和解を前提にした交渉です。

交渉に応じるか断るかは債権者の判断に任されていますから、必ずしも全ての債務を対象にする必要はありません。

相手が応じるのであれば、一部の債権者と減額交渉をすることも認められています。

ちょっと難かしい話になってしまいましたね。
お伝えしたい事は、自動車ローンがある場合でもそれも含めて任意整理できますというのが答えです。

自己破産における車の取扱いについて詳しくおしえて!

ここでは、質問に対しての答えを兼ねて、自己破産手続きを利用する人の多くから関心を持たれる「マイカーの取扱い」についてお話します。

自己破産における車の取扱いは、購入代金の状況(「ローンの返済中」か「ローン完済または現金購入」か)によって異なるが、原則的には次のとおりです。

・まだローンが残っている車の場合は、ローン会社から引き揚げられます。
・ローン完済または現金購入した場合は、査定額が20万円以下なら手元に残せる可能性あります。
これが原則ですが、「ローン返済中」と「ローン完済または現金購入」の具体的な取扱いは次のとおりです。

(1)ローン返済中

ローンがまだ残っている車の場合は、原則としてローン会社から引き揚げられます。
①所有権留保特約がついたローン契約の場合
その車の価値にかかわらずローン会社から引き揚げを求めてきますので、乗り続けることは困難です。
どうしても車を残したい場合は、「第三者弁済」などの方法を検討する必要があります。
②車検証の所有者欄が、車の販売会社やディーラー名義の場合
車の所有者が債務者でなく販売会社やディーラー名義になっている場合は、車は引き揚げられません。
しかし、引き揚げられなかった車に価値があれば債務者の資産として計上され、換価の対象になる可能性があります。
ですから、どうしても車を残したければ、個人再生手続きに切り替える以外に方法はありません。

(2)ローン完済後、または現金購入した車

所有権は本人にあるのですが、車を残してそのまま乗り続けられるかどうかは、その車の評価額によって扱いが変わります。

・車の評価額が20万円以下なら手元に残せる可能性あります。
・評価額は中古車ディーラーなどの査定額です。
・年式の古さから価値がないと判断される場合(普通車は7年・他は5年以上経過)は、査定を省略できます。
車にある程度の価値がある場合はそれを換価して債権者に分配されますが、その取扱いは概ね次のとおりです。

①車を含むすべての財産の評価額が同時廃止の基準内に収まっていれば、処分する必要はなく乗り続けられます。

②車を含むすべての財産の評価額が同時廃止の基準を超える場合は管財事件の扱いですから、一旦は管財人の占有管理下に置かれます。しかし、評価額が自由財産の拡張範囲内であれば、換価処分することなく乗り続けられます。

③車単体または車を含む財産評価額が自由財産拡張の範囲を超えている場合は、例外的に拡張を認められない限り、車は換価して返済に充当されます。

なお、ネット上には自己破産で車を手放したくない債務者に対し、手続き前に家族や友人に名義変更や無償譲渡をすすめる記事があります。しかし、そうした行為は免責不許可事由であり、裁判所に知られてしまうと免責が受けられません。

もう一度まとめます。

まとめ:自動車ローンがある場合でもそれも含めて任意整理できますか?

  • 任意整理では、相手が応じるのであれば一部の債権者と減額交渉をすることも認められている。
    このことから、自動車ローンを任意整理できる。
  • 所有権が信販会社などにある自動車ローンを任意整理の対象にすると、所有者の信販会社などに車を没収される可能性がある。

記事を書いているのは?

楽に借金返済
貸金業務取扱主任者 3級 ファイナンシャル・プランニング技能士。元貸金業者で働いていた経験と、自身も長年借金をしている経験を併せ持つ。 借金道を10年運営。借金コラムを2000枚以上執筆。 借金アドバイザーとして、WEB上での借金相談を1,000件以上行っている。
運営者情報
借金アドバイザー シロウ
お問い合わせ


債務整理費用の比較 ランキングTOP3

スクリーンショット-2016-03-23-13.43.21

おしなり法律事務所の相談の流れは電話、WEB、ファックス、メールで相談予約をし、実際に相談をします。
債務整理一つとっても任意整理や自己破産など様々な方法がありますから、法律家の視点から適切な方法を選んで導いてくれるのは利用者にとっては非常に心強い味方です。
貸金業者からの取り立ては即日ストップしてもらえ、分割払いににも対応可能で非常にオススメです。

評価
★★★★★
過払い報酬
20%
任意整理着手金
20,000円
自己破産
0円
個人再生
0円
スクリーンショット 2016-05-06 16.59.10

弁護士法人Salute法律事務所は、借金の相談は何度でも無料。
相談の受付は、24時間365日・全国対応です。
嬉しいことに、家族や会社には知られることなく解決できます。
また闇金にも強く得意としていて闇金に対応出来る法律事務所は数少ない為、貴重な法律事務所です。

評価
★★★★☆
過払い報酬
20%
任意整理着手金
49,800円
自己破産
500,000円
個人再生
500,000円

分割にも柔軟に対応してもらえ、過払い金が戻ってからすぐに報酬を支払う事が難しい人も気軽に利用出来ます。
実績があり、安心して手続きを任せる事ができます!

評価
★★★★☆
過払い報酬
20%
任意整理着手金
49,800円
自己破産
500,000円
個人再生
500,000円

コメントを残す

元金融マンが語る完済の鉄則 -目次-

  1. 借金道の想い
  2. 借金の悩みは語られない
  3. 自分の借金を把握する
  4. シロウの返済理論
  5. 家計簿をつければ効果的に返済できる
  6. 繰上返済で借金を減らす方法
  7. 繰上げ返済時に振込手数料を無料にする方法
  8. 借金してても楽しいことあるさっ
  9. 借金返済の生活
  10. 借金返済の生活 その2
  11. 借金が増えていっている人へ
  12. ストイック(=禁欲的)に
  13. 何のタメに働くのか
  14. 完済の向こう側
  15. 行動
サブコンテンツ

低利化で借金は楽になります!

即日融資に関するマンガ - 1コマ目 利息減らせないかなぁ。- 2コマ目 シロウ絵 そんな時は低金利カードローンです!。 - 3コマ目 なるほど!やってみる - 4コマ目 やった、低利化で楽になったぞ!


  • 車を持っている人が債務整理したら手放さなないとダメ?債務整理後どうなるのか徹底解説