督促状や内容証明郵便を受け取りを拒否できるか?

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

契約はしたが、なかった事にしたい、郵送物を拒否したい、借金の存在そのものを否定したい、そういう場合に、どういうデメリットがあるかをご説明します。

取り立てから逃れていても、結局のところは損しかありませんが、どういう扱いになるかをご説明します。

なぜ「契約関係書類」を受取拒否したいのかは不明ですが、この質問に対しては「受取拒否を禁止する法律はないことから、契約関係書類の受取拒否は違法ではありません」と言うのが答えです。

やろうとすれば、契約関係書類の受取拒否をする事は可能です。

ただ、契約関係書類の受取拒否が効果がある場合とない場合があります。

それをこのページで解説します。

日本郵便のホームページによれば、「迷惑な郵便物などが届けられた場合、受取りを拒絶できます」として、次の内容の記事を記載しています。

  • 受取拒否する郵便物などに、「受取拒否の文字と受取拒否した人の署名か押印したメモ」を貼り付ける。
  • 受取拒否する郵便物などを配達担当者に渡す、郵便窓口に持って行く、郵便ポストに投函する。
  • 郵便物などの開封後は、受け取りを拒否できない。

一般の郵便物などは上記のとおりですが、書留や宅配便の場合は、「受領印を押印もしくはサイン」した時点で配達の完了となることから受取拒否はできません。注意が必要です。
受取拒否に関連して、以下のようにいくつか注意しなければならないことがあります。

①内容証明郵便の受取拒否時の法的効果

内容証明郵便は一般書留として扱われますから受取を強制されないので、受取拒否できます。しかし、内容証明郵便については受取拒否された場合でも、民法の隔地者に対する意思表示の定めにより到達の法的効果は認められます。

②不在による未配内容証明郵便の処理

内容証明郵便は書留郵便ですから、配達員は受取人の受領印が必要です。

しかし、受取人不在の場合には受領印をもらえないため不在通知を投函して内容証明郵便は持ち帰ります。

その後も再配達できなかった場合には、内容証明郵便は一週間後に差出人に戻されます。

③「特別送達」の受取拒否

特別送達とは、裁判所や公証人役場だけが差し出しできる特殊な郵便です。

特別送達は、他の郵便物とは違って法的効力を持っています。

発送した時点で「送達されたもの」として一方的に見なされることから、受け取ったか拒否したかには関係なく裁判手続きが進められることになります。

この郵便物は受取拒否しても、配達員はその場に特別送達を置いていきます。

その場合、配達員は裁判所へ「受取を渋ったのでその場に差し置いた」という報告書を提出することから、受取拒否をしても裁判官の心証を悪くするだけです。

なお、質問にあるようなカードローンの契約に関連して郵便で届けられる可能性がある契約関係書類はつぎの2つが一般的です。
・契約内容を説明する事前書面(貸金業法第16条の2に基づく書面)
・契約締結時の書面(貸金業法第17条に基づく書面)
これらは、法律で交付が義務付けられている書類ですが、WEB契約で申し込んだ場合については、事前に同意を取ることで「紙」ではなくメールで交付する「電磁的交付」が認められています。

今、取り立てをされて苦しんでいる方は以下の記事もご覧ください。役に立つと思います。

返済不能で取り立てされたら?借金の無料相談に電話してみて下さい!

記事を書いているのは?

楽に借金返済
貸金業務取扱主任者 3級 ファイナンシャル・プランニング技能士。元貸金業者で働いていた経験と、自身も長年借金をしている経験を併せ持つ。 借金道を10年運営。借金コラムを2000枚以上執筆。 借金アドバイザーとして、WEB上での借金相談を1,000件以上行っている。
運営者情報
借金アドバイザー シロウ
お問い合わせ

おすすめ!無料相談シュミレーター

いきなり弁護士に依頼するのはちょっと…、とりあえず話だけでも聞いてみたい、という方におすすめなのが「街角法律相談所」です。
無料で匿名のまま入力できるシミュレーターを使って、借金の減額可能額や減額方法、依頼すべき弁護士事務所を表示させる事ができます。

診断後はそのまま表示されている弁護士事務所に依頼する事もできます。

メールや電話での悩み相談を無料で受けつけていますので、債務整理が気になる方はまず一度街角法律相談所を利用してみるといいですね。


債務整理費用の比較 ランキングTOP3

スクリーンショット-2016-03-23-13.43.21

おしなり法律事務所の相談の流れは電話、WEB、ファックス、メールで相談予約をし、実際に相談をします。
債務整理一つとっても任意整理や自己破産など様々な方法がありますから、法律家の視点から適切な方法を選んで導いてくれるのは利用者にとっては非常に心強い味方です。
貸金業者からの取り立ては即日ストップしてもらえ、分割払いににも対応可能で非常にオススメです。

評価
★★★★★
過払い報酬
20%
任意整理着手金
20,000円
自己破産
0円
個人再生
0円
スクリーンショット 2016-05-06 16.59.10

弁護士法人Salute法律事務所は、借金の相談は何度でも無料。
相談の受付は、24時間365日・全国対応です。
嬉しいことに、家族や会社には知られることなく解決できます。
また闇金にも強く得意としていて闇金に対応出来る法律事務所は数少ない為、貴重な法律事務所です。

評価
★★★★☆
過払い報酬
20%
任意整理着手金
49,800円
自己破産
500,000円
個人再生
500,000円

分割にも柔軟に対応してもらえ、過払い金が戻ってからすぐに報酬を支払う事が難しい人も気軽に利用出来ます。
実績があり、安心して手続きを任せる事ができます!

評価
★★★★☆
過払い報酬
20%
任意整理着手金
49,800円
自己破産
500,000円
個人再生
500,000円

コメントを残す

元金融マンが語る完済の鉄則 -目次-

  1. 借金道の想い
  2. 借金の悩みは語られない
  3. 自分の借金を把握する
  4. シロウの返済理論
  5. 家計簿をつければ効果的に返済できる
  6. 繰上返済で借金を減らす方法
  7. 繰上げ返済時に振込手数料を無料にする方法
  8. 借金してても楽しいことあるさっ
  9. 借金返済の生活
  10. 借金返済の生活 その2
  11. 借金が増えていっている人へ
  12. ストイック(=禁欲的)に
  13. 何のタメに働くのか
  14. 完済の向こう側
  15. 行動
サブコンテンツ
  • 督促状や内容証明郵便を受け取りを拒否できるか?