30万円を借りると1年でいくら損?借りる前に知るべき利息のムダ

結局借金というのは金利が高いか低いかで、いくら損するかが決まります。

30万円を借りる場合は、1年間でいくら利息を取られるでしょうか?

実際に消費者金融で借りたらどれ位の金利になるのかを解説します。借りる前にいくら損するかを知っていただき、その損を回避する方法を解説します。

アコム、アイフル、プロミスなどの消費者金融で30万円借りた場合の利子

30万円を1年間で完済、金利は18パーセントとします。
計算結果↓

元利均等返済方式で算出。
2年間で完済したかったら、半額の返済でいいのですが、利息はほぼ倍になります。

毎月返済額 27,503円
総返済額 330,036円
うち 利息分 30,036円

消費者金融で借りると、金利が18%と高いので、30,036円の利息がかかってしまう事になります。

消費者金融で借りずに低利のカードローンで借りれば支払利息は少なくて済みます!

今最もお勧めが銀行系カードローンです。

たとえば、三菱UFJ銀行カードローン。これだと金利は14.6%です。

三菱UFJ銀行カードローン

入力1分、たった2項目の入力でお試し診断できる 1分かからずにあなたが100万円借入できるかどうかがわかります。スマフォでやれます。



バンクイックお試しボタン

実質年率(利子の率のこと=金利ともいう) 1.8%~14.6%
審査時間
特徴 狙い目の低金利です。18%利率の消費者金融とと比べて1.8%~14.6%で利息の節約効果は大きいです。18%で借りているのと比べ、14.6%だと、何もしないで 年間17,000円違います。

低金利14.6%の銀行カードローンで借りた場合の利息は?

毎月返済額 27,020円
総返済額 324,245円
うち 利息分 24,245円

消費者金融で30万円借りた場合と銀行カードローンで借りた場合の支払金利比較

消費者金融で18%で借りる時よりも、5,791円も支払金利が安くなりました。

30万円借りるなら消費者金融で借りるより、銀行カードローンで低利で借りた方が5,791円も支払利息を減らせる、という事になります。

まとめ 30万円を借りると1年でいくら損?借りる前に知るべき利息のムダ

30万円借りるなら消費者金融で借りるより、銀行カードローンで低利で借りた方が5,791円得します。

借金する時は金利に注意して、金利が安いところで借りた方が損しません。

低金利を狙い過ぎても、審査時間がかかったり、審査が難かしかったりするので良くありません。

その点、三菱UFJ銀行カードローンはちょうどいい低金利、という事になります。

以下は、私自身が 借りてみた時の体験談です。

30万円をこれから借りようという方は、損しない為に読んでみて下さい。
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック お試し診断 | 借金道

記事を書いているのは?

楽に借金返済
貸金業務取扱主任者 3級 ファイナンシャル・プランニング技能士。元貸金業者で働いていた経験と、自身も長年借金をしている経験を併せ持つ。 借金道を10年運営。借金コラムを2000枚以上執筆。 借金アドバイザーとして、WEB上での借金相談を1,000件以上行っている。
運営者情報
借金アドバイザー シロウ
お問い合わせ

コメントを残す

元金融マンが語る完済の鉄則 -目次-

  1. 借金道の想い
  2. 借金の悩みは語られない
  3. 自分の借金を把握する
  4. シロウの返済理論
  5. 家計簿をつければ効果的に返済できる
  6. 繰上返済で借金を減らす方法
  7. 繰上げ返済時に振込手数料を無料にする方法
  8. 借金してても楽しいことあるさっ
  9. 借金返済の生活
  10. 借金返済の生活 その2
  11. 借金が増えていっている人へ
  12. ストイック(=禁欲的)に
  13. 何のタメに働くのか
  14. 完済の向こう側
  15. 行動
サブコンテンツ
  • 30万円を借りると1年でいくら損?借りる前に知るべき利息のムダ