50万円借りる場合のお得度比較!銀行VS信金VS消費者金融

どもです!シロウ@借金研究家/ Twitterです。

信金で50万円を借金する賢い方法

50万円を借りようと思ってネットで50万円借りる方法を検索すると、ネット上の情報は、銀行カードローンか消費者金融での借り方を解説するページばかりです。

ですが、本当に銀行カードローンか消費者金融で借りるのがいい方法なのでしょうか?

実際、ネットに書かれている、銀行と消費者金融のメリットを解説し、その後、信金と比較し、どこで借りるのが一番得か、というお話をします。

銀行カードローンのメリット

低金利で借りたいなら銀行カードローンがおすすめです。

融資の早さや審査の受かりやすさを重視するなら消費者金融が得になります。

銀行や消費者金融から借金するのは確かに一つの方法ですが、借入条件に合致する1部の人は信用金庫で借りた方が低利で借金をする事ができます。

ここでは信用金庫での借金についてお話しします。

信金のメリットからお話しましょう。

信用金庫のメリット

  • 銀行並みに低金利。
  • 消費者金融並みに審査をクリアできる可能性がある。
  • 総量規制の適用を受けない。
  • 初回申込で消費者金融から50万円を借金することはほぼ不可能ですが、信金ならそれ以上の限度額を申し込めます。

50万円の借金する場合 信用金庫の方がいいのはこんな人

審査に時間がかかってもいいからひたすら低金利にしたい、なおかつ、あなた自身が自営業をしていて取引のある信用金庫がある場合、銀行や消費者金融のカードローンよりも、信用金庫のカードローンの利用をおすすめします。

借入限度額は数百万円が一般的ですが、50万円以上ですから問題ありません。

金利は借入限度額に関係なく単一で設定されていることが多いようです。

また、金利は銀行系カードローンの上限金利よりも低く設定されている信用金庫が多数あります。

総量規制が適用されないので、相談すれば収入の少ない人や収入のない人についても貸付を検討してくれます。

信用金庫のデメリット

信用金庫のカードローンを申込みに当たっては、いくつかの問題があります。

1つは申込条件です。

信用金庫は地域に根差した地域住民の協同組織ですから、利用を申し込めるのは「住居または勤務先が当金庫の営業区域内にある人」という条件が設定されています。

おそらく多くの人が住居や勤務先の近くに信用金庫があるのかどうかさえ知らないのが現実でしょうが、一度自宅や勤務先の近くで探してみましょう。

もし全く存在していなければ、申込を断念せざるを得ません。

その際の代替になる金融機関の1つは「ろうきん」です。

労金と信用金庫を比較してみると?

労金の申込条件を具体的に紹介します。

(1)中央ろうきんのカードローン「マイプラン」の場合

申込できる人:中央労働金庫に出資のある団体会員の構成員、または自宅もしくは勤め先(事業所)が当金庫の事業エリア内(茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・山梨県)にある給与所得者の人
金利:団体会員の構成員(3.875~7.075%)・生協会員の組合員およびその家族(4.275~7.475%)・一般の勤労者(5.275~8.475%)
(2)東京信用金庫の場合

申込できる人:当金庫の営業地区内(東京都と埼玉県の一部)に住所、勤務先、事業所のいずれかを有する人
・総合口座または普通預金の取引印鑑(口座をお持ちでない方は、新規で預金口座を開設)
金利:年11.50%(含む保証料・年2.00%)

労金や信用金庫のカードローンは誰でも申し込める?

労金や信金は、営業地域内の住民や労働組合・生協などの組合員のための金融機関であることから、原則それら以外の人からの申込は受け付けていません。

ですので、労金、信金は申込対象としての条件に合ってないと申し込んでも審査落ちになってしまうのです。

私自身、労金に対して2回申し込みましたが、2回落ちて、結局は消費者金融と、銀行カードローンで借りました。

また、信用金庫のカードローンは、申込から融資の実現まで時間がかかります。

もちろんスピードも扱っている商品もそれぞれの信用金庫によって異なりますから、事前確認してから申し込まれるのがいいですね。

まとめ:ろうきん、信金と銀行カードローンの比較

労金と信用金庫、銀行カードローンを比較してみると、結局はどこが一番お得なのでしょうか?

労金が一番金利が低く(3.875~7.075%)、信金金利:年11.50%(含む保証料・年2.00%)が次に金利が低いです。

ですが、労金に申し込んで高確率で受かる為には、中央労働金庫に出資のある会社で勤めているという事が条件になってきます。

信金で借りようとするのは現実的?

そもそも地域の信金は、その地域で商売している人と取引をして、地域の会社と一緒に成長していこうというのがメインの事業です。

ですので、自営業でもない人が付き合いのない信金に申し込むというのは、あまり上手な借金の仕方ではないという事になります。

結局、上記のような条件に該当する人以外は、50万円借りる場合は素直に銀行カードローンから借りるのがいいという結論になります。

今一番いい銀行カードローンについては以下のページで徹底解説していますので、ご覧になってみて下さい。
三菱UFJ銀行カードローン

記事を書いているのは?

楽に借金返済
貸金業務取扱主任者 3級 ファイナンシャル・プランニング技能士。元貸金業者で働いていた経験と、自身も長年借金をしている経験を併せ持つ。 借金道を10年運営。借金コラムを2000枚以上執筆。 借金アドバイザーとして、WEB上での借金相談を1,000件以上行っている。
運営者情報
借金アドバイザー シロウ
お問い合わせ

コメントを残す

元金融マンが語る完済の鉄則 -目次-

  1. 借金道の想い
  2. 借金の悩みは語られない
  3. 自分の借金を把握する
  4. シロウの返済理論
  5. 家計簿をつければ効果的に返済できる
  6. 繰上返済で借金を減らす方法
  7. 繰上げ返済時に振込手数料を無料にする方法
  8. 借金してても楽しいことあるさっ
  9. 借金返済の生活
  10. 借金返済の生活 その2
  11. 借金が増えていっている人へ
  12. ストイック(=禁欲的)に
  13. 何のタメに働くのか
  14. 完済の向こう側
  15. 行動
サブコンテンツ

低利化で借金は楽になります!

即日融資に関するマンガ - 1コマ目 利息減らせないかなぁ。- 2コマ目 シロウ絵 そんな時は低金利カードローンです!。 - 3コマ目 なるほど!やってみる - 4コマ目 やった、低利化で楽になったぞ!


  • 50万円借りる場合のお得度比較!銀行VS信金VS消費者金融