家計簿をつけると借金返済の進み具合を実感できます!

家計を管理すっぞ!!

借金したての頃は節約をして生活するのが当たり前のような状態になってくるまで、頑張って節約するのがいいです。

誰でも節約の程度には限界がありますが、節約レベルを上げるためには家計簿をつけることが大切です。今まで借金を増やしてきた人にはまず家計簿があった方がいいです。

家計簿は大事

家計簿はお金の流れを把握していく為に絶対必要だからです。一度流れをつかんでしまえば後は生活に大きな変化がない限りはつけなくてもいいでしょう。

家計簿は人生全体に良い影響を波及させます

借金のある人は家計簿をつけて支出を管理する能力をつければ、借金が終わった時に、お金に対しての考え方が成長して、ひと回りもふた回りも良くなり、借金を繰り返す事がなくなるでしょう。

今借金がないという人にも家計簿はオススメ

借金がない人にとっても何か人生のイベントの時の為に(例、車買うとか、結婚するとか)貯金があった方が絶対いいですよね。

家計簿で計画的お金を貯める(=繰り上げ返済する為のお金を留保できるようになれる)

夢の為に、お金を残す為、家計簿はいいです。家計簿は月ごとの支出管理をする指針になります。

家計簿の便利さは、使ってみてはじめてわかります。

家計簿は誰でもやろうとすればすぐにできます。たとえばあなたも今日から家計簿をつけ始めれます!

しかも導入にはほとんどお金かかりません。スマフォの家計簿アプリは無料ですし、本屋で500円位で紙ベースの趣向を凝らした家計簿を選んで買えます。

私の家計簿体験

私自身、金遣いが荒いので月末の給料日までに前月の給料が全部なくなってしまう月がよくありました。初めてまともにつけた家計簿は、A4の紙に考えつく限りの出費を付ける事にしました。すると自分が何にいくら使ったのが原因でお金がなくなったとか、家計簿の便利性が身にしみてわかるようになったのです。

ちなみに家計簿を探しにネットで検索してみると・・・

あります、あります。PC用の無料のフリーソフトがたくさんあります。スマフォ向けの無料アプリもたくさんあります。シロウは家計簿を使っていますが、入力簡単、わかり易いです。1年位コレを使って家計簿を継続して付けれるようになりました。

借金返済コツ

家計簿が基本です

まず、家計簿をつけて家計を把握するのは大前提です。家計簿をつけはじめても、分析する時間を作らなければ意味ないですけど。

節約生活を始める前に、まず“自分がどれだけ無駄使いをしているか”ということを自覚しなければなりません。そのためにも、家計簿は絶対につけるようにしましょう。飽きっぽくてなかなか続かない人は、レシートを貼るだけのやり方でもOK。とにかく続けることが大切です。

古典的な家計管理、袋分けは最高の家計管理方法だと思います。

返済を着実に進めるには、返済分の先取りをすると確実に減らせます。(ただし無理し過ぎると、次の給料日までの間に無理に返済した分を借りる事になります。…これをやってしまうと精神的に少しダメージを受けます。)

kokone.PNG

 

余った分を返済に回すのではなく、あらかじめできるだけ返済して、予算の中で暮らすことができれば最も効率的です。

袋わけとは、支出をあらかじめ計算しておき、給料が入った時に、これは家賃、これは食費、これは光熱費、これは返済分という形で袋に分けておいておくやり方です。

生活費のうち、家賃や水道光熱費など口座振替が可能なものは、すべて口座から引き落とした方が楽です。何も袋の中に入れるのが目的ではなく、支出を管理するのが目的ですから。
袋分け家計簿
毎月の袋わけの現金引き出し額は必要に応じて見直します。毎月給料日に見直すのがベストだと思います。見直す日には、もう一度自分がしている支出が、本当に自分にとって必要なのかを考えてみましょう。たとえば携帯代が高いから、プランを見直そうとか、そういうのが見えてくると思います。

最近借金を初めてしたっていう人にはぜひやって欲しいと思うのですが、
まず、今までお金の事をあんまり考えてこなかったという人は、自分が暮らすうえで最低限必要となるお金を把握していくのが重要という事です。

最低限必要となるお金を算出して予算を立てるには、まず家計簿をつける習慣をつけるのがいいでしょう。

家計簿というのは実は本屋で何百円で売ってます。安いのなら300円しません。

借金を早く返したいなら、家計管理の方法を見直そう | 借金道

家計簿の重要性っていたる所に書かれてます

家計簿の重要性は新聞の節約の記事、インターネット上のFPのサイトを見ていても一番初めに触れられているようなとてもオーソドックスな、それでいて一番効果のある方法だと思います。

賢い借金返済方法

そもそも節約って何?っていう生活をしてきた方は、まず改善の意識を持とう!

かなり長い間、借金しているシロウは節約は当たり前のような状態になっているのですが、まったく節約しないという人も中にはいらっしゃると思います。

たくさん稼いでる人ならいいですけど、ほとんどの人は、節約してお金を残すっていうのが第一戦略になります

収入がやたら多い人が、節約してなくてもお金が入ってくるから問題ないという生活は誰もが望む理想的な生活スタイルです。そこそこの収入を得ている人なら、お金の管理って考えなくても入ってくる方の収入の方が多いわけですから給料前には残ったお金で生活すればいいだけです。

しかし、これは明らかに生活以上の収入を得ている人の場合です。人並みの収入の人はまず家計簿があった方がいいです。家計簿はお金を手元に残していく為に絶対必要だからです。

家計簿で変わるあなたの生活

借金をしている人はこの機会に家計簿をつけて支出を管理する能力をつければ、完済した時にはお金に対しての考え方がひと回りもふた回りも違ってくるはずです。

借金がない人にも、家計簿はオススメ

借金がない人にとっても何か人生のイベントの時の為に(例、車買うとか、結婚するとか)貯金ってあった方が絶対いいですよね。お金を残す為に、家計簿を役立てるのがいいと思います。

家計簿自体は紙媒体の家計簿でもいいですし、スマフォの家計簿アプリでもいいです。なんだったら、レシートを取っておいて、決まった日にそれをチラシの裏に書くだけでもいいです。

家計簿を始めてから、最初の2ヶ月間は

これ以上、支出を切り詰めるなんて、絶対ムリ!そういう段階までまずやってみて下さい。

レシート取っておいて、それを書き出してみるってだけでも十分なんですが、もし、余裕があれば、どのくらいのお金を何に使っているのか分類してみましょう。

そうすると、自分のお金の使い道を分析できるようになります。

借金しちゃってる人がまずやるべきは家計簿です! | 借金道

家計メンテと有意義な時間の使い方

借金している人にとっては毎月一回は、自身の状況を見直す、家計メンテナンスが必要です。

特に問題なく、繰上げ返済ができてきているという人はそれほど考えなくてもいいのですが、今厳しいポジションにいる人は、自分にとって必要な借金への対策は何なのか、自分なりに考えてみられる必要があると思います。

必要な対策は、支出を切り詰めて生活していく事なのか、それとも支出を切り詰めた位では既に返済が困難な状況にあり、弁護士さんや司法書士さんに相談にのってもらった方がいいのかを冷静に分析されるのがいいと思います。

借金がある人の誰しもに、何か借金に対して取れる行動があるはずだと思います。例えばある人には毎日買ってるジュースを控えることかもしれません。別のある人には、一か月に3、4回行くキャバクラに行くのを一か月に2回に減らす事かもしれません。

細かい事でも、習慣を変える事は大切です。

やるべき行動が何なのか、変えるべき行動が何なのか、自分はどうするのがいいのか、しっかりと考えて、行動していってください。

自分にとって、今何が大切かとか、毎日の忙しさの中でも考えていく必要があります。

月に一度位は、立ち止まって考えて、自分の位置を再認識していく事が重要だと思います。

何も収支を考えなければ、(自分はいつまで借金をしているのだろうか)と、焦りが出てくると思います。

焦り、不安は精神衛生上良くありません。
借金の悩み
焦りや不安は溜まると無気力になり、未来を切り開く力を少なくしてしまいます。

人はお金がないと本当に不安になります。

先日、何かの本で読んだのですが、人は考えて、それでもどうしようもないと思われた時は、思考を停止して打ちまかされたようにして放心する方が、なにか少しでも前向きに解決しようと行動するよりもよっぽど好きだという事です。

借金している人が、特にキャパシティを越えそうな時、(もしくは越えた時)打ちひしがれるという行動はやってしまいがちな無為なことの一つです。まず、大前提としてこの打ちひしがれた状況から脱出する必要があります。無気力は人をよりマズイ方向に持っていくからです。

どうするのがいいでしょうか?打ちひしがれた無気力な状態よりは、自分の借金の状況を少しでも良く変える為に何かする事が大切です。

人によっては、本屋に行って、マネー本を立ち読みして二度とお金に困らない為の勉強をする事が精神安定につながるかもしれません。また別の人にとってはランニングにでも行って体を動かす事が一番の気晴らしになる人もいらっしゃるかもしれません。

借金しているときの生活で大切な事は、

    1. 毎月の収支分析
    2. 有意義な時間の使い方

です。

最近家計簿つけてないなぁ、これからの数ヶ月で自分はどれ位借金減らせるんだろう、月ごとに自身の位置を考え、今できる遊びは何なのか、今できる勉強は何なのかといった”有意義な時間の使い方”を考えると結構うまくいくと思います。

記事を書いているのは?

楽に借金返済
貸金業務取扱主任者 3級 ファイナンシャル・プランニング技能士。元貸金業者で働いていた経験と、自身も長年借金をしている経験を併せ持つ。 借金道を10年運営。借金コラムを2000枚以上執筆。 借金アドバイザーとして、WEB上での借金相談を1,000件以上行っている。
運営者情報
借金アドバイザー シロウ
お問い合わせ

コメントを残す

元金融マンが語る完済の鉄則 -目次-

  1. 借金道の想い
  2. 借金の悩みは語られない
  3. 自分の借金を把握する
  4. シロウの返済理論
  5. 家計簿をつければ効果的に返済できる
  6. 繰上返済で借金を減らす方法
  7. 繰上げ返済時に振込手数料を無料にする方法
  8. 借金してても楽しいことあるさっ
  9. 借金返済の生活
  10. 借金返済の生活 その2
  11. 借金が増えていっている人へ
  12. ストイック(=禁欲的)に
  13. 何のタメに働くのか
  14. 完済の向こう側
  15. 行動
サブコンテンツ

低利化で借金は楽になります!

即日融資に関するマンガ - 1コマ目 利息減らせないかなぁ。- 2コマ目 シロウ絵 そんな時は低金利カードローンです!。 - 3コマ目 なるほど!やってみる - 4コマ目 やった、低利化で楽になったぞ!


  • 家計簿をつけると借金返済の進み具合を実感できます!