借り入れ金額、年収から判別!借金から身を守る方法

この記事を読むのに必要な時間は約 14 分です。

これでわかる!借金ある人が選べる最善の身の振り方

自身の借金の状況を改善していくにはいくつかの選択肢があります。

債務整理

まず一番わかりやすい借金対策は債務整理です。
債務整理した方がいいシチュエーションっていうのは確実に存在します。

債務整理した方がいいシチュエーションはこんな時

たとえば、最近私の身の回りに起こった事例として、私の妻が作ってくれた、内緒の借金事件があります。

その時の妻の借り入れ額対収入は、
150万借り入れ、年収は120万円でした。

妻の借金がわかった時点で、ああ、これは債務整理だな、とすぐに思いました。

このような借り入れ額対収入ですとホントできるだけ早く債務整理した方がいいです。

とりあえず、ネットで調べたおしなり法律事務所の無料相談予約を入れて、電話をもらったのですが、そこでの話はホント単純でした。まず借り入れ先と借り入れ金額のリストを作るように言われ、言われた通りにすると、そこから債務整理を薦められました。

おしなり法律相談事務所の相談予約メールフォームです。スマフォからでも簡単に入力できます。
おしなり法律事務所 債務整理 相談申込
実際やることになった方法は任意整理で、今も妻は毎月3万5千円づつ支払いをしています。

もしこれが、30万借り入れの年収120万だったとしたら、それは普通に繰り上げ返済していく方法の方がいいです。

債務整理の他にも、節約をして繰上げ返済をしていく方法もあります。

人によって収入も違えば借入額も違います。その程度によって、選べる選択肢が変わってきます。

現在の借入先の他に借り換えをして、完済してから過払い請求をかけ、返ってきたお金を借り返した先に返済するという方法もあります。

その人のシチュエーション、借り入れ対年収によって、最適な借金脱出方法は違ってくる

できる方法は様々で、自分にあった方法、方針を立てるのが一番の借金からの脱出方法になります。

しかし、その判断を見誤るとまさに”借金地獄という言葉そのもの”の状態が待っています。
債務整理すべきポジションの人が債務整理せずに通常返済を目指すのは、苦労が増えるだけでいい方法とは言えません。通常返済でなんとか返していける人が債務整理するのもいい方法ではありません。

ではどんな考え方で債務整理か、通常返済かを考えればいいのでしょうか?

私が思う、整理を考えるべき境界線の話をしたいと思います。

ここから先の話はシュミレーションですので、あくまで目安にしていだき、境界線はあなた自身が考えて判断して下さい。

例えば、300万年収がある人が、同額の300万の借金があった場合を見てみましょう。
まずは支出からシュミレーションしてみます。

独身一人暮らしとして5万が家賃、ガス代に5千円、水道料2千円、電気代5千円、携帯代1万円、1ヶ月の食費が30,000円(1日あたりの食費1000円)としましょう。

6社から50万ずつ平均利息25%で借りていたとすれば、月間支払い利息は62,500円(300万×0.25÷12=62,500)となります。

ここまでで、支出164,500円となります。

この中には返済の元金が含まれていません。

元金を計算します。各社とも長期払いとして、5年払い(60回)で総額300万を返していく返済計画だった場合、月に返済する元金は50,000円です。

先ほどの164,500円と足すと214,500円になります。
300万の借金をしている人が毎月必要な生活費は返済額を含めて、214,500円ぐらいが必要になる算段です。

次は収入についてです。
年収300万の人の手取りはいくらになるか計算します。

厚生年金保険料6.979%、健康保険料4.1%、雇用保険料0.8%で、(2年くらい前のデータでの税率で計算、所得税、住民税はケースによって違う為省いてます)264万3,630円となりますので端数は切り捨てて、264万が手取りと仮定します。

ボーナスを月割りにして月給に足して計算すると月手取りは22万円になります。
収入220,000-支出214,500=残り5,500円です。年収300万の人が300万円を消費者金融から借りてしまうと、たった5,500だけが自由に使えるお金という事になります。

これでもう、ギリギリですよね。凄まじく危険なポジションと言えると思います。

借金を返せるか、返せないかの境界線はここだ!

年収と同額のライン、ここが超えてはならないラインだと思います。借金が通常返済できなくなる可能性が高くなるのは、(自分の経験から考えても、何百人の借金の状況を見てアドバイスしてきた経験から考えても)このあたりだと思います。

ちなみに、総量規制があるから年収の3分の1までしか借りれないっていうのは妄想です。実際には年収の半分以上まで借金できる人が多いです。

確かに、消費者金融だけでは年収の3分の1までしか借りれません。総量規制はそこには効果があります。ですが、消費者金融で年収の3分の1まで借金した後に、銀行系カードローンや、クレジットカードの物販を使って買い物をすれば、余裕で年収の半分位まで借金できます。

年収と同額のラインまでの借金なら、債務整理についてまず無料相談で聞いてみられるのがいいと思います。

返せる範囲なら自力で返そう

債務整理せずに返していける人で、自分が苦労してでもできるだけ債務整理せずに返していきたいと思う方はあえて苦労を選んで、自分が作った借金返済していって欲しいと思います。

逆に借り入れが年収を越えていて、債務整理が必要な人が整理をせず、毎回督促を受けながら利息だけ支払っているという状態はもうそれ以上苦しみ続けても仕方がないと思います。

例えば年収300万に対して、借金額が140万位の方がいらっしゃったとしましょう。この場合の収入対借り入れ金額は、この状態ならギリギリで通常返済も可能なポジションだと思います。

私自身同じような収入対金額から返してきたという事もありますし、今まで何百人かの方にアドバイスしてきた中で、経過をいただいて方もいらっしゃいまして、同じような状況から返してこられて現在かなり減らされている方もいらっしゃるからです。

このような場合、今以上に増える事になれば債務整理、と決めて、今はできるだけ返済の方向で考えてみられるのがよろしいかと、私は思います。

もしあなたが年収300万円いかなら正社員化or年収アップの転職を!

今借金がある人でアルバイトをしているなら、正社員の仕事に就く事を考えましょう。
それが成功すれば効率的に借金を返済していけます。

seisyainnni.PNG

アルバイトでは収入の上限が低くなりますし、いつまでも他の人と代用が効く存在では自分のキャリアがつかないからです。

キャリアというのは働き続けて初めてできていくものです。アルバイトでも経験と呼べますが、同じ期間を過ごすなら、アルバイトよりも正社員の方が絶対良いです。(本当に当たり前の事を書いていますが、正社員への就職が年々難かしくなってきている今、アルバイトをやっている人は奮起しなければ正社員を目指そうという気持ちが折れそうになる場合が多いから書いています。)

今と大して変わらずに10年後いるのはもったいないです。

正社員としての職を探す!という事を決める決断、そして実際に履歴書書いて面接まで行く…、この行動っていうのは、なんと言いますか、他人に言葉で言われても、さぁやろうかってならない位、自分の決意が必要なものですよね。

ですが、ちゃんと行動して、見事正社員に就ければ、(余程その会社がブラックでない限り)、そこからは(アルバイトの時よりも)かなり有利に進める事ができます。

定職で毎日コツコツと頑張る。働き続けていれば、借金は減っていく。
それがどれだけありがたい事か。

hataraita.PNG

neet.PNG

とりあえず、ブラックでもなんでもいいです。やってみて、ダメだったら辞めてもいいと思います。(辞める場合、判断は素早くして、即辞めるのがいいです。)

何も条件のいい正社員を目指さなくてもいいと思うんですね。ブラック会社でもやってみればいいと思うのです。やってみて、ダメだったら辞める。…もしかしたら、自分はブラックでもやれる人物かもしれません。そういうのもやってみないとわかりません。

求人誌は本当にロクなのないですが、でも正社員でやるっていう事は、なんらかの職歴がつけれるという事です。

職歴をつけて、そこからまたステップアップすればいいです。

何かやり始めなければ、何も変わっていきません。

できれば好きな事、好きなジャンルの仕事に就き、自身のスキルを高めていくのがいいと思いますが、今月とか来月の生活が危ういっていう人は、仕事を選んでる場合ではないので、とりあえずの仕事でもいいので始めた方がいいと思います。

jinseiwokaeru.PNG

収入が少なければ、節約してても、繰上返済できる額は少なくなります。働いていなければもっと悪い方へ流されていくだけです。

借金返済中は、少しでも稼ぎを多くできれば、その分可能性が開けていきます。何か手はないか、もう1度考えてみて下さい。

自己破産は誰にでも合う万能の方法ではありません

例えば今誰かに楽だよと自己破産を勧められてやってみても、返済者自身が返せるところまで返したいのに、と思っておられたのでしたら、それは自己破産をして楽に終わっても後悔が残ってしまうと思います。
(みんな自己破産せずに頑張ればいいなんて言っているのとは違います。上で書きましたように自己破産こそが必要な状況の方もいらっしゃいます。その場合、気持ちがどうとかではなく、自身と自分を思ってくれる人の為に自己破産という選択肢を選ばれるのが一番だと思います。)

自分に合った借金対処法をやりましょう

どれだけ精神論で返そうとしてももう返せなくなってしまう額があると思います。自分のポジションを把握して、自分に合った借金対処法を考えて実践されるのがよろしいかと思います。

自分の場合、どうするのがいいのだろう?と思われる方は、私でよろしければ客観的な意見を書かせていただきますので、お気軽借金相談掲示板に書き込んでいただければと思います。

※昨日も夜一時過ぎまで借り入れが多くなった方からいただいたメールでの借金相談に答えたりしましたが、メールでの相談は受け付けていません。またこのブログでのコメント欄も相談をお受けする事はできません。借金関係の相談は借金相談掲示板でお願いします。

お気軽借金相談掲示板 | 借金道

債務整理関連の相談の場合は、私自身も結局申込する事にしたおしなり法律相談事務所がおすすめです

おしなり法律相談事務所の相談予約メールフォームです。スマフォからでも簡単に入力できます。
債務整理相談

下記は、自分の妻が債務整理する際に、全国対応している債務整理の法律事務所の料金を全社調べた時に作った、債務整理の費用比較表です。最安値帯では費用面ではそこまで大きく変わらないのですが、おしなり法律事務所は異常に相談した時の親身度が高かったので一番上にしています。どこに頼んでもハズレはないでしょうけれども、私としてはおしなり法律事務所は外さずに試していただきたいところです。

全国対応している債務整理の法律事務所の手数料比較

横にスライドできます。

事務所名 費用比較 任意整理
着手金
任意整理
基本報酬
過払い金 過払い
基本報酬
総合評価

スクリーンショット-2016-03-10-14.32.13

おしなり
法律事務所

◎
3万円 2万円 0円 返還金の
20%

・全国対応相談は無料!
・取り立て即日ストップ
・分割払いにも対応可能

スクリーンショット 2016-05-06 16.59.10

弁護士法人サルート

◎
49,800円 19,800円〜 0円〜 20~25%

・相談無料
・24時間365日相談可能
・アクセス良好

スクリーンショット 2016-06-08 20.11.32

樋口総合法律事務所

◯
39,800円 19,800円〜 19,800円〜 20%

・家族にも知られずに過払い金請求
・アットホームな雰囲気
・アフターサービス万全

地方法律事務所
△
39,800円 19,800円〜 19,800円〜 20%

・家から近いのが利点

記事を書いているのは?

楽に借金返済
貸金業務取扱主任者 3級 ファイナンシャル・プランニング技能士。元貸金業者で働いていた経験と、自身も長年借金をしている経験を併せ持つ。 借金道を10年運営。借金コラムを2000枚以上執筆。 借金アドバイザーとして、WEB上での借金相談を1,000件以上行っている。
運営者情報
借金アドバイザー シロウ
お問い合わせ

おすすめ!無料相談シュミレーター

いきなり弁護士に依頼するのはちょっと…、とりあえず話だけでも聞いてみたい、という方におすすめなのが「街角法律相談所」です。
無料で匿名のまま入力できるシミュレーターを使って、借金の減額可能額や減額方法、依頼すべき弁護士事務所を表示させる事ができます。

診断後はそのまま表示されている弁護士事務所に依頼する事もできます。

メールや電話での悩み相談を無料で受けつけていますので、債務整理が気になる方はまず一度街角法律相談所を利用してみるといいですね。


債務整理費用の比較 ランキングTOP3

スクリーンショット-2016-03-23-13.43.21

おしなり法律事務所の相談の流れは電話、WEB、ファックス、メールで相談予約をし、実際に相談をします。
債務整理一つとっても任意整理や自己破産など様々な方法がありますから、法律家の視点から適切な方法を選んで導いてくれるのは利用者にとっては非常に心強い味方です。
貸金業者からの取り立ては即日ストップしてもらえ、分割払いににも対応可能で非常にオススメです。

評価
★★★★★
過払い報酬
20%
任意整理着手金
20,000円
自己破産
0円
個人再生
0円
スクリーンショット 2016-05-06 16.59.10

弁護士法人Salute法律事務所は、借金の相談は何度でも無料。
相談の受付は、24時間365日・全国対応です。
嬉しいことに、家族や会社には知られることなく解決できます。
また闇金にも強く得意としていて闇金に対応出来る法律事務所は数少ない為、貴重な法律事務所です。

評価
★★★★☆
過払い報酬
20%
任意整理着手金
49,800円
自己破産
500,000円
個人再生
500,000円

分割にも柔軟に対応してもらえ、過払い金が戻ってからすぐに報酬を支払う事が難しい人も気軽に利用出来ます。
実績があり、安心して手続きを任せる事ができます!

評価
★★★★☆
過払い報酬
20%
任意整理着手金
49,800円
自己破産
500,000円
個人再生
500,000円

コメントを残す

元金融マンが語る完済の鉄則 -目次-

  1. 借金道の想い
  2. 借金の悩みは語られない
  3. 自分の借金を把握する
  4. シロウの返済理論
  5. 家計簿をつければ効果的に返済できる
  6. 繰上返済で借金を減らす方法
  7. 繰上げ返済時に振込手数料を無料にする方法
  8. 借金してても楽しいことあるさっ
  9. 借金返済の生活
  10. 借金返済の生活 その2
  11. 借金が増えていっている人へ
  12. ストイック(=禁欲的)に
  13. 何のタメに働くのか
  14. 完済の向こう側
  15. 行動
サブコンテンツ
  • 借り入れ金額、年収から判別!借金から身を守る方法