借金があって退職するかどうか悩んでる?退職じゃなく転職を!

サラリーマン勤めには不条理がいっぱい

仕事をしていると精神的に追い詰められたり、ありえない位にサービス残業させられたり、不条理な人間関係に追い詰められたりする事って結構当たり前にあると思います。

退職する
職場という狭い人間関係の中にいる時は、人間の汚い部分があり、いじめとか、妬みとかを原因にした鞘当て的な(鞘当てとは武士が刀の鞘が当たっただろうと喧嘩になるたとえです。)人間摩擦が起こりやすいと思います。

人数が少ない職場では、視野が狭くなってお互い見えない事が多々あると思います。

自分もいい仕事をしているようには思われてなかったり、(実際できてなかったり^^;)、また同じように相手の荒ばっかり見えたりするものだと思います。

はっきり言って、仕事やめたいっ!!って思う時は誰にでもあると思います。

ですが、そんな時、落ち込みながら過ごしていても時間がもったいないだけです。
いきなり重い話なのですが、

自分は死ぬんだと覚悟をして死ぬ人がどれだけいるでしょうか。

死んでいくほとんどの人が自分が今日死ぬと思ってなかったと思います。

生きている時間はたくさんあるように思えますが、実は一日一日少なくなっています。どんな生き方で過ごすか、歳を取り、死が近づいた時に、ああ思いっきり生きたなと思えるような生き方がしたいと私は思います。

そう考えると、狭い職場での人間関係でも、お金のない時期でも積極的に楽しむ事もできると思います。

他人に遠慮して神経過敏になり、大切な自分の時間を消費してしまう。これは本当に無駄だと思います。

例えば職場の上司に遠慮して、ペコペコ頭ばかり下げる。

仕事を続けていく上で戦略的に必要な事もあるでしょうけれども、相手がおかしな事を言ってるかどうかは、自分の判断で考える必要があると思います。

借金があるととかく心が弱くなりがちです。悩みを背負い込みがちになります。

今日という日に、自分を生かしていくにはどうすればいいか、そういう視点を持って考えて行動していった方がいい人生を送れると思います。

職場のいじめなんて

昨日友達と話してた会話
「サラリーマンなんて、結局上司にどれだけ気に入られるかでしょ。あとは(社内の)周りの人に適当に合わせていればいいだけ。」
…(´Д` )…!!
まぁ、そう言えばそんな感じがしますね。

でもこれって本当に仕事なのか疑問も残ってしまいます。

結局初めての就職はさんざんでした。入って数年は飲みに連れて行かれて(飲める人はいいんですが)、無理に酒勧められて吐くまで飲まされたり。

私自身はお酒が飲めない方だったので、とても苦労しました。

今回話していたこの友人は酒が強いので、新入社員が入ってきた時に毎度繰り広げられる、強制的に飲ませるという儀式を冷静な目で見ているそうです。
「飲めないヤツに無理やり飲まして、それで(上司は)笑ってる。そんな事して楽しいか?」
「いや、そういうの本当に下衆(げす)だと思う。」

そう考えると人格形成レベルかなり低い方多いです。(もちろん自分も似たり寄ったりの下のレベルですが、そんな奴らよりは少しましかと。)

いろんなトコに別々に就職していった人に話を聞いても、いつも聞くのはいじめ、パワハラの話とか、薄給の話とか、サービス残業の話とかです。

いったいどこに働き続けたいと思えるような会社があるのでしょうか。

公務員とか、お堅い一部上場企業をのぞけば、たぶん欠点のない、働き手にとって極上な勤め先なんてないと思います。

なんの取り柄もない、駆け出しの人間はひどい環境の中でも、頑張って修行して自分を高めて、次に移れる力をつけるべきだと思います。自衛の為にキャリアを作る事が必要です。
借金と戦う
まぁ、キャリアを作ったところで、その業界が悪くなってしまえば移りようがないのでそれまでって場合もありますが。

今、ゆとり世代の次にさとり世代(何をしても仕方がないとさとったような状態になってる世代の事。結果がわかってる事はしない主義)の人が現れてきてるって話です。車も欲しくない、お酒も飲まない、遠出もしない。

努力しても無駄だとわかってるから努力しない。確かにそうです。ある意味正論です。

でもそんなの楽しいかなぁ?って私は個人的には思います。

嫌な仕事でも頑張るから、何か変わるわけですし、自分も少しだけ賢くなれる事でしょう。

自営するスキルが身についたりして、未来を変える方法も出てくるかもしれません。何もしなければ無職の時間ができて、お金がない時間ができて、考えごとをする時間はできますが、そんな風に時間を過ごしても何も積み重ねられず、時間を浪費していくだけです。

人に作ってもらった仕組みの中にいては、その時は楽しくても、それは何も意味ありません。

先につながるような事を考えるべきです。

自分の将来のビジョンを立て、その為には今何をすべきかと考えてみるべきです。職場でいじめられても気にしない。そういうのは長い人生から見れば一瞬です。嫌な事があっても流して、これから先の事を考えて下さい。

退職した後、お金に困ってしまうかも…

金銭的な理由のせいで職に縛られる理由がある人にとって、お金が入ってこなくなる期間がこれから先出来てしまうという状況は恐怖以外のなにものでもありません。

しかし、もし、借金がなければどうでしょうか?

借金がある状況とは違った選択ができるかもしれません。

少なくとも、冷静な判断ができるかもしれません。

借金と無縁で金銭的な半強制的な状況を強いられない人は、”時間を大切にするという観点”と”その時間を有意義に過ごすというい観点”から見れるので、仕事に対するとらえ方、人生全体に対するとらえ方を違ったものにできると思います。

辞めた方がいい時もあります

でも辞める事が正しい判断かどうかはわかりません。

その人が心の中で思っている辞める理由も、他の人が聞いたらまた違うかもしれません。

辞めないで頑張るのがいい場合もあるでしょう。それはそのシチュエーションとその人の考え方にもよります。

身を立てなければあなたは弱いままです

きっと、自分の芯になるようなキャリアの方向性を決めてそれに向かって頑張らなければ、寒い職場で寒い思いを繰り返すだけだと思います。

そしてキャリアの方向性を一度決めたら、嫌な事があったり、嫌なヤツがいたりしてもやり抜く事が必要だと思います。

ただ退職するというのだけではなく、今後の人生戦略を考えた上で転職するっていうのがいい方法です。

仕事を辞めたいが借金がある

今借金があって、そんな状況で仕事を辞めたいなぁっていう人、結構いらっしゃると思います。

借金がある状況でも、仕事を辞めるっていう選択肢はアリだと思います。

ですが、いい加減に転職してはダメです。あなた自身の人生全体の大局を考えて幸せになれそうな職種を選んで、転職を考えるのがベストです。

いい加減に転職を決めると、ミスマッチで酷い目に

何か、間に合わせで仕事を適当に決めてしまうと、その仕事がやりたくて始めたのとまた違いますから、苦労を強いられるシチュエーションでの自分の踏ん張りも違ってきます。

それに仕事を変えるにはまた一から仕事を覚えなおさないといけないというデメリットもあります。

辞めたいと思った時は、自分は何が今の仕事で嫌なのか、なぜ辞めたいのかをまず分析し、転職するなら、今の悩みが解決されるという仕事に転職すべきだと思います。

例えば、(アルバイトしてる人は特にこれあると思うんですが)今の職場にいても未来がない、だから転職する、とか。

例えば、今商売をされてる方の場合だと、夜の仕事だと彼女さんとうまくいかないのがいやだから、昼の仕事に転職するとか。

このように理由を挙げてみて、さらにデメリットも思いつくだけをかんがえてみて、それから転職するべきだと思います。

短期的に考えてちょっとでも給料のいい会社を選ぶべきでしょうか?

そうではないと思います。

仕事で一番大切なのはお金ですが、仕事は続けていけるかどうかが重要です。

すぐに辞めるよりも長い期間働いた方が結果的に収入は多くなります。

仕事は継続が大事です。
大局を考えて仕事を選んでいきましょう。

次ページは、長く続く仕事に転職すれば借金返済が楽に進みます、です。

記事を書いているのは?

楽に借金返済
貸金業務取扱主任者 3級 ファイナンシャル・プランニング技能士。元貸金業者で働いていた経験と、自身も長年借金をしている経験を併せ持つ。 借金道を10年運営。借金コラムを2000枚以上執筆。 借金アドバイザーとして、WEB上での借金相談を1,000件以上行っている。
運営者情報
借金アドバイザー シロウ
お問い合わせ


転職ランキングTOP3

転職前に、実際にその会社で働いていた人がどれ位残業があるのかとか、昇給ありってどこまで本当のなのかを、匿名口コミで書いてあるサイトです。
転職を考える際には、このキャリコネというサイトはID登録して見ておく事必須です。
私自身、これで行く会社、行かない会社を決めました。入ってから残業盛りだくさんな事実を知る、とか余計履歴書汚れるし、精神ダメージも受けるし、時間も無駄にするしで最悪ですからね。

おすすめランク
★★★★★
公開求人
非公開
得意職種
全職種
年収UP率
非公開
対応地域
全国
スクリーンショット-2016-03-10-18.33.56

日本最大級の転職情報!!
「マイナビ転職」を運営するマイナビグループの転職エージェントです。
35年以上にわたる企業とのリレーションを活かし、中途採用計画や採用コンセプトの立案に関わる提案を行っています。

おすすめランク
★★★★★
公開求人
約60000件
得意職種
IT,営業
年収UP率
非公開
対応地域
全国
スクリーンショット-2016-03-10-18.44.19

マンツーマンの人の手による気付きやアドバイスを活かした転職成功の支援に力を入れています。
キャリア情報誌で培った大手企業とのリレーションシップ、取材、情報収集力をもとにしたハンドメイドならではのサポートで転職サイトのサービスとは異なる実績を積み重ねています。

おすすめランク
★★★★☆
公開求人
約500件
得意職種
IT,外資
年収UP率
71%
対応地域
首都圏

2 Responses to “借金があって退職するかどうか悩んでる?退職じゃなく転職を!”

  1. じんじん より:

    タイムリーにも、母校で開催した、新卒の学生さん向け
    会社説明会に参加して、その質問を受けました。
    「会社を辞めたいと思ったことありますか」

    会社の人間数人で行って、そう思ったことがない、という
    人は誰もいませんでした。いま立派にやっている人でも、
    そう思うことがあるのですね。

    >そしてキャリアの方向性を一度決めたら
    まさに、そのとおりですね。一度仕事をやめるにしても、
    成功する転職か、失敗する転職かの分かれ道は、そこに
    あるのでしょうね。

  2. シロウ より:

    お返事が遅くなってごめんなさい。
    じんじんさんありがとうございます。
    >そう思ったことがない、という人は誰もいませんでした。
    >いま立派にやっている人でも、そう思うことがあるのですね。
    そうなのですね。絶対誰でも辛いときありますよね。この人は仕事できるから、能力あるから大丈夫だろとはたから見てて思っても、本人は結構つらかったりするんでしょうね。
    >そう思ったことがない、という人は誰もいませんでした。
    こう教えていただいてあらためて気がつきました。

    >一度仕事をやめるにしても、成功する転職か、失敗
    >する転職かの分かれ道は、そこにあるのでしょうね。
    キャリアって本当に早いうちに計画立ててやられた人が偉いですよね。自分なんてかなりキャリア形成偏ってるので転職時にはいつだって再スタートみたいな感じになりそうですが。

コメントを残す

元金融マンが語る完済の鉄則 -目次-

  1. 借金道の想い
  2. 借金の悩みは語られない
  3. 自分の借金を把握する
  4. シロウの返済理論
  5. 家計簿をつければ効果的に返済できる
  6. 繰上返済で借金を減らす方法
  7. 繰上げ返済時に振込手数料を無料にする方法
  8. 借金してても楽しいことあるさっ
  9. 借金返済の生活
  10. 借金返済の生活 その2
  11. 借金が増えていっている人へ
  12. ストイック(=禁欲的)に
  13. 何のタメに働くのか
  14. 完済の向こう側
  15. 行動
サブコンテンツ

低利化で借金は楽になります!

即日融資に関するマンガ - 1コマ目 利息減らせないかなぁ。- 2コマ目 シロウ絵 そんな時は低金利カードローンです!。 - 3コマ目 なるほど!やってみる - 4コマ目 やった、低利化で楽になったぞ!


  • 借金があって退職するかどうか悩んでる?退職じゃなく転職を!