借金生活の苦しみをマシにする方法

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

自分でも理由がわからずに借金返済が行き詰まる人は、自分がどういう事に幾ら使ったのかを把握していないと思います。

計画的にいきましょう。(ベタな消費者金融のCMみたいですが^^;)

借金する前も、次の給料までお金が持たなかったという人は、ちょっとやっぱりお金の使い方がおかしいと思います。

今までギリギリという生活をしてきた人は、お金に対する付き合い方を変える必要があります。

借金生活をうまくやっていくには、生活費を払った上で、毎月の返済額を払い、さらに繰り上げ返済ができる位の勢いで返していける生活サイクルを作る事が必要です。

ちょっとお金の出入りについて考えてみましょう。

借金生活の節約ポイント

まず、最も削ると楽で、効果が大きいのが、家賃や住宅ローンといった住居費の部分です。

ここを削ることができれば、最大の効果を得ることができます。

例えば、今職を探してる人は、寮付きの仕事を選んで寮に入ってしまうとか。

これができればかなりいいです。

借金生活中の食費、光熱費

食費、光熱費といったどうしても必要な費用はいくらでしょうか。
この中で最も重要なのは食費です。

食費はだいたい生活費の2割に収めるようにしましょう。

生命保険や自動車保険はかなり商品が増えてきていますので、定期的に見直していきましょう。

後、自動車がそもそもなくてはならないかも検討してみる価値があると思います。

東京に住む倹約家達は、かなり所得が多くても自動車は持たないという考え方の人が多いです。

自動車を持たずにレンタカーやタクシーを駆使した方がずっと安くつくからです。(実際にはタクシーってすごく割高に感じますが、車を所有するコスト、つまり駐車場代とか、保険代を考えるととても安くつくわけです。)

削れるところを探して、自分がいかに楽に削るかです。効率的に節約していきましょう。

借金生活を脱出する為には

無駄な支出を削り、生活をシンプルにしていく事が大切です。

特に見直すべき項目は家賃(引っ越すのにもお金がかかります。あと、家賃を削って部屋のグレードを落とすとすごいストレスがかかる場合もあります。)、携帯代、車関連のお金、光熱費といった項目でしょうか。

できるだけ外食しないというのも大事ですね。

保険も今よりもっと安いものがあるかもしれません。
ライフネット生命保険とかネットだけのものがいいと思います。

契約時だけ安心して、あとはお金を払っているだけで、保険の保険の存在すら忘れているという人がほとんどだと思いますので、これはいけません。何年か毎に定期的に見直した方がいいでしょうね。

車を手放して他の交通手段を考える。

バイクにする、電気自転車にするというのも代換案です。

車のグレード、クラスを落としたり、燃費のいい車に買い換えるといった方法が考えられます。車を所有するのはお金がかかり過ぎるので無駄が多いです。(どうしても必要な地域もありますが、都会部分で暮らす限りでは削った方がいいかもしれません。)

記事を書いているのは?

楽に借金返済
貸金業務取扱主任者 3級 ファイナンシャル・プランニング技能士。元貸金業者で働いていた経験と、自身も長年借金をしている経験を併せ持つ。 借金道を10年運営。借金コラムを2000枚以上執筆。 借金アドバイザーとして、WEB上での借金相談を1,000件以上行っている。
運営者情報
借金アドバイザー シロウ
お問い合わせ

おすすめ!無料相談シュミレーター

いきなり弁護士に依頼するのはちょっと…、とりあえず話だけでも聞いてみたい、という方におすすめなのが「街角法律相談所」です。
無料で匿名のまま入力できるシミュレーターを使って、借金の減額可能額や減額方法、依頼すべき弁護士事務所を表示させる事ができます。

診断後はそのまま表示されている弁護士事務所に依頼する事もできます。

メールや電話での悩み相談を無料で受けつけていますので、債務整理が気になる方はまず一度街角法律相談所を利用してみるといいですね。

コメントを残す

元金融マンが語る完済の鉄則 -目次-

  1. 借金道の想い
  2. 借金の悩みは語られない
  3. 自分の借金を把握する
  4. シロウの返済理論
  5. 家計簿をつければ効果的に返済できる
  6. 繰上返済で借金を減らす方法
  7. 繰上げ返済時に振込手数料を無料にする方法
  8. 借金してても楽しいことあるさっ
  9. 借金返済の生活
  10. 借金返済の生活 その2
  11. 借金が増えていっている人へ
  12. ストイック(=禁欲的)に
  13. 何のタメに働くのか
  14. 完済の向こう側
  15. 行動
サブコンテンツ
  • 借金生活の苦しみをマシにする方法