借金生活中は安く楽しめる趣味をもつといいですよ!

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

借金はストレスがあると認識する事

落ち込む時って誰にでもあると思います。

ただ疲れて落ち込んでいるのなら休んで回復を待つのがいいですが、原因を突き止める事ができない場合には少し立ち止まってなぜか考えてみた方がいいかもしれません。

もしかしたら、自分の奥底から来ているストレス感情があるからかもしれないからです。

例えば、職場ではなんとか嫌いな上司の言う事を聞いているけれども、本当の自分はそれがすごく嫌だったとします。この場合、自分の中に感情を抑圧してしまい、すごくストレスがたまっていきます。

しかし、本当にケチな人はこうして鬱積していった自分のストレス感情を無視しがちです。

「仕事場ではストレスがたまって当然だ、でも俺は大人なんだから、ストレス解消の為に無駄なお金を使ったりしないぜー!!」とか思って一切お金を使わずに返済に明け暮れる人は結構いると思います。(私自身そんなタイプなので)

割り切ってると自己分析していても、実際には”たまったストレス”を処分しきれていません。夜になって寝付けなかったり、妙にキレやすくなったり…些細なところにその信号は出てきます。

また、こういう落ち込んでる時に、外に出て無理に明るくしようとあがくと空回りして、余計精神ダメージ受ける事もあると思います。

借金している人は結構デリケートです。借金をする前の状態の時よりも、休む時は休むで繊細なバランス感覚が必要です。

金銭的に追い詰められる事は人生的に追い詰められるという事です。

あなたの職場とかにいる、借金と縁のない人、借金と関係のない普通の人が平気な精神状態でいれるのは、お金を貯めたりしてこれから先の未来に希望が持てるからです。

しかし、借金があり、貯金ではなく借入金が多くなっていると、これから先かなりの期間借金を返済する期間を過ごさなければならない、と考えて不安になってしまいます。

本当は、目をそらしたくなる大問題をまっこうから受け止めて、対策を練るのは正に精神的サバイバルです。

私が現在借金をしていて、精神的に疲れきってる人に対して思うのは、どうかストレスを溜め込み過ぎる事無く、適度に気楽に考え、適度に精神的な休息を取ってください。ということです。

(最近過労寸前まで仕事し過ぎの自分にも当てはまるのですが)精神的に全力で戦ってしまっている事は疲れの原因だと思います。

もちろん借金を作ってしまったばかり、という方は全力で戦うのが正解だと思います。ですが、ずぅーっとそれをやっていたのでは、どんなに精神的に強い人でも、長い戦いの中では刀折れ、矢つき、いつか倒れてしまいます。人生は実は結構長く、続いているものです。

借金に神経質な人は50万の借金でもまるで家をとられるかのごとく戦線恐々としてしまいます。

借金は経験すればする程、借金ストレスに強くなるというものではありませんが、誰もが適度にストレスをバランスする事ができれば、人はもっと借金とうまく付き合っていけるようになると思います。

借金
借金があってお金がなくても、できるだけいい時間の使い方をしていければベストですよね。

お金をかけずにできる事と言えば、DVDを見るとか、古本屋で100円位で売ってるマンガを買って来て読むとかゲームをするとかがいいと思います。

借金生活は長期戦

1週間や、1ヶ月では解決しない問題です。その重荷に耐えるためにはできるだけストレスを散らす方法を考える事が必要になってくると思います。

マンガやゲームはある一定以上お金がかからず、長く楽しめます。お金をかければかける程おもしろくなるような類の遊びよりも、そういう遊びをしていくのがいいと思います。

本、レンタルDVD、コミックレンタル、ゲーム(家庭用ゲーム機の)が、費用対効果の高いストレス解消法だと私は思います。

借金を返済している間はお金をかけれないので、極力お金のかからないもの、しかも長時間没頭できるものがいいと思います。

オタク気質な人は結構これで持つと思うのですが、そうではない人はもっとアウトドアな趣味を持った方がいいかもしれません。

たとえば、フルマラソンに出るという目標を持ってそれに向けて走り込みをするとか…ごめんなさい、インドア派なのでよくわからないです^^;

あと、ストレス解消と少し逸れますが、いかに借金のある状態から早く脱出するか、その為に役に立つ情報を探そうとする努力も大切だと思います。

具体的には、こうやってネットのサイトを見て何か対処法はないか探してみる事も一つの方法ですし、本屋であるじゃんとかのお金系雑誌を見て、同年代の他の人がどんな事をしているのかを調べてみるのもいいと思います。

あと、ストレスを溜めないという意味では、ちゃんとした生活をするという事も大事です。
寝る。これはすごい強力なストレス解消法です。

寝ればスッキリします。何かストレスがある時、寝て忘れるというのは大事な事だと思います。

借金があっても落ち込んでいる時間を作ってしまうより、後々につながるような時間を作っていくのがいいと思います。

落ち込んでいても、時間は過ぎていきます。どうせ時間を過ごすなら、できるだけストレスを溜めず、楽しめるように過ごしていきましょう。

借金生活が苦しくて、精神的に落ち込んでるなら

借金があると落ち込みそうになる時がたくさんあると思います。

そんな時は借金がなかった時の事を思い出してみるといいと思います。
借金には数字があります。返済していけばかならず終わります。

落ち込む時間はできるだけ少なめに。

好きな本とか、昔好きだったDVDとか、何でもいいと思います。
自分を勇気づけるものを探して、それをやってみるのがいいと思います。

幸せを探そうとしてみよう

自分に甘すぎる生活をしていては、借金の返済が進まず停滞してしまいます。

ですが、自分に厳し過ぎるのも、せっかくの大切な時間(借金しているとこの時間を大切にするという観点がなくなってきますが)が無駄になっていきます。

自分に甘すぎず、厳しすぎずに借金返済を進めていく事が大切だと思います。何でもそうだと思うのですが、バランスですね。

お金を残そうとすれば、ままならない事がたくさんありますが、そこは我慢と、我慢する代りに自分を満たしてくれる方法や、代用品探しをして乗り切っていきましょう。

いつでもそうなんですが、幸せになろうというテーマを持った方がいいと思います。

借金があってもなくても関係なく得られる幸せ、というものがあると思います。
たとえば本が読めて幸せ。ネットが見れて幸せ。スーパーで材料を買って来て、おいしい料理を自分で作って食べて幸せ。

借金を返していく生活の中でも、探そうとすれば幸せを探していけると思います。

幸せだけを追求すれば、お金を使えば使う程、幸せになれるように思えてきてしまいますが、それは、借金があるうちはやってはいけません。

あくまで、お金とはあんまり関係なく、幸せになれるものを探すという事です。

言葉にすると難かしい事ですが、借金があるという事を忘れてはいけません。でも幸せは追求すべきだと思います。

自分に甘すぎても厳しすぎても、幸せにはなれないと思います。バランスが大切ですね。

記事を書いているのは?

楽に借金返済
貸金業務取扱主任者 3級 ファイナンシャル・プランニング技能士。元貸金業者で働いていた経験と、自身も長年借金をしている経験を併せ持つ。 借金道を10年運営。借金コラムを2000枚以上執筆。 借金アドバイザーとして、WEB上での借金相談を1,000件以上行っている。
運営者情報
借金アドバイザー シロウ
お問い合わせ

おすすめ!無料相談シュミレーター

いきなり弁護士に依頼するのはちょっと…、とりあえず話だけでも聞いてみたい、という方におすすめなのが「街角法律相談所」です。
無料で匿名のまま入力できるシミュレーターを使って、借金の減額可能額や減額方法、依頼すべき弁護士事務所を表示させる事ができます。

診断後はそのまま表示されている弁護士事務所に依頼する事もできます。

メールや電話での悩み相談を無料で受けつけていますので、債務整理が気になる方はまず一度街角法律相談所を利用してみるといいですね。

コメントを残す

元金融マンが語る完済の鉄則 -目次-

  1. 借金道の想い
  2. 借金の悩みは語られない
  3. 自分の借金を把握する
  4. シロウの返済理論
  5. 家計簿をつければ効果的に返済できる
  6. 繰上返済で借金を減らす方法
  7. 繰上げ返済時に振込手数料を無料にする方法
  8. 借金してても楽しいことあるさっ
  9. 借金返済の生活
  10. 借金返済の生活 その2
  11. 借金が増えていっている人へ
  12. ストイック(=禁欲的)に
  13. 何のタメに働くのか
  14. 完済の向こう側
  15. 行動
サブコンテンツ
  • 借金生活中は安く楽しめる趣味をもつといいですよ!