総量規制外の消費者金融

総量規制に関係なく貸すことができるカードローンがあります。

新生銀行レイク 消費者金融なのに、総量規制外

souryoukisei.PNG

新生銀行は既にレイクを買収している子会社から、日本各地にある無人店舗800店の経営権を引き継ぎ、銀行本体として消費者金融ビジネスを始めています。

銀行自体が消費者金融の事業をする事になります。

消費者金融は収入の3分の1までしか貸すことができない、でも銀行は3分の1以上でも貸すことができる、という総量規制…。なんかできすぎたシナリオですよね。

最初から消費者金融を潰して、そのうまみを銀行に流す為に政治家が仕組んだとしか、私には思えないです。

ちなみに、レイクがこの形で最先端をいく事になりましたが、他の大手消費者金融も、上には銀行がついています。

実はこの後、他の消費者金融業者も銀行がブランド名を引き継ぎ(銀行はイメージを気にするので実現するのかはわからないですが)総量規制から外れる可能性が出てきました。

そうなったら、年収の3分の1までしか借りる事ができないっていう総量規制はいったい何の為にできたのか…

改正貸金業法は2010年6月に施行されました。上限金利が29.2%から18%になった事は消費者にとってとてもいい事だと思いますが、総量規制にこんな抜け道を作る事を最初から想定していたのだとしたら…。

新生銀行カードローンレイクが年収の3分の1以上でも貸すのは、公務員の方か、上場企業にお勤めの方のような方、という形です。(新生銀行カードローンレイクが優れた金融商品なのかは、今のところ微妙です。

新生銀行カードローンレイクがどこまで総量規制を越えた事例を出すのかについてもまだわかっていません。)

総量規制は表面上は消費者の為。ですが、裏面で恩恵を受けてるのは銀行です。

結論は、総量規制で引っかかる年収の3分の1以上を借入しようと思うのなら、銀行カードローンを申し込んだ方がいい、という事です。

保証人を立てたら総量規制を超えても大丈夫?

カードローンの最大の特長は、「担保なし」「保証人なし」で借金ができる可能性があることです。

とはいえ銀行系カードローンの場合は、自分で立てる必要はありませんが、銀行から委託を受けた保証会社と呼ばれる保証人と同様な役割を果たす会社が存在します。

しかも銀行系カードローンは総量規制の適用を受けないので、保証人を立てるまでもなく総量規制を超えて借入が可能です。

総量規制とは、総額が年収の3分の1を超えて貸付をしてはならないという貸金業者に対しする規制を定めた貸金業法の条文です。

この総量規制に反して(年収の3分の1を超えて)借入をしても、利用者には何の罰則も科せられませんが貸金業者は行政指導を受けます。

総量規制は「申込者の年収」にかかわって貸金業者の貸付を規制するものですから、「保証人」を立てるかどうかといったこととは全く関係がありません。

ところがカードローン提供会社では、次のような場合には申込者に保証人を立てることを要求する場合があります。

  1. 申込者が「学生」や「専業主婦」の場合(正式な保証人ではないが、収入のある保護者や配偶者の同意書)
  2. 高額な借入限度額の貸付を、保証人を立てられるかどうかで最終決定する場合
  3. 審査結果が合否のボーダーラインの場合

これらの保証人を立てることで審査をクリアできますが、総量規制を超える借入ができるわけではないのです。

いずれにしても、消費者金融系カードローンでは、どのような方法であっても総量規制を超える借入はできません。もし、できる貸金業者があるとすればそれは「ヤミ金」で、絶対に手を出してはいけないものです。

クレジットカードは、総量規制の対象になりますか?

クレジットカードは、「2つの機能」を持っています。

1つは「ショッピング機能」で、他の1つは「キャッシング機能」です。

具体的には、キャッシュレスで買い物できる(支払いは「後日払い」)機能がショッピング機能です。また、クレジットカード会社から借入をできる機能がキャッシング機能です。

クレジットカードのそれぞれの機能は、異なる法律の適用を受けます。

ショッピング機能については貸付ではなく後払いの決済ですので、適用されているのは『割賦販売法』です。

また、キャッシング機能に関しては金銭の貸付ですから、カードローン同様に『貸金業法』が適用されています。

このことから、質問に対しては、「クレジットカードでキャッシングした金額は、総量規制の対象になります」というのが答えです。

すでにご存じの方は多いことですが、クレジットカードの利用限度額のことは「枠」と言います。

この枠は、ショッピングに利用できる限度額として設定されるのです。

このクレジットカードにキャッシング機能を利用できる限度額(キャッシング枠)を設定するかどうかは、利用者が選択できます(一般的には、クレジットカード申込みの際やカード利用開始後に設定可能です)。

このキャッシング枠はショッピング枠とは別枠で設定されるのではなく、ショッピング枠内で設定されるものです。

たとえば、利用限度額100万円のクレジットカードにキャッシング枠を設定しなければ、ショッピング枠は100万円のままです。

しかし、このクレジットカードに30万円のキャッシング枠を設定すれば、利用限度額は100万円が変更されないのですから、ショッピング枠は70万円に設定されます。

話を総量規制に戻しましょう。

上記の例であれば、30万円のキャッシング枠は貸金業法の適用を受けますから、キャッシングを利用すればその金額が総量規制の対象になります。

ここで説明したのは、クレジットカード会社や消費者金融会社のクレジットカードの場合に関連したものです。

銀行が発行しているクレジットカードは貸金業法の適用を受けないことから、キャッシングの利用に関しても総量規制の対象ではありません。

総量規制の影響で、借りれなくなっている人がたくさんいます

たとえば、私の場合も、借りている消費者金融からいきなり重要なお知らせのメールが来て、WEBでログインして確認して下さいという風になっていたので、ログインしてメッセージを見てみると、いきなり借入れ可能残高がゼロにされていました。

収入証明を提出して下さい。という事らしいです。

これまでは収入証明なしでも、提出して下さいねー的な、やんわりとした感じで一応催促はしてるんですけど、収入証明出てないですねーという感じでOKだったので、こんな実力行使はしてこなかったんでしょうけど、規制で厳しく変わってしまったようです。

こういった書類に対しての厳格化に加えて、収入の3分の1以上は借りる事ができないという総量規制、今まで借りてきた人にとっては迷惑な話です。

注;総量規制は年収によって借り入れする事のできる金額が決まってしまうというものです。

総借入残高が年収の1/3を超える貸し付けなど、返済能力を超えた貸し付けが禁止されるようになります。

そうなると、今の時点で借入額がその基準を超えている人は、基準以下になるまで返済をしていくだけになる場合もあります。

いつも借りたり、返したりのゾーンを行ったり来たりしている人は、借入れ先の会社が1社だけの人は、自分が今返すだけになっているのか、それともまだ借りることができるのか、念の為に借入れ先の会社に確認しておいた方がいいと思います。

保証人を立てたら総量規制を超えても大丈夫?

  • 保証人を立てたら総量規制を超えて借入ができるなどと言うことはあり得ないこと。
  • 総量規制と保証人を立てるかどうかは、全く関係のないこと。
  • 保証人を立てることで審査をクリアできるケースはあるが、総量規制を超える借入ができるわけではない。

クレジットカードを持っていますが、総量規制の対象になりますか?

  • クレジットカードのショッピング機能は『割賦販売法』、キャッシング機能は『貸金業法』が適用されている。
  • キャッシング枠は貸金業法の適用を受けるので、キャッシングをすればその金額が総量規制の対象になる。

記事を書いているのは?

楽に借金返済
貸金業務取扱主任者 3級 ファイナンシャル・プランニング技能士。元貸金業者で働いていた経験と、自身も長年借金をしている経験を併せ持つ。 借金道を10年運営。借金コラムを2000枚以上執筆。 借金アドバイザーとして、WEB上での借金相談を1,000件以上行っている。
運営者情報
借金アドバイザー シロウ
お問い合わせ

おすすめ!無料相談シュミレーター

いきなり弁護士に依頼するのはちょっと…、とりあえず話だけでも聞いてみたい、という方におすすめなのが「街角法律相談所」です。
無料で匿名のまま入力できるシミュレーターを使って、借金の減額可能額や減額方法、依頼すべき弁護士事務所を表示させる事ができます。

診断後はそのまま表示されている弁護士事務所に依頼する事もできます。

メールや電話での悩み相談を無料で受けつけていますので、債務整理が気になる方はまず一度街角法律相談所を利用してみるといいですね。


債務整理費用の比較 ランキングTOP3

スクリーンショット-2016-03-23-13.43.21

おしなり法律事務所の相談の流れは電話、WEB、ファックス、メールで相談予約をし、実際に相談をします。
債務整理一つとっても任意整理や自己破産など様々な方法がありますから、法律家の視点から適切な方法を選んで導いてくれるのは利用者にとっては非常に心強い味方です。
貸金業者からの取り立ては即日ストップしてもらえ、分割払いににも対応可能で非常にオススメです。

評価
★★★★★
過払い報酬
20%
任意整理着手金
20,000円
自己破産
0円
個人再生
0円
スクリーンショット 2016-05-06 16.59.10

弁護士法人Salute法律事務所は、借金の相談は何度でも無料。
相談の受付は、24時間365日・全国対応です。
嬉しいことに、家族や会社には知られることなく解決できます。
また闇金にも強く得意としていて闇金に対応出来る法律事務所は数少ない為、貴重な法律事務所です。

評価
★★★★☆
過払い報酬
20%
任意整理着手金
49,800円
自己破産
500,000円
個人再生
500,000円

分割にも柔軟に対応してもらえ、過払い金が戻ってからすぐに報酬を支払う事が難しい人も気軽に利用出来ます。
実績があり、安心して手続きを任せる事ができます!

評価
★★★★☆
過払い報酬
20%
任意整理着手金
49,800円
自己破産
500,000円
個人再生
500,000円

コメントを残す

元金融マンが語る完済の鉄則 -目次-

  1. 借金道の想い
  2. 借金の悩みは語られない
  3. 自分の借金を把握する
  4. シロウの返済理論
  5. 家計簿をつければ効果的に返済できる
  6. 繰上返済で借金を減らす方法
  7. 繰上げ返済時に振込手数料を無料にする方法
  8. 借金してても楽しいことあるさっ
  9. 借金返済の生活
  10. 借金返済の生活 その2
  11. 借金が増えていっている人へ
  12. ストイック(=禁欲的)に
  13. 何のタメに働くのか
  14. 完済の向こう側
  15. 行動
サブコンテンツ
  • 総量規制外の消費者金融