借金で悩む人に言いたい事

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

不安っていうものは、実は自分が作っている場合が多いです。

nayamiwosagasite.PNG

時間が過ぎてから考えると、大した問題でもない事を、私達は悩む事が多いです。

あなたが今抱えておられる悩みも、数年先にあなた自身で振り返ってみれば、あれはこういう風にして解決したんだから、あの時あそこまで悩まなくても良かったなぁと感じる事がほとんどだと思います。

人間、悩みを探しては苦悩するものです。

どうすれば悩まないように…、まったく悩まなくなるっていうのは難かしいでしょうから、悩みを少なくする、と言った方が良さそうですね。

借金生活中は悩みがいっぱい!どうすれば悩みを少なくする事ができるのか?

この問いについていい答えがあります。
自分の弱点を克服できるようにトレーニングをする事なのです。

4つのエネルギー管理術 ジムレーヤー著 阪急コミュ二ケーションズという本がありますので、ここから少し抜き書き、改編します。

いつも仕事に力を入れすぎていて、帰宅してからも仕事の事を考えている人がどうやってリラックスする習慣を身につけるか、という事についてです。

純粋に楽しんで、気持ちを一新できるような活動に、あなたは週何時間を割いているだろうか。心からくつろぐ事ができる時間は、生活の中でどのくらいの割合を占めているだろう。何もかも忘れて、「ああゆっくりできるな」と最後に感じたのはいつだっただろう。(中略)

ぎゅうぎゅう詰めになっているやるべきことの間にもう少しすきまを作り、自分自身が楽しみ、心に栄養を与える特別の休憩時間を作り出してはどうか。私達はこの主人公にそう提案した。そうすれば”悩み”ももっと良くなるはずだと。

結局、この人の場合、堅苦しいメニューをこなすだけのスポーツジムをやめ、楽しめるダンスに切り替え、土をいじるのが好きだったのでガーデニングをやる事にし、読みたい小説を三冊選ぶという事を行い、仕事に力を入れすぎていたという悩みを克服しました。

以上、抜粋(少し改編してあります)終わりです。

悩みに対してはなんらかの処方箋が存在する事が多いと思います。
それは自分一人では気づきにくい事ですが。

この本の中では主人公に対して、カウンセリングをして、どういう行動をすればうまくいくのかというアドバイスがあったからうまくいきましたが、借金をしている私達には、そのような相談に載ってくれる人はほとんどいません。(横山FPや、吉田猫次郎氏はいいと思いますが、本当の意味での借金カウンセラーってすごく少ないと思います。)

現実的には、悩みが出てきたとき、自分で自分の処方箋を探し、乗り越えていかなければなりません。

そういう”悩みを乗り越える技術”っていうのは、悩んで苦労して、そこから初めて自分で、自分なりの答えを積み重ねていくしかないように思えます。

ですが、悩み過ぎても答えが出ないときには、上記で抜き書きした事例のように、リラックスできるような趣味をやる事によって、好転させる事もできると思います。

たぶん、今抱えている悩みも、数年後にはそこまで悩まなくても良かったと感じる事がほとんどです。

借金を返せないような状況になりつつある、というのでしたら法律の専門家に債務整理の相談をするのがいいと思いますが、日常の問題…、借金の問題だけではなく、仕事の悩みとかは、あんまり悩み過ぎないで、時間が解決してくれるだろうし、なんとかなるさ程度に楽観視した方がいいかもしれません。

借金で悩む人というのは真面目な方が多いです。

そんな真面目に悩んでる人に私は言いたいのですが、悩んでいても金額は変わらないという事です。結局行動が全て、いくら繰上返済したかが全てです。

今の自分が限界スピードで返しているならそれでもうOKなわけです。自分を責める必要もないですし、悩む事もないと思います。

やろうとすれば誰にでもできる、借金の悩みを消す方法について、3分で読めるように書いた記事があります。借金で悩んでる人はよかったら借金の悩みを消す方法 | 借金道も読んでみて下さい。

借金返済中、もっとも有意義なのは自己鍛錬だと思います

少し前、お気軽借金相談掲示板にこんな書き込みをいただきました。

>日々、汗水垂らして、一生懸命に働いた給料を利息しか減らない借金のことが頭をよぎり、現状はとてもつらい日々をおくっています。

常に借金のことが頭をよぎる…これ、本当にそうなってしまいますよね。

同じような境遇の方に見ていただきたいです。

今回の記事は借金相談をしていて思いついた、借金してからどうするか?という内容の記事です。

借金でつらい日々…。私はまったく同じような手も足も出ないような生活をしてた時、遣うお金の多少と関係ない楽しみを探そうと必死でした。

そういう仕事を見つける為に仕事終わったら本屋さんに行って立ち読みして、”お金じゃない時間という資産”
を最大限に活用しようとしてきました。

外をランニングしたり家の中で腹筋したり、そんな風に自分を磨く事はお金を使えば楽しくできる…というのとは別の楽しみだと思います。

ダイエットとか運動をして自分が鍛えられ、段々と自分が良く変わっていくのは嬉しいものですし。

それって借金がある状況下でも十分できる事だと思います。

自分を鍛える事は見えない資産を作っている事になる

働いて入ってくるお金は決まってるわけで、いかに勤務が終わってからの休みで見えない資産を積み上げるかという事に腐心してました。

例えば、今、お金があったとしてもできない、選べない事をして、いかに自分を鍛え上げるかと考えたりしてました。

消費をしても意味がない

例えば今日、夜の街でお姉ちゃん相手に金の力を使って飲んで追っかけてるような人には勉強するとか、身体を鍛えるとか選ぶ事ができないです。

結局借金がある状況って、自分次第でいくらでも変えていけます。

消費よりも投資的な時間の使い方をする事が大事です。

実は借金があっても、そんなに何もかも縛られてはいないのです

実は選べる事って結構多いです。よーく考えてみれば、選ぶことのできる選択肢ってたくさんあるものです。

借金減らなくてつらい…そりゃ私にも痛いほどわかります。

簡単に終わりそうに思えても借金を完済するまでの期間は、長いなぁーって本人には思えるものですから。

また、誰でも初めての借金ってまったくの未経験から始まるので、この先どうなるんだろう?と不安になります。

この、”先が見えない事”っていうのは、とてもつらく感じてしまうものです。

借金とは無関係にできる趣味、のめりこめる事を持とう

日々できる、お金とは別次元で打ち込めるものとは、あなたを(”やってる間は”)お金から自由にしてくれるものです。

そういう事をされれば、そういう事を積み重ねられれば、少しはツライと思わ
なくなれるのではないかと思います。以上、お気軽借金相談掲示板からの抜粋、変更した文でした。

別に借金してる人はみんな本を読んでください。ランニング行って下さい、身体を鍛えて下さい。という事を申し上げたいのではないのですが、人それぞれに打ち込めるもの、っていうのがあると思うんですね。

小学校の時、クラブ活動の時間を生徒にやってもらいたかった先生は何を伝えたかったのでしょうか?

これから育っていく子供たちに、このスポーツを練習したらおもしろいんだよって、この文科系の部ではこんなに楽しい事があるんだよって、そんなことを伝えたかったのではないでしょうか。

本読むの嫌いな人、ランニングに情熱を燃やせない人、そんな人でも、小学校のクラブ活動の時にやったような、純粋なそのスキル、レベルを上げていくようなことをやると、働いてる時間以外なら、借金による勤労拘束時間外なんですから、借金があろうが関係ない。

楽しめる。って思うんですね。自分自身を磨くのに、お金はかからないとシロウは思います。お金を持ってる人でもお金を持ってない人でも、学ぶ権利は同じだと思います。

それは意欲という次元の問題であり、生まれつきお金持ちでも、そういう尊い気持ちを持てるかどうかはまた別次元の話だと思うからです。

本屋で本を読もう。これはお金かかりません。(大きな本屋ではほとんどの場合、怒られません。)

家の近くを走ろう、これも誰にも迷惑かけてないです。でも精神的には借金しててもいい時間を作りだせます。

これは借金があろうがなかろうが、できる行動です。

借金が減らないつらい日々をどう過ごすかという事への答えは、できる事を探すという事だと私は思います。

あなたが好きな事をするのがいいと思います

お金がかかんなくて、楽しければそれでOKだと思います。本屋の本を読みつくす事はできないですし、(本屋には新しい本が入ってくるからですね^^)

身体は鍛えつくす事はできません。(格闘技やられてる方はいつまでも上を目指すものですし)

こんな風に自分を高める為の事って他にもいっぱいあると思います。

借金をしたら、借金をしていない世間一般の人が存在しているベクトルと違うベクトルの世界を自分で創っていかなければなりません。

結構あなたの身近にあると思います。もしかしたら、知っていて、忘れてるだけかもしれません。

ヨレヨレのTシャツ着て、ボロボロのスニーカー履いて、外に飛び出してランニングでも始めれば、今まで違った日常が見えるかもしれませんよ。

記事を書いているのは?

楽に借金返済
貸金業務取扱主任者 3級 ファイナンシャル・プランニング技能士。元貸金業者で働いていた経験と、自身も長年借金をしている経験を併せ持つ。 借金道を10年運営。借金コラムを2000枚以上執筆。 借金アドバイザーとして、WEB上での借金相談を1,000件以上行っている。
運営者情報
借金アドバイザー シロウ
お問い合わせ

おすすめ!無料相談シュミレーター

いきなり弁護士に依頼するのはちょっと…、とりあえず話だけでも聞いてみたい、という方におすすめなのが「街角法律相談所」です。
無料で匿名のまま入力できるシミュレーターを使って、借金の減額可能額や減額方法、依頼すべき弁護士事務所を表示させる事ができます。

診断後はそのまま表示されている弁護士事務所に依頼する事もできます。

メールや電話での悩み相談を無料で受けつけていますので、債務整理が気になる方はまず一度街角法律相談所を利用してみるといいですね。

コメントを残す

元金融マンが語る完済の鉄則 -目次-

  1. 借金道の想い
  2. 借金の悩みは語られない
  3. 自分の借金を把握する
  4. シロウの返済理論
  5. 家計簿をつければ効果的に返済できる
  6. 繰上返済で借金を減らす方法
  7. 繰上げ返済時に振込手数料を無料にする方法
  8. 借金してても楽しいことあるさっ
  9. 借金返済の生活
  10. 借金返済の生活 その2
  11. 借金が増えていっている人へ
  12. ストイック(=禁欲的)に
  13. 何のタメに働くのか
  14. 完済の向こう側
  15. 行動
サブコンテンツ
  • 借金で悩む人に言いたい事