借金生活を楽しく過ごす方法

借金生活をしている人こそ毎日楽しく過ごすべきだと思います。

借金の不安

借金の不安を解消

私も未だに借金を返済している身ですが、毎日が楽しいです。

最初の頃は節約ばかりだったのでくじけそうになりましたが、趣味を見つけたら毎日を楽しむことができるようになりました。

そのおかげで節約生活も苦しいと感じなくなりました。

節約生活で余ったお金を趣味にまわすことができるので嬉しいんですよね。

私の今の趣味はDVD鑑賞です。

DVDを見てひたすら見ています。

旧作であれば一本100円のところも多いのでそんなにお金はかかりません。

ケチな趣味ですが、私にとっては最高の贅沢です。

DVDのジャンルは映画はもちろん、芸人のライブやアニメなど、何でもオーケーな感じです。

自分が面白いと思えるものを見れるっていうのは幸せこの上ないです。

感情を揺さぶる機会を作って、借金生活を楽しくしよう!

嬉しいとか、良かったー!!とか、そんな風に思えなくなってきた時は、体が疲れているか、心が疲れているかのどちらかだと思います。自分が何も感じなくなってきているかどうかについては結構気にかけておいた方がいいと思います。

自身で精神状態のバランスを考えて悪くなってきているなぁという時には心に適度な栄養を与えるようにしましょう。

感情が死んできてる時はレンタルDVDでも借りてくるのがいいかもです。
最近レンタル店って価格破壊が進んでて1本100円とかになってますし。

情報を集めようとするとガンガン集める事ができます。何をしてもお金がかかる、何もしないでおこうとか思ってるとホントに悪い方悪い方へ精神状態がいってしまうと思います。

感情が死にかけてきてる時は映画でも見て短時間で心に栄養を!です。泣けるような映画見るのがいいかもです。

パソコンのyoutubeやニコニコ動画で好きな映像を見るのもいいですね。

趣味がない人は、何か自分が興味のある分野に足を突っ込んでみてはどうでしょうか。

趣味があると毎日が楽しくなりますし、その趣味のために頑張って節約しようと思えるようになりますよ。

趣味にお金をかけたくない人は、ウォーキングや読書がいいと思います。

本は図書館で借りれますし、歩くのはお金がかからないです。

お金を儲ける方法を探すこともできますし、体を鍛えて、もっと精力的に生きれるようにもなれます。

借金は贅沢をせずに、趣味を楽しみながら働き続けていれば、歩みは遅くとも必ず返していけます。

現状維持できるコンディションを作る事、仕事を続けていくっていう事が一番大事なのです。

いい趣味を見つけて、それに打ち込んでいくようにして暮らしていけば、返済中もそんなに悪くない時間を作っていけます。

借金を生活中でも楽しんでできるように工夫していきましょう。

少ない出費でも楽しく過ごそう

借金している人は何をして過ごすのがいいのか?

結局のところ、お金を使わずにいかに有意義に過ごせるかという点に集約されると思います。

ですが生活に刺激をもたらそうとすればお金を使って遊んだ方が間違いなく豊富な選択肢の中から遊びを選べます。

楽しいと思える事とは例えば外食して美味しいものを食べる事であり、例えば飲みに行く事であり、例えば欲しい物を買いに行く事とかが挙げられますが、こういうお金のかかる遊びっていうのはなるべく避けていかなければならないと思います。

楽しみってたくさんありますけど、借金がある時はなんでもやってみるではなく、お金がどれだけかかるかを考えて、自分で遊び方、ストレスの解消の仕方を選んでいかなくてはなりません。

借金が増えていく人のパターンの一つは、借金があるという状況を考えずに、まるで借金がない普通の人のようなペースで遊んでいるというパターンが挙げられます。

楽しく、しかも借金があってお金をあんまり使えない状況でもできる遊びを探そう!こういう風に意識して生活していくのがいいと思います。
借金返済のコツ

楽しい借金生活の過ごし方

私も長い間借金がある生活をしてきて見つけたお金のかからない楽しみ方を見つけてきました。

私の場合の楽しみは、貸本屋で本を借りたり、古本屋で漫画を買ってきて読んだり、プレステの古くて安いゲームを買ってきてやるとか、レンタル屋のDVDで名作を探して借りてきて家で見るとか、体を鍛えるとか、ネットしまくるとかです。

心理学者、M.チクセントミハイは次のように述べています。
“自分の内的な体験を意のままにできる人は、生活の質(クオリティオブライフ)を決められる。それは私達が、通常幸せと呼んでいるものに極めて近いと思われる。”

自分が楽しいって感じる事を探していこう、そういう気持ちを持つ事が大事だと思います。

時は金なり、為になる時間にしていきましょう。

とはいっても、お金はそれほどかけるわけにはいきません。

そういう時は時間を使って楽しむという考え方でいった方がいいと思います。

お金がある人が、時間をお金で買うのと、反対の感覚です。お金がないから、足りない分を時間を使って埋めようという考えです。

お金がいくらあっても、楽しみの度合いが変わらないモノ、たとえば、ホントか映画とかがそうです。

漫画本をレンタルしてきて読んだり、DVDを見たりといった楽しみ方は、かなりいい時間の使い方だと思います。

それに飽きたら、活字の本、マネー本とかを読んでいくといいと思います。

ネット上も、本も、探せば今の自分の為に役立つ情報があるかもしれません。

借金ある状況こそ、最も自分を磨く為に時間を使えるシチュエーションだと私は思います。

希望を持って何かないか探して、取り組んでいきましょう。

平日に毎日仕事を一生懸命やった事で消耗してしまった自分を回復させたり、人間的に成長する人生勉強として、何かの作品に触れていかれてはいかがでしょうか。

借金返済中はお金の掛からない楽しみを探し、借金生活を終え、完済した後はお金がかかる楽しみを追求するのが、一番クオリティオブライフを上げる方法だと思います。

今、やれる楽しみを未来の為に我慢する、という考え方を持つと、借金生活を楽しみやすくなります。

目標を持てば借金があっても生活が楽しくなる

借金生活は苦しいものです。ですが、目標があれば、精神的には健全でいられます。

借金を返すために生きているのではなく、借金を返した後にいい生活をしたいから今頑張っているのだと思えれば、気が楽になると思います。

借金返すために生まれてきた人なんていないでしょうし(^^;)

自分の為に、自分が後で幸せになる為に今苦労してるんだと思えればいいですよね。

精神状態を左右するのって、考え方だと思います。

人生苦労の連続だと思えばそうなるでしょうし、なんて事はない、苦労するのは今だけだと思えば、苦しい状況も乗り越えれると思います。

何をするにでも目標です。

こうなりたいからやる。

やりたいから、やる。自分の意思を強く持つことができれば、どんな状況でも変えていけます。やらされていると思えば無気力になってきますが、自分で選んでやっていると思えれば力がわいてきます。

自分が理想とする状態(たとえば結婚するとか)になる為に借金があるとマズいというケースって結構あると思います。借金って、人生的にはマイナスになる要素多すぎです。

とにかく早く抜け出そうと考えれば、毎日、極限のような生活に取り組むことになります。それが借金を返済するためにもっとも効率のいい生活だからです。

ですが、極限まで削ろうとしている生活ですと、無味乾燥過ぎて人生が楽しくなくなってしまいます。

楽しみを探しつつ、なるべくお金を使わない生活をし、できるだけ有意義な時間を過ごす。こういう目標を立てればより精神状態をうまくコントロールできるようになると思います。

実体験から語る!つらい借金生活を楽にする7つの方法 | 借金道

考え方を変えるだけで借金返済生活は楽になります。

どうやれば楽に、幸せな未来を作る為の借金返済生活ができるようになるでしょうか?

そもそも幸せな未来って何?

借金するとホント幸せな未来が見えなくなります。

幸せな未来は自分で作っていくしかありません。

借金があると金銭的な制約を受けた状態で生活をする事になるので、幸せな未来を自分の心の中に描く事も難かしくなります。

syakkinkaesu

借金すると絶望する事がよくあります

今辛い現実が目の前にある人や、過去からも辛い状況が長く続いてきた人にとっては、幸せを考えることすら難かしくなって場合もあると思います。

特に借金が返せなくなってくるとそうですよね。
もうホント無理かもっていう時は、とりあえず借金相談をしてみると絶望感は消せるかもしれません。
借金問題の相談は1日も早く、行動は1時間でも早くする方がいい | 借金道

精神的におかしくなりそうな時は、現実逃避も一つの手段

わずかな快楽だけが得られる目先の趣味に逃避するとか、先の事を考えてもいい考えが浮かばないから考えないでおこうとか、そういう現実逃避は…問題に対処しているようで実は改善へのペースが遅い方法である事が多々あります。(ただし、ストレス度合いによっては自己防衛的にも自分が癒されるような現実逃避も大いに必要とは思います)

偉そうなモノ言いで恐縮ですが、自分の借金の状況を改善してきた経験を持ち、貸し手として多くの多重債務者を見てきた自分には、お金のことで絶望しかけている人に言いたい事があります。

そういう、借金している人への対策や想いをこのサイトのブログとか掲示板とか、今まで書き溜めてきたコンテンツにこめてきましたし、これからもそうしていきたいと思います。

借金を減らす方法

生活するのに、収入以上にお金を使ってしまっていると借金は段々と増えていきます。

なんとなく金銭管理して、なんとなく借金が増えていってしまっている人は、このままでいいのか?と、立ち止まって自分のお金周りの事について調べてみる期間を作るのがいいです。

具体的には家計簿をつけて、お金を何に使ったかを把握する事です。
借金の専門家が語る!借金を簡単に把握できる家計簿 | 借金道

借金がある時にやると効果が高い事に、家計簿をつけるという行動があります。
以下、1年で150万円もお金がたまる本 横山光昭著 宝島社という本から、借金がある人にとって役立つと思われる記事を抜粋します

借金を早く返すコツ

借金を数字で把握する事が大事です。

自分を客観的に知ること、それには2つの方向性があります。ひとつは、お金の使い方に関する生活習慣を知ることです。
そしてもうひとつ必要なこと、それは具体的な家計の出費額を知ることです。ここで登場するのが、家計簿です。

家計簿を継続的につけていくということは、人によっては難しいことかもしれません。

それでも、なんとか1ヵ月は、つけ続けてみてください。

家計簿をつけるといっても、あまり難かしく考えないでください。レシートを全部保存し、その額を家計簿につけていきます。

そして1ヵ月後、住居費、食費、電気、ガス、水道など最小限の項目(図を参考にしてください) について、合計金額を算出します。これでようやく、自分の支出の現状を正確な数字で、とらえることができました。

私自身家計簿をつけるようになって、なるほど、借金しても、落ち込んでばっかりいてはダメで、家計簿をつけたり、具体的に行動していかないとダメなんだな!という事がわかりました。

借金返済している間は焦らない

このまま頑張れば返せる日が来るのか?そういう悩みを抱いた事があると思います。

借金で失うものって結構あります。

時間とか、本当なら持てたハズの幸せとか、失ってしまうと思うんです。

借金の苦しさって利息払ってるから辛いんです。利息を払う分、幸せが手のひらからスーッと逃げて行ってしまっているようなものです。

でも、逃げられない、そういうものが借金です。

真面目に返す、コツコツ返す。延滞してはダメ

ちゃんと返すことはとても大切です。

もし何社も借り手しまってどうしょうもなくなってしまったりしたら、ちょっと冷静になって自分の借入先を紙に書いてみて下さい。

思い出せないとか、すでに今延滞してるとかなら、自分で自分の信用情報を調べに行ってみて下さい。
※自分の借入額を正確に知る為に!信用情報機関の使い方
信用情報機関の使い方 | 借金道

借金返済している時の考え方 コツ

借金がある人は、本当の自分について考えてみる事も大切です。

よく借金がなかったならオレは金持ちだとかいう人がいるけれども、それってあるもの(←借金があるという事)は現実問題、あるんですし、借金持ちは借金持ちです。

借入金があるのに贅沢暮らしをしている人っていうのは、どんなに豪華に見える暮らしをしていても、実質は借金持ちなのです。

借金は早く返した方がいい

借金を返している間も大事な人生です。
苦しい今をも楽しんで生きなければ時間資産を失います。

人生は短い

私の個人的な人生観でこれまでを振り返って思う事は”人生は思ったよりも短い。”という事です。

借金してる時間のすごし方

ほとんどの借金を負っている人が借金を負ってしまった原因は…やってはならない事、例えばギャンブルだったり、買い物依存だったり、お金のかかる事が原因という場合が多いと思います。

借金があると使える金額に制約が出ます。

その中でなんとかお金を使わなくても満足度が高く楽しめる遊びを見つけ、自分が借金を負ってしまった原因とは違う楽しみ=お金の使い方を見出すのがいいです。

借金がある人はまず返済していきながら、生活費も確保していかなければなりません。

借金があるという事は職業選択の自由すら奪っていくようにも考えてしまいます。

事実上、仕事を辞めてゆっくりと今後を考える、とかいう選択肢が選びづらくなるからです。

若いうちに早くから自身のキャリアに対する考え方をしっかりと持つ事が重要になってきます。

借金返済のコツは稼げる自分を作る事

自身の価値、=スキルアップによる労働の価値を上げ、収入を増やす事ができれば、ほとんどの借金の問題を緩和する事ができるからです。

借金のあるという状況とは精神的にに余裕を持てない状況です。

お金がないという問題は死活問題ですので、お金の事を考えてる時間が長いのでその分ストレス値は高くなってきます。

借金のもっとも大きな弊害は精神状態が容易に安定しなくなる事です。できるだけ普段の生活を、当たり前に暮らせるようになるか、自身の修行(?)が必要だと思います。

私は最近はネットで安いゲームを買ったりして、安く、満足度の高い遊びを探すようにしています。少し前のお金をかけないマイブームは本でしたその前はレンタルDVDだったり。払うお金が高くなればなるほど、人生楽しいというわけではありません。

お金が原因で制約されているという現実をいかに切り離せるか、日常の生活を変えて、自分にとっての幸せを幸せだと言い切ることのできる心を作っることが必要だと思います。

ほとんどの借金を負っている人が借金を負ってしまった原因は…やってはならない事、例えばギャンブルだったり、買い物依存だったり、お金のかかる事が原因という場合が多いと思います。

借金があると使える金額に制約が出ます。その中でなんとかお金を使わなくても満足度が高く楽しめる遊びを見つけ、自分が借金を負ってしまった原因とは違う楽しみ=お金の使い方を見出すのがいいです。

借金がある人はまず返済していきながら、生活費も確保していかなければなりません。

借金があるという事は職業選択の自由すら奪っていくようにも考えてしまいます。

事実上、仕事を辞めてゆっくりと今後を考える、とかいう選択肢が選びづらくなるからです。

若いうちに早くから自身のキャリアに対する考え方をしっかりと持つ事が重要になってきます。

自身の価値、=キルアップによる労働の価値を上げ、収入を増やす事ができれば、ほとんどの借金の問題を緩和する事ができるからです。

借金のあるという状況とは精神的にに余裕を持てない状況です。

お金がないという問題は死活問題ですので、お金の事を考えてる時間が長いのでその分ストレス値は高くなってきます。

借金のもっとも大きな弊害は精神状態が容易に安定しなくなる事です。できるだけ普段の生活を、当たり前に暮らせるようになるか、自身の修行(?)が必要だと思います。

私は最近はネットで安いゲームを買ったりして、安く、満足度の高い遊びを探すようにしています。少し前のお金をかけないマイブームは本でしたその前はレンタルDVDだったり。払うお金が高くなればなるほど、人生楽しいというわけではありません。

お金が原因で制約されているという現実をいかに切り離せるか、日常の生活を変えて、自分にとっての幸せを幸せだと言い切ることのできる心を作っることが必要だと思います。

借金がある生活を楽しんでる場合じゃない!私はもっと人生を楽しみたいんだ!という場合は?

今を生きようって思えば、借金はない方がいいです。

コツコツと借金返済するよりも強力!一撃で状況を好転させる方法 | 借金道

記事を書いているのは?

楽に借金返済
貸金業務取扱主任者 3級 ファイナンシャル・プランニング技能士。元貸金業者で働いていた経験と、自身も長年借金をしている経験を併せ持つ。 借金道を10年運営。借金コラムを2000枚以上執筆。 借金アドバイザーとして、WEB上での借金相談を1,000件以上行っている。
運営者情報
借金アドバイザー シロウ
お問い合わせ

コメントを残す

元金融マンが語る完済の鉄則 -目次-

  1. 借金道の想い
  2. 借金の悩みは語られない
  3. 自分の借金を把握する
  4. シロウの返済理論
  5. 家計簿をつければ効果的に返済できる
  6. 繰上返済で借金を減らす方法
  7. 繰上げ返済時に振込手数料を無料にする方法
  8. 借金してても楽しいことあるさっ
  9. 借金返済の生活
  10. 借金返済の生活 その2
  11. 借金が増えていっている人へ
  12. ストイック(=禁欲的)に
  13. 何のタメに働くのか
  14. 完済の向こう側
  15. 行動
サブコンテンツ

低利化で借金は楽になります!

即日融資に関するマンガ - 1コマ目 利息減らせないかなぁ。- 2コマ目 シロウ絵 そんな時は低金利カードローンです!。 - 3コマ目 なるほど!やってみる - 4コマ目 やった、低利化で楽になったぞ!


  • 借金生活を楽しく過ごす方法