自己破産はした方が得?どんな状態なら自己破産できるの?

自己破産はしたくないと思いますか?

自己破産をしたくないと思うのは恥ずかしいことだと感じるからですか?
それとも自己破産のやり方がよく分からないからでしょうか?

このページでは、自己破産について解説、あなたが自己破産した方が得かどうかを判断する為の情報をまとめました。

今、自己破産しようかと考えている方は参考にして下さい。

どれだけ高額な借金があっても自己破産手続きをできますか?

この質問に対しては、「債務整理できる限度額は債務整理の種類によって異なりますが、自己破産手続きの限度額は設定されていないので、いくら高額であっても自己破産は可能です」というのが答えです。

まず、債務整理できる限度額について説明しましょう。

債務整理できる限度額が明確に定められているのは、個人再生だけでしかありません。

任意整理は債権者との交渉によって借金を減額してもらう手続きですから、限度額は「債権者が債務整理に応じてくれる債務額」といえます。

個人再生の限度額は5,000万円です。これは『民事再生法』で定められており、5,000万円以上の借金がある人は個人再生の手続きを行うことはできません。

限度額にはさらにもうひとつの制限があり、「3~5年で返済できる返済限度額より少ない額」です。

自己破産の場合は、任意整理と同様、債務整理できる限度額は特に定められていません。

借金全額をゼロにできる手続きであることから、借金が多すぎると免責許可を受けられないと考える人が多いようですが、裁判所の免責が認められるのは借金の多少に関係ないのです。

『破産法』に定める免責不許可事由には、借金をした理由が浪費やギャンブルなどの場合といったことが挙げられていますが、借金が多額であることは免責不許可事由には挙げられていません。

つまり、借金の多い少ないに関係なく、裁判所が免責不許可事由に当たらないと認めれば免責を受けられるのです。

ここまでのまとめ 
自己破産は誰でもいつでもできるものではない。破産法にのっとって、裁判所に判断してもらってOKが出た人しか自己破産はできない。

では、自己破産できるような状況とはどういう状況でしょうか?

私が自己破産を考える事になった経緯

私の場合、借金がありますが最初に借りた元金は小額な方です。

今思えば小さな額ですが借りた当時は、その小さな額に困るほど困窮してしまっていたのです。

その時の生活モロモロを何とかするためにその場しのぎで借り、返済プランを考える余裕もなかったので、出来る限りの長期スパンで返済をすることにしました。

手続きや審査など面倒くさい手間が少なくてすぐ借りられる消費者金融で、借金を一度作ることは、後々大変なことだというのは頭では分かっていました。

でもその時はどうしようもなかったのです。

結果的に、案の定借金返済というよりも利息の支払いに苦しんでいます。
収入などが落ち着いたころ、途中でこのままではマズイと思い利息が増えるのを防ぐために、一括返済を考えました。

そして、一括返済するために必要なお金を別のところから借りました。
ヤバクなっていた借金はなくなり、新たに借りたところでは1カ月の返済をキツ目に、返済期間を短めにしました。
すると借金返済生活が結局またとても苦しくなってしまい、困窮して更に別のところから借りることに。

典型的な悪循環パターンにおちいりました。

知識がないというのは困ったものです。
自分ひとりの頭で考えて行動せずに、借金相談事務所に相談とか何かしてみれば良かったのに。

そもそも手続き系の作業を面倒くさがるのも私の悪いところです。
いちばん最初の時に、銀行などリスクの少ないところでお金を手配しているか、地味に生活が困窮していたのだから役所に生活保護申請をするべきだったのだと、今なら思います。

しかし、切羽詰まっている時は早く手軽に簡単にコトが進む方を選んでしまう。

昔の面倒くさがったツケが全部回って来ました。
今、非常にマズイ状況で、もう自分の性格的な都合を言っていられないと自己破産を考えた方が良いかも。
個人の浪費やギャンブルなどで作った借金の場合は論外ですが、それ以外なら大丈夫らしいので。

家を取られたりするのでしょうが、恥よりも借金をなくしたいです。

破産後、お金を借りられない・ローンを組めない・クレジットカードを作れないなどあるようですが、そんなの元から作らなくても良いようにしていなければダメだったわけです。

自己破産をすると借金はゼロにしてもらえます。
自己破産するために、腹をくくって面倒くさい手続きをしに、地元の地方裁判所へ出かけてみる勇気も必要かもしれませんね。

働く意欲がある人や仕事が安定している人はそのまま返済するのも手です。

仮に自己破産した方がいい人の場合は、思い切って自己破産でリセットした方がいいです。

ただし、働きたくない人や、浪費癖・ギャンブル癖を改善しないで借金を繰り返すタイプだとNGです。
普通のところから借りられなくてお金に困るとヤミ金に手を出してしまうからです。

自己破産した方が得かどうかは、自分で調べてみるしかない!

借金の返済が大変になったら自己破産するしかない…これは極端です。

借金は債務整理をすれば良い…これも一概には言えません。

ネットの質問系サイトを見ると、自分で借金をした事のない人が知ったような顔でアドバイスしてたり…突き放すみたいに自己破産すれば、はい終了みたいな、軽い回答が目立ちます。

そりゃ他人から見れば遠い出来事でしょうけど、借金で苦しんでる当事者からすれ債務整理するかどうかは、相当考え込まないとできないようなものですしね。

5年カード作れなくなるとかのデメリットもありますし。

ネットで検索すると債務整理の情報がたくさん出てきます。でも、これだけ情報があると何が本当か、わかりずらくなってきているとも思います。

リアルに借金を抱えた人にとっては、「債務整理をやれば良い」と言われて簡単に始められるものでもありません。

私も自分のキャパギリギリまで借金して、もう、あと50万増えたら確実債務整理しないとダメだな…とか思いながら過ごしていた時期があります。

その時、初めて債務整理について詳しく調べました。

債務整理をするか、しないか

自己破産した方がいいかどうかはどうやって判断するの?
無料相談を使って、聞いてみるのが一番早いです。
借金の金額、あなたの収入を伝えれば、自己破産した方がいいか、客観的に判断してもらえます。
私自身、借金相談に行って、自己破産した方がいいと言われた事もあります。

自己破産したくない!そんなあなたが知っておくべき5つの知識

自己破産を依頼するなら弁護士の方が得?司法書士の方が得?

自己破産をするのに司法書士と弁護士どちらに依頼するのがいい?
この質問に対しては、「弁護士と司法書士はほぼ同じ役割を担いますので、どちらに依頼しても問題ありません」というのが答えです。
自己破産手続きにおいて、申立人から依頼を受けた弁護士や司法書士は、一般的には次のような役割を担います。

  • 申立前の打合せ
  • 申立書添付書類の収集
  • 申立書作成
  • 申立書の提出
  • 裁判所とのやり取り

自己破産手続きで弁護士と司法書士が担う役割で、1つだけ違いがあります。

それは「審尋の際に裁判所に行かなければならないかどうか」という点です。

審尋とは、裁判所が申立人に事情聴取することをいいます。この審尋に対応するためには、裁判所に出廷しなければなりません。審尋での出廷は、弁護士であれば1回ですが、司法書士であれば2回です。

1回目の審尋は自己破産申立書類提出から約1カ月(一部の裁判所では、弁護士なら即日)後に行われます。これを一般には「破産審尋」といいます。

審尋で裁判官から聞かれる事項は、現状に至るまでの経緯・借金を返せなくなった理由や状況・債権者数や負債総額・申告モレ財産などです。時間は10~15分程度で、裁判官は免責不許可事由の有無を確認します。

その後、3カ月後くらいに2回目の審尋が行われます。この2回目の審尋を「免責審尋」といいます。

2回目の審尋は集団で行われ、住所・氏名など形式的な内容を聞かれるだけのことが多いようです。

時間も10分程度と短めで、2回目の審尋を行わない裁判所もあります。

この2回目の審尋から1~2週間後に、裁判所から「免責許可決定書」の書類が届き、自己破産が実現するのです。

なお、東京地裁など一部の裁判所では、自己破産の申立てをした当日に破産手続き開始決定が下りる「即日面接制度」が実施されています。

しかし、申し立ての即日にこの面接が行われるのは、弁護士が代理人の場合だけです。

面接を通じて裁判官が問題なしと判断さした場合は、その日の夕方には自己破産の開始決定が下されます。

弁護士は代理権を持っているので弁護士が出廷して対応しますが、司法書士には代理権がないため同席はしますが申立人が出廷して対応します。

このように、審尋以外の役割の面からは、弁護士に依頼しても司法書士に依頼してもほぼ違いがありません。
しかし、費用の面では違いがあります。

費用は、一般的には弁護士の方が高く、弁護士報酬は司法書士報酬の1.5~ 2倍といった程度の違いがあるといわれています。(下記で価格比較したところは、司法書士弁護士の費用の違いがあてはまらない特殊な全国型法律事務所です。)

いわれてはいるのですが、最近は低料金で委任を受ける弁護士事務所も多くなっており、一概に1.5~ 2倍も高いとはいえないのが現状です。(言い切れなくてすいません。それだけ価格競争が激しいのです。)

また、ケースによって金額に違いがあることから、借金の状況を正確に伝えなければ費用は明らかにはなりません。

ちなみに費用が一番安く、かつ信頼できるのは全国展開のところです。私、自分の妻が債務整理する事になって、めっちゃ調べて表にしたのが以下です。

参考にしてください。

以下は全国対応の主要債務整理法律事務所の費用一覧です。一番手数料が安いのがおしなり法務事務所です。

全国対応している債務整理の法律事務所の手数料比較

横にスライドできます。

事務所名 費用比較 任意整理
着手金
任意整理
基本報酬
過払い金 過払い
基本報酬
総合評価

スクリーンショット-2016-03-10-14.32.13

おしなり
法律事務所

◎
3万円 2万円 0円 返還金の
20%

・全国対応相談は無料!
・取り立て即日ストップ
・分割払いにも対応可能

スクリーンショット 2016-05-06 16.59.10

弁護士法人サルート

◎
49,800円 19,800円〜 0円〜 20~25%

・相談無料
・24時間365日相談可能
・アクセス良好

スクリーンショット 2016-06-08 20.11.32

樋口総合法律事務所

◯
39,800円 19,800円〜 19,800円〜 20%

・家族にも知られずに過払い金請求
・アットホームな雰囲気
・アフターサービス万全

地方法律事務所
△
39,800円 19,800円〜 19,800円〜 20%

・家から近いのが利点

自己破産した方が得? まとめ

どれだけ高額な借金があっても自己破産できますか?
・債務整理できる限度額は債務整理の種類によって異なるが、自己破産手続きの限度額は設定されていないので、いくら高額であっても自己破産は可能
・借金の多い少ないに関係なく、裁判所が「免責不許可事由」に当たらないと認めれば免責を受けられる。

自己破産できるかどうか、無料で相談して聞いてみるといい。自己破産した方が得かどうか、教えてもらえる。

相談するなら自己破産手続きを依頼する事も想定して、手続き費用が最安値のところがベスト。(どこが手続き費用最安値かは上記のまとめを参考にして下さい。)

記事を書いているのは?

楽に借金返済
貸金業務取扱主任者 3級 ファイナンシャル・プランニング技能士。元貸金業者で働いていた経験と、自身も長年借金をしている経験を併せ持つ。 借金道を10年運営。借金コラムを2000枚以上執筆。 借金アドバイザーとして、WEB上での借金相談を1,000件以上行っている。
運営者情報
借金アドバイザー シロウ
お問い合わせ


債務整理費用の比較 ランキングTOP3

スクリーンショット-2016-03-23-13.43.21

おしなり法律事務所の相談の流れは電話、WEB、ファックス、メールで相談予約をし、実際に相談をします。
債務整理一つとっても任意整理や自己破産など様々な方法がありますから、法律家の視点から適切な方法を選んで導いてくれるのは利用者にとっては非常に心強い味方です。
貸金業者からの取り立ては即日ストップしてもらえ、分割払いににも対応可能で非常にオススメです。

評価
★★★★★
過払い報酬
20%
任意整理着手金
20,000円
自己破産
0円
個人再生
0円
スクリーンショット 2016-05-06 16.59.10

弁護士法人Salute法律事務所は、借金の相談は何度でも無料。
相談の受付は、24時間365日・全国対応です。
嬉しいことに、家族や会社には知られることなく解決できます。
また闇金にも強く得意としていて闇金に対応出来る法律事務所は数少ない為、貴重な法律事務所です。

評価
★★★★☆
過払い報酬
20%
任意整理着手金
49,800円
自己破産
500,000円
個人再生
500,000円

分割にも柔軟に対応してもらえ、過払い金が戻ってからすぐに報酬を支払う事が難しい人も気軽に利用出来ます。
実績があり、安心して手続きを任せる事ができます!

評価
★★★★☆
過払い報酬
20%
任意整理着手金
49,800円
自己破産
500,000円
個人再生
500,000円

コメントを残す

元金融マンが語る完済の鉄則 -目次-

  1. 借金道の想い
  2. 借金の悩みは語られない
  3. 自分の借金を把握する
  4. シロウの返済理論
  5. 家計簿をつければ効果的に返済できる
  6. 繰上返済で借金を減らす方法
  7. 繰上げ返済時に振込手数料を無料にする方法
  8. 借金してても楽しいことあるさっ
  9. 借金返済の生活
  10. 借金返済の生活 その2
  11. 借金が増えていっている人へ
  12. ストイック(=禁欲的)に
  13. 何のタメに働くのか
  14. 完済の向こう側
  15. 行動
サブコンテンツ

低利化で借金は楽になります!

即日融資に関するマンガ - 1コマ目 利息減らせないかなぁ。- 2コマ目 シロウ絵 そんな時は低金利カードローンです!。 - 3コマ目 なるほど!やってみる - 4コマ目 やった、低利化で楽になったぞ!


  • 自己破産はした方が得?どんな状態なら自己破産できるの?