50万借金しようとして審査に受かる人、落ちる人の違い

あんまり無茶な金利帯に申込をしても、落ちて落胆する事になります。

借金の審査 | 借金道より

自分のステータスを考えて申込をしよう

就職先が一部上場とか、公務員なら最初から労金3%狙いでいいですが、もし一般企業就職1年目とかなら無難に15%付近のカードローンから狙っていった方がいいと思います。

借入が必要な時はまず1社受かっといて、それから低利に冒険申込していく方がちゃんと借りれるとこを確保できていいですからね。

審査に受かる為には、自分を知り、申込先を知る事です。

ネットでいくら審査甘い、とかで検索しても、本当のところは申込してみないとわからない

カードやローンの審査、個人の信用情報の評価は未だにブラックボックス的な部分が非常に多いです。銀行や、カード会社、消費者金融会社によって審査基準がそれぞれ違います。実際の融資担当者も人ですから、その人の判断にもよります。

職業、また、勤めている会社の信用度(勤め先が倒産すれば無職ですから)、年収、今の借入状況、過去の金融事故履歴(=信用情報期間の情報)といった様々な要素によって、審査に受かるかどうかが決まります。

審査に落ちる人、受かる人の違い | 借金道

審査が甘い借り入れ先を探すのは危険

基本的に審査が甘い金融機関というのはないと考えた方がいいです。

銀行カードローンと、消費者金融を比較した時に、銀行カードローンよりも消費者金融の方が全般的に審査が甘い、という基本的な事くらいしか審査を測る方法はありません。

今も昔も、借金する時は、実際に申し込んでみないと審査に受かって借りれるかどうかはわからないのです。

審査に受かるかどうかはわからない

新たに借金する際、または低利化の為に申し込みをする際、落とされたとしても、それは貸手の商売上の仕方のない選択です。

借り換えの申し込みをした場合、貸せる相手かどうか考えてはくれますが、その会社からしてあなたが取引したい相手でなければ当然貸してくれません。

変に努力しても無理なモノは無理という場合もあります。
そういう場合はあきらめましょう。

借金申込みして落ちるというのはよくある事です。

私は何度も経験しました。

でもそれって自分の心が傷ついただけで、それ以外の状況は何も変わってないと思います。

借り手からすると審査に落とされる事はとても嫌な経験です。

でもそんな時は悔しいとか嫌な気持ちは捨てて、どうにかして今ある借金減らして、それからもう一度、申し込めばいいと思います。

ちょっと貸し手からの視点から考えてみましょう。かつて私は貸し手でした。彼らの視点を知っています。

貸し手からすれば貸すのは商売として、ちゃんと返ってきて、さらにそこに利息という儲けがあるから貸すのです。

今のあなたがそんな貸し手から見て魅力的でなくても状況が良くなれば、返してくれそうな人になれば、借りる事ができます。

審査に落ちた。
それはそれで仕方ないです。

審査に受かる為には、自分自身で切り詰めて金額と件数を減らして、受かる状況を作り出そう!と考えればいいと思います。

そう考えれば前向きに借金返済の生活にとりくんでいけると思います。

審査落ち時の考え方 | 借金道

消費者金融は、比較的審査に通りやすい?

たしかに低利のカードローンに比べるとそうかもしれません。ですが、それでも審査はあります。

ではどういう人が審査に落ちやすいのでしょうか?

今はカードローン会社も消費者金融も、信用情報を参考にして融資するかどうかを決めています。

一度でもクレジットカードを使ったり、消費者金融を利用した人は信用情報機関に借入の履歴が登録されています。

そこで過去に延滞がなかったか、どれ位他社で借りているかなどであなたのクレジットヒストリーが調べられます。

そこで、延滞があったり、過去にした借金を返してなかったりする情報(これを異動情報といいます)があると、審査に落ちてしまいます。

異動情報にはどんなものがあるの?

以前、クレジットカード支払いを延滞したまま放置した事がある(しかもまだ払ってない)過去に携帯電話機種代金を分割で買ってるのに、携帯代を払わなかった。以前債務整理した事がある。…といった経緯があると、異動情報として扱われ、カードローンの審査に落とされる可能性が高くなります。

カードローンの審査に申し込んでも落ちる人の原因

カードローンの審査に何度も落ちる人は、以下の原因を疑ってみるといいです。

サラリーマンとして安定した収入があるのに、なぜかカードローンの審査に落ちてしまった、こういう時は信用情報期間に事故情報が掲載されている可能性が高いです。

事故情報

過去に支払いを3ヶ月以上にわたって延滞したという情報が事故情報として掲載されている可能性が考えられます。

申込し過ぎ

他には審査に申込過ぎっていう場合も考えられます。

カードに申し込んだという事実は審査に通っても通らなくても、半年間の間信用情報期間に登録されます。その半年間の間に申込が多発すれば敬遠されるようになります。

現在延滞している場合

今延滞している場合も敬遠されます。新しく貸して、またそれを延滞されてもたまりません。ですので貸金業者はこの場合も敬遠する可能性が高くなります。

このうち、申込多発っていうのはちょっと軽めの審査マイナスサインです。半年以内に3社以上を申し込んでるとつきはじめます。

3ヶ月以上の延滞の場合は、延滞した分の借入を返済してから1年間、その記録が残ります。…これ、意外と早いですよね。あんまりいないと思いますが今3ヶ月以上延滞している人は早く返して、1年おとなしくするのがいいですね。そうすれば1年後にはまたクレカを持ったりする事ができるようになります。

ブラック歓迎、多重債務でも融資可能というのは危険な誘い

闇金業者はダイレクトメール、新聞の三行広告、電柱などの張り紙などの手段で宣伝をしています。闇金は消費者金融での返済が滞ってる人のリストや、債務整理をした人のリストをなぜか持っていて、そういった人にダイレクトメールを出しています。

闇金から既に借りてしまっている、という状況ならばどうすればいいでしょうか?

そもそも闇金から借りた=普通のところではなんらかの理由で借りれない状態になっている(←信用情報アウトor借入額過多)という事になるでしょうから、そんな場合は、通常返済よりも弁護士さんor司法書士さんを通して債務整理をされた方がいいと思います。

ヤミ金融をはじめとする悪徳貸金業者に合った時の対処法 | 借金返済学

信用情報がアウトなら、1日でも早く借金にケリをつけて信用情報を回復へ向かわせる状態を作った方がいいからです。債務整理後、借入れを完済して、そこから5年~10年後が信用情報の回復時期です。

闇金 | 借金道

どうしても借入する必要がある方は、市役所で申請できる緊急貸付金や、年金生活者の場合は、生活福祉金貸付制度を利用し急場をしのぐのがいいです。働ける年齢の方は、とにかく早くアルバイトでもなんでも収入面をなんとかして問題を解消する方がいいです。

記事を書いているのは?

楽に借金返済
貸金業務取扱主任者 3級 ファイナンシャル・プランニング技能士。元貸金業者で働いていた経験と、自身も長年借金をしている経験を併せ持つ。 借金道を10年運営。借金コラムを2000枚以上執筆。 借金アドバイザーとして、WEB上での借金相談を1,000件以上行っている。
運営者情報
借金アドバイザー シロウ
お問い合わせ

コメントを残す

元金融マンが語る完済の鉄則 -目次-

  1. 借金道の想い
  2. 借金の悩みは語られない
  3. 自分の借金を把握する
  4. シロウの返済理論
  5. 家計簿をつければ効果的に返済できる
  6. 繰上返済で借金を減らす方法
  7. 繰上げ返済時に振込手数料を無料にする方法
  8. 借金してても楽しいことあるさっ
  9. 借金返済の生活
  10. 借金返済の生活 その2
  11. 借金が増えていっている人へ
  12. ストイック(=禁欲的)に
  13. 何のタメに働くのか
  14. 完済の向こう側
  15. 行動
サブコンテンツ

低利化で借金は楽になります!

即日融資に関するマンガ - 1コマ目 利息減らせないかなぁ。- 2コマ目 シロウ絵 そんな時は低金利カードローンです!。 - 3コマ目 なるほど!やってみる - 4コマ目 やった、低利化で楽になったぞ!


  • 50万借金しようとして審査に受かる人、落ちる人の違い