借金を返しながら人生を楽しめるようになる3つのルール

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

お金の流れをコントロールできるようになろう

お金は流れとしても考えてみて下さい。お金は稼ぐスピードで入って来て、使うスピードで出て行きます。

自分の稼ぎ以上に使ってしまうと、借金する事になります。

onna

稼ぐよりも使うスピードをゆっくりにできると、借金を返済する事ができます(借金がない人は貯金する事ができます。)お金を管理する、という事は、お金の流れを管理する、という事に他ありません。

借金を返しながら人生を楽しめるようになる3つのルールとは、

1、稼ぎの中で生活する。

2、将来の事を考える。(今、我慢して節約し、繰上返済する事で自分の未来が良くなる事を意識する)

3、今を楽しむ

この3つです。
1、と2、はかなり関連しています。お金の流れを管理する事と、管理する意味を意識する、という事です。3、については借金があると特に忘れがちなんですが、何年かして借金を返し終えた時に、この数年無駄だった、と思い返さないように、なんとか工夫してちゃんと生きないと、だと思います。

1、稼ぎの中で生活する。

稼ぎの中で生活する。というのは、手取り収入の範囲の中で生活するという事です。人間、誰しもが老いていきます。いつか退職し、仕事を辞めなければなりません。

その時に貯金を持っていないといけないのです。でも、今借金がある人は、それも考えられない状況にあります。できるだけ早く自分の将来の事を考えれるようにするにはどうすればいいか。

この借金道というサイトの中には、借金を早く終わらせる為のエッセンスをたっぷりと詰め込んであります。具体的な行動に移していってみて下さい。

関連記事:借金道: 借金生活まとめ~七つの方法

稼ぎの中で生活する為に、自炊は重要です。食費は最も人の力でコントロールできるジャンルです。
借金道: 自炊VS外食でも述べていますが、自炊するのと外食するのでは支出が全然違います。

2、将来の事を考える。(今、我慢して節約し、繰上返済する事で自分の未来が良くなる事を意識する)

借金道: 最終的人生設計
なんにせよ、今に至る経緯を後悔しすぎても仕方ないので、これからできる事をやっていくべきですね。自分の最終人生設計は、たぶん、体が動かなくなった20年後でも、喜んでできるような仕事にするのがいいかもしれない、そんな風に思います。

人間誰しも老いていくものです。今だけ使い捨てみたいに使われるのではなく、10年先もできるような仕事を考えるのがいいと思います。で、一旦自分のキャリア戦略を立てたら多少嫌な事があっても自分をブレささない、辞めないっていうのが大事です。

3、今を楽しむ

今を楽しむという事は借金している人にとって、完済と同じ位に重要な、最終目標の一つだと思います。
長くやれる仕事も確保できて、節約上手な生活スタイルを確立できれば、後は、お金をかけない範囲内で(=自分の返済が遅れてでもやりたい事なら、それはもう誰にも止める権利はありません。)好きにしましょう。

借金で悩んでいても、辛そうにしていても、時間は流れていきます。

1、稼ぎの中で生活する。

2、将来の事を考える。(今、我慢して節約し、繰上返済する事で自分の未来が良くなる事を意識する)

3、今を楽しむ

これは、現実を見つめる。先の事を考える(=将来設計をする)。不安が取れてきて、今を楽しめる余裕が初めて出て来る、という事だと思います。

一つづつ片付けていき、借金があるなら、借金があるなりでいいので、自分が幸せだと思える生活をしていくのがいいですね。

たまにはストレスを解消する為に、自分のやりたい事って何かを考える時間を持った方がいいですよ

ただ、仕事でストレスを溜め込んで、それでも家に直行してお金のかからない事ばかり選んでやって、また仕事行ってストレス溜めて…、こういう、あんまり良くないサイクルに入ってしまってる方、結構多いと思います。

私自身がそうでしたし。借金があると、お金使えないので本当どんどんケチになっていってしまいますが、自分を回復させて、それでまた仕事に向うっていう風にした方が、借金を返す為にも結局良いですから、少しは自分のやりたい事をやっていくのがいいと思います。

借金を返しながら人生を楽しめるようになる為には、これからあなたは何をすればいい?

最近、何をするにも行動が大切だと思います。

借金がある人にとって、行動とは、最も借金を消していく為にいいパワーになります。(これは借金をしている状況というより、どんな状況でもあてはまると思いますが)

この人偉いなー!できるなー!
って思う人って常に自分の行動に理由があったり、先を見据えての行動をとっています。

でも、
何の行動をしていいかわからない…

そう言う人も多いと思います。
自己啓発的な話になってしまいますが、借金ある人はまず以下の事を自分に向かって問いかけてみて欲しいと思います。

今どんな状況か?
今の借り入れ状況は?
そもそも今の仕事でいいのか?
今の仕事はこれから先も続けていきたいと思える仕事か?
今やりたい事は?
今もっともやりたい事に近づける行動をしているか?

自分がやりたい事が見つかって
そもそも、情報が足りているか?

まず、情報を集めるというところから始めれば、やるべき行動が見えてくると思います。
情報を集める事もすでに行動だと思いますし。

まずは自分が何をしていいかわからないという状態にあるというその事を自体を知る事が必要だと思います。(話がややこしいですね^^;)

私もそうだったのですが、本気で何をしていいかわからない人っていると思うんですよ。

人生的な目標とかって誰でも、そんなに簡単に見つかるもんじゃないと思いますし。

本気で何をしていいかわからない人は、自分が何をしたいのか、何を欲しているのか、そもそもこれから何になりたいのかといった自分自身を知る事から始めるのがいいと思います。

例えばある人が質問に答えていくとこんな感じです。

今どんな状況か?
お金が貯まらなくて、代わりにストレス溜まって死にそうって場合、
今の借り入れ状況は?
年収の半分くらい(例300万年収で150万借金)
そもそも今の仕事でいいのか?
今の仕事を続けて倹約していけばなんと借金を返せる。
今の仕事はこれから先も続けていきたいと思える仕事か?
思えない。最悪な仕事だ。
今やりたい事は?
何をしていいかわからない。自分にどんな仕事が向いてるのか、どんな仕事なら自信を持ってやれるのかわからない。でもとりあえず、○○になりたいとはぼんやりと思う。

今もっともやりたい事に近づける行動をしているか?
していない。○○について何も調べていない。

そもそも、情報が足りているか?
足りていない→じゃぁ、情報を探すところから始めよう!

こんな風に毎日、自分がしたいことから考えて、それに近づくにはどうすればいいのか、という単純なところからはじめていけば、何か毎日積み重ねるものが見つかるのでは、と思います。

1、稼ぎの中で生活する。
2、将来の事を考える。(今、我慢して節約し、繰上返済する事で自分の未来が良くなる事を意識する)
3、今を楽しむ

2、将来の事を考える、と3、今を楽しむはリンクしていて、自身の悩みを根本から考えて人生目標を作って、さらに行動に落とし込んでいく事が必要です。

ちゃんと仕事して、将来の事を考え、さらに楽しんでいく、これが借金を返しながら人生を楽しめるようになる為に大事な事です。

以下のリンクは、借金をして後悔している人に向けた記事です

過去は変えられない、でも未来は | 借金道
コメントもたくさんいただいていて、今読んでもかなり魂入った記事ですのでこちらも良かったら、ぜひ見てみて下さい。

次ページは、”借金生活が変わる!休日や仕事終わりのストレス解消方法”です。

記事を書いているのは?

楽に借金返済
貸金業務取扱主任者 3級 ファイナンシャル・プランニング技能士。元貸金業者で働いていた経験と、自身も長年借金をしている経験を併せ持つ。 借金道を10年運営。借金コラムを2000枚以上執筆。 借金アドバイザーとして、WEB上での借金相談を1,000件以上行っている。
運営者情報
借金アドバイザー シロウ
お問い合わせ

おすすめ!無料相談シュミレーター

いきなり弁護士に依頼するのはちょっと…、とりあえず話だけでも聞いてみたい、という方におすすめなのが「街角法律相談所」です。
無料で匿名のまま入力できるシミュレーターを使って、借金の減額可能額や減額方法、依頼すべき弁護士事務所を表示させる事ができます。

診断後はそのまま表示されている弁護士事務所に依頼する事もできます。

メールや電話での悩み相談を無料で受けつけていますので、債務整理が気になる方はまず一度街角法律相談所を利用してみるといいですね。

コメントを残す

元金融マンが語る完済の鉄則 -目次-

  1. 借金道の想い
  2. 借金の悩みは語られない
  3. 自分の借金を把握する
  4. シロウの返済理論
  5. 家計簿をつければ効果的に返済できる
  6. 繰上返済で借金を減らす方法
  7. 繰上げ返済時に振込手数料を無料にする方法
  8. 借金してても楽しいことあるさっ
  9. 借金返済の生活
  10. 借金返済の生活 その2
  11. 借金が増えていっている人へ
  12. ストイック(=禁欲的)に
  13. 何のタメに働くのか
  14. 完済の向こう側
  15. 行動
サブコンテンツ
  • 借金を返しながら人生を楽しめるようになる3つのルール