借金生活でもケチらない方がいい支出ポイント

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

ケチらない方がいい支出ポイントがある!

借金の返済だけを考えればとにかく何でもケチった方がいいっていう考えになってきますが、そうすると人間的にも、気持ち的にも貧しい気持ちになってしまいます。

ケチらない方がいい項目

借金生活の中でもケチらない方がいいと思うのは、医療費、靴、交際費…この辺りはケチり過ぎず、ある程度使った方がいいと思います。

日常着にするスウェットみたいな物は、ケチってウニ黒的な物を買うよりは思い切ってスポーツメーカー製の物を買った方が確実に長持ちする。

スポーツ用のは、激しく動いたり転んだり洗ったりする前提で作られているから生地はとにかく頑丈だし、高いだけあって異様に長持ちする。安いのはすぐ薄くなって穴が開いてしまう

これだけはケチらない方がいいより

物を買うときの考え方

物って何でも飽きが来るなぁと私は思います。買った時にはとても気に入っていたものでも、毎日見てると、あるのが当然っていう状態になってきます。

ですが、それって本当は幸せな状態のはずなんですよね。忘れてしまうんですけど。
でも中でも自分が気に入った物なら、見るたびに気分が良くなる物もありますよね。

少し前に、仕事用の鞄を買ったんですけど、本当に選びに選び抜いて買ったので、すごくいい買い物ができました。それを持って出かける度に気分がいいんですよね。

最高のぜいたくってなんだろうと考えたんですけど、自分の周りの物が全部お気に入りの物ばかりなら、とてもぜいたくな気分になれると思います。お金持ちがブランド物を集めるのも、きっとその辺の欲求を満たしたいからでしょうね。

ないない、我慢我慢、私は欲しくない。お金の問題を抱えていると、物を買う時の選択眼も歪むと思います(お金をできるだけ使わないように安い物を買おうとするので)。

ですが、お金の使い方って費用対効果なんですよね。町中で暮らすなら、どのみち1円も使わずに人間暮らせないんですから、使う時には考えないといけません。

お金を使って物を買うときにはできるだけ長くつきあえるか、これはお金を多少多めに払ってでもある程度の満足が必要な買い物なのか、安ければ安いほどいい買い物なのかを考えてみるといいと思います。

ケチるよりも収入を上げる事を考えた方が、いい

これは30代半ば位までの考え方です。30代後半を過ぎると、収入を上げる転職をするのが難かしくなるので、収入を上げる事だけを考えるのではなく、60代までの間に稼げる金額を優先して考えた方がいいと思います。

一生を通しての稼ぎを考えよう

定年までのトータルでいくら稼げるのか?
金額よりも、向いている仕事、ストレスの少ない仕事、続く仕事を選んだ方が結果的に定年までの間に稼げる額が増えるという事です。

20代…若いうちの考え方

ですが、若いうちは違います。
自分のキャリアプランを考え、収入を上げる事を考える事ができます。(多くの方は気づいてないか、もしくはそこまでどん欲に考えず、行動に移しませんが)チャンスがあるのです。

消費かそれとも投資か?

お金を使う時いつもこの事を考えるといいと思います。

例えば、仕事で使うスーツは長く使えば使う程、新しいスーツを買う費用は浮きますが、その分職場で安く見られて出世が遅れてしまうかもしれません。

この場合、”スーツを買う”事に投資した方が、結果的に出世を早めれていいかもです。

つまらないものばかり着ているとつまらない人生に

リアルクローズっていうマンガ(ドラマ化もされましたね)で服売り場で働く主人公に歳はいっているのにおしゃれな上司が、「つまらないものばかり着ているとつまらない人生になるわよ」っていうシーンがあるんですけど、このセリフ、本当になんか的を得ていると思います。

自分が嫌だなぁって思ってる服を着ていればテンションなんてあがらないですし、逆に自分が気に入ってる服を着ていれば満足して仕事に向える事もあると思います。

身なりを整える事が投資になる事もある

私なんかでも面接行く時には自分が考える、最高の自分で行こうと思って一番いいと思うスーツを選んで着たりするのですが、そうする事ですごく自信を持てます。

他の人が着てて、あっ、この柄だとこういう印象になるのか、っていう風に思って買った柄なので、そのイメージが自分にも重なって、それが他人から見られる自分になるって思えば不思議と自信も湧いてきます。

見かけ倒しでも、人は会って最初の3秒で人を決める、そしてその際は外観で決まるっていう話がある位ですからね。

このケースの場合、スーツを買うっていう事は投資になるわけです。

過去記事より少し抜粋します。その支出は消費?投資? | 借金道より

お金は稼ぐよりも使う方が難かしいと言います。
確かにそう思います。お金を使って本当によかったと思える使い方、本当によかったと思える物を買えた経験って、思い返してみると結構少ないと思います。

たいていは、買わなくても良かったのに(まぁそんな事考えても仕方ないからいいか)とか、思ってしまう使い方が多いと思います。

ですが、今借金ある人はそれを繰り返していけばいく程、完済が遠のきます。

買い物をするシチュエーションでは、その買い物がどうしても必要なものか、もう一度熟考するのがいいでしょう。

繰り返しますが、支出は消費か投資かに分けられます。
その支出が後のお金を生み出すか、生み出さないかという事です。

借金してでも買いたい物、住宅ローンを組んででも買いたい物

住宅ローンを組んででも家族の幸せを考えているのでしょう。価値観は様々ですが、そういう生き方は素晴らしい生き方の一つだと思います。

住宅ローンは良い借金になる可能性もある。もちろん悪い借金になる可能性も

借金してでも大きな買い物をする事で自分の仕事への取り組み方が変わる事もあります。前働いていた会社の上司がそうでした。その人を客観的に見ると、その立場の仕事ができない位の人物にしか見えないのですが、それでも住宅を買ってからは奮起するように仕事に取り組んで立派に仕事をしていました。

住宅ローンも借金には代わりないですが、自分の幸せにつながるような価値を持つものなら、先行投資としての意味がある、いい借金という事になると思います。

前向きすぎる投資はダメ

ですが、借金があって(しかも向いてない人が)、投資だと思ってネットワークビジネスに入る為の入会金を数万払う、とかいうのはいくら投資でもやめといた方がいいと思います。

資金が少ない時は投資をするのはリスクが多いっていう話と同じで、その投資先が確実にいけるっていうモノでない限りはやめといた方がいいです。

特に借金がある場合には冒険しない方がいいですね。

借金道: 5つの投資(借金ある版)

戦場で最低限の兵士しかいない指揮官のように

借金があるとお金の使い方に対しての感覚が敏感になります。

サービスやものに対して(=支出に対して)得か損かをかなり冷静に見極める目を持つ事ができると言いましょうか。戦場で最低限の兵士しかいない指揮官でも、指揮によっては兵士達は最高の働きをする事があるように、極限の環境は人を研ぎ澄まさせます。極限状態ほど、お金の使い方についてよく考えさせてくれます。

鋭敏な感覚を持って、浪費か投資かを考えよう

浪費か、投資か?

そう考えるとあなたの借金はどうでしたか?

浪費でしたか?投資でしたか?

借りた時の自分に必要だった借金だったなら、借金という金銭調達方法は正しかったかもしれません。満足のいく借金はよい借金だといえます。ただ、一時だけの快感とか、遊びのようなものなら、長い時間を不満足な時間とともに返していく悪い借金になってしまいます。

お金の使い方には浪費と、投資の2種類しかありません。ただ一時だけの快感とか、遊びなら浪費、先につながるもの(繰り上げ返済なんてもろ投資ですね)は投資です。

今までのお金の使い方を振り返り、これからのお金の使い方について考えていきましょう。

でもまぁ、考え過ぎて疲れちゃう位考えても良くないですけどね(笑)

自分はお金の使い方が下手だと思う方は、お金を使う時にそれが投資になるお金の使い方なのか、それとも消費になるお金の使い方なのかを考えてみるのがいいと思います。

記事を書いているのは?

楽に借金返済
貸金業務取扱主任者 3級 ファイナンシャル・プランニング技能士。元貸金業者で働いていた経験と、自身も長年借金をしている経験を併せ持つ。 借金道を10年運営。借金コラムを2000枚以上執筆。 借金アドバイザーとして、WEB上での借金相談を1,000件以上行っている。
運営者情報
借金アドバイザー シロウ
お問い合わせ

おすすめ!無料相談シュミレーター

いきなり弁護士に依頼するのはちょっと…、とりあえず話だけでも聞いてみたい、という方におすすめなのが「街角法律相談所」です。
無料で匿名のまま入力できるシミュレーターを使って、借金の減額可能額や減額方法、依頼すべき弁護士事務所を表示させる事ができます。

診断後はそのまま表示されている弁護士事務所に依頼する事もできます。

メールや電話での悩み相談を無料で受けつけていますので、債務整理が気になる方はまず一度街角法律相談所を利用してみるといいですね。

コメントを残す

元金融マンが語る完済の鉄則 -目次-

  1. 借金道の想い
  2. 借金の悩みは語られない
  3. 自分の借金を把握する
  4. シロウの返済理論
  5. 家計簿をつければ効果的に返済できる
  6. 繰上返済で借金を減らす方法
  7. 繰上げ返済時に振込手数料を無料にする方法
  8. 借金してても楽しいことあるさっ
  9. 借金返済の生活
  10. 借金返済の生活 その2
  11. 借金が増えていっている人へ
  12. ストイック(=禁欲的)に
  13. 何のタメに働くのか
  14. 完済の向こう側
  15. 行動
サブコンテンツ
  • 借金生活でもケチらない方がいい支出ポイント