借金道の想い

貸金業はこの世に貨幣ができて以来、初めにできた商売だと言われています。

現在、貸金業はカード、ローン、リース、キャッシングと言葉を横文字に変えて偽装し私達の生活の中に深く浸透しています。

昨年までに1度でも借金をした人は2,000万人以上います。なんと日本の総人口の約6人に1人が借金に関係した事になります。

kaki.PNG

しかし、これ程までに私達の生活に入り込んでいるのに、何故か借金の話題って、出にくくないですか?

借金がある人は見栄が邪魔して人に話せない。相談できない。

その理由は相談したところで借金=絶対ダメというように単純に考えている人が多くいるので攻撃されるのが怖いからだと思います。

このページを見て下さっている人の中にも私には借金なんて関係ないとタカをくくり、借金という言葉から遠のこうとして借金=絶対ダメで議論の余地ナシ、おしまいと片付ける人がいると思います。

でも借金はダメ。なんて、単純な考えで片づけないで欲しいとシロウは思います。

借金とはそんなに単純に片付けれるもんじゃないとシロウは思っています。

大きくて安定した会社を経営している社長や、そこそこの会社のサラリーマンですら、理由ができて借金に関わっていくケースをシロウは目の前で見てきました。

自分は関係ないと思っている方、あなたにだって、これから先、借金と関わってしまうリスクは消せないとシロウは思います。

シロウは金融マンとして多くの借金をしている人を見てきましたが借金をする理由は本当に十人十色です。借金する人の数だけ理由があります。

よく考えれば必要のないお金を借金し、堕ちていく人、逆に本当に必要な時だけ使ってその後は借金せずうまく切り抜ける人。

何が明暗を分けるのでしょうか?

シロウは借金の仕方、考え方によって良い借金、悪い借金に分かれていくと思います。

お金はあなたが仕事をして手に入れた莫大なエネルギーの代価です。借金は例えるならよくある落とし穴です。落とし穴にお金を落としてお金に苦労すればする程、幸せからは遠のいてしまいます。

利息なんて支払っても何にも幸せになりません。
賢い借金の仕方、考え方を知っていただきたいと思います。

借金道は
借金している人を助ける為に、
借金しようかと考えられている方に最良の選択をお伝えする為に、
見ていただいた方が借金とうまく関われる知識を得ていただく為に、
借金の道を示せればと想い立ち上げました。

in2.PNG

もしあなたが何らかの理由で、金銭的に追い詰められた時に使える知識として、少しでもお役に立てればと思います。

シロウが考える賢い借金の仕方、考え方をお伝えします。

次ページでは、どうして借金をしている人が借金を隠そうとするのかを説明しています。

ページリスト

  1. 01
  2. 02
  3. 03
  4. 04
  5. 05
  6. 06
  7. 07
  8. 08
  9. 09
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  • 借金道の想い