流れるカレー

今日はお休みっ!
朝から電車を乗り継ぎ、
高速バスに乗って大都市にお買い物に行きました。

お昼ごはんを食べるのも後回しに、
彼女のお買い物に付き合います。
彼女はブランド物ばっかり見ています・・・。

知らない女「ありがとう!一生使うね♪」
シロウの後ろで、ブランド物の鞄を買ってもらったとおぼしき
女と男が歩いていきます。
けっ、バカが!!

うーん、
シロウはさっぱり興味ないなぁ。
はぁ(*´д`)

時刻は昼過ぎて、もう4時。さすがもうお腹ぺこぺこです。

全然、好みの食べ物屋がなくって
やっと妥協したなんかカワイイ喫茶店に入ってカレーを注文します。
シロウはカウンターの手前に座り、
彼女の○○は奥に座ります。
ーーーー壁ーーーー
↓彼女
● ○←空席
■ ■←机
● ○←空席
↑シロウ         こんな感じの席です。
ーーーー通路ーーー
カウンター

シロウ「キレイな喫茶店だね」
○○「やっぱり女の子だけの店だとセンスがいいんだよ。」
・・・

シロウ「歩いたなー」
のんびりカレーが来るのを待ちます。

店員さん「お待たせしまし・」
彼女「こぼれてる!こぼれてる!」
シロウ「あつっ!」
(ん!?)
ぼんやりシロウの視界の隅で
店員さんの持ったカレー皿が斜めになっています。
ぼとぼと。
Tシャツの右肩にカレーがっ!!

店員さん「ああっ、すみません!」
(おわっ!Tシャツの袖・・カバンも!マズイ!拭かなきゃ)

その場、三人ともパニック状態です!(><)
あわててテーブルの上にあった紙でTシャツを拭くシロウ。
どこからともなく紙がどんどんシロウに渡されます。

後から聞いたのですが、
慌てた店員さんが抜き取った紙が
彼女の方のカレーに見事にインしてたそうです。
彼女、冷静にオイオイって思って、一人取ってたそうです(笑)

店員さんかなり慌ててたので、
シロウの方しか視界に入ってなかったんでしょうね。

すぐに店長らしき人が飛んできて、
平謝りしながら、タオルで袖を拭いてくれます。
シロウはタオルを奪い取るように借りてカバンを拭きます。

シロウ「どうするの・・コレ。」
思わず口に出てしまいました。

店長「申し訳ございません!大丈夫でしたか?
  こちらでクリーニング代を出させていただきますから。」

シロウ「え?あっ・・そうです・・ね。」
(ああ、こういう時って、どうすりゃいいんだ?一応、当然だよな・・)
こぼしたカレーを引き上げていきます。
彼女の方のカレーはなぜかそのまま(^^;)
シロウの彼女は紙入ったんだよって言いながら普通に食べてます(笑)

彼女「あの店員さん、ずっと謝ってたね」
シロウ「えっ、そうだったの?
    こっちはいっぱいいっぱいで気がつかなかったよ。」

しばらくして店長が来ました。
店長「本当に申し訳ございませんでした。」
シロウ「あ、コインランドリー行きますから、近くにあります?」
店長「でも洗ってる間、代えの服が必要ですよね。
すぐに買って参りますので・・でもTシャツも好みがありますよね・・。」
(あっそうか、裸でコインランドリーにいるのって嫌だな)
シロウ「じゃ、すいませんけれども、宜しくお願いします。何でもいいので。」
店長「Tシャツ代とクリーニング代はこちらで出させていただきますので」
シロウ「えっ?えっ?」(´ι _`;)ゝ”
彼女の方を見渡します。
シロウ「うーん、こういう時、どうしていいのかわからない。」(´ι _`;)ゝ”
店長「お食事が終わるまでには間に合わせるようにしますので」
シロウ「えっと、じゃあ、お願いします」←お願いしていいのかよオレ!
・・・どうやらTシャツを買ってきてもらえるようです。

ラッキ・・って、いいのか?
シロウはパニくっててあんまり聞こえてなかったけど、
なんか、さっきの店員さんすっごく悲壮な声で謝ってたような気がする・・

気まずくなったりすんだろなぁ。カレーの染みた白いTシャツで
作りなおしてもらったカレーを食べながら思います。

彼女「あって思ったらもうこぼれてたし。」
彼女「あのコすっごく平謝りしてたよ。」やっぱり・・
   カレー2つ持って重かったんだろうね。」
彼女「私も昔バイトしてた時、ドジッった事あったねー。」
そういえば、シロウもこんなバイトしてた時、ジュースこぼした事あったな。
もし、ここでTシャツやクリーニング代もらったら、
(あの店員さん辛いだろうな・・)
(すっごく責任感じちゃうだろうな)

食べ終わった頃、Tシャツを渡しに店長さんが来ました。
シロウはTシャツがいくらだったか聞きます。
店長は答えません。いいですから、気持ちですから、
3回くらい言っても聞きません。
「いや、これは払うから、こっちのやりたいようにやらして下さい!」
(><)ちょっと怒鳴り気味に言っちゃいました。
やっとTシャツの金額を聞き出せたのでそのお金を店長に渡します。

トイレに行って着替えます。

てゆーか(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*

Tシャツダサっ!!!!

なんかアジア人専用Tシャツって感じです(苦笑)

こぼした店員さんが謝りに来ました。
すっごく勇気出して来てくれた様子です。
(うわっ、すっごく若い、学生のコなんだろうな。)
店員さん「すいませんでした。本当にすいませんでした。」×20
いやもう、ホントに悲壮な顔で謝られるんですよ。(^^;)
シロウ「いいから、いいから、気にしないで。」
離れた席からも他のお客さんも何事かとこっちを見ています。
もう、気の毒店員さんを見てられません。彼女の方向いて
シロウ「コインランドリーって200円位でしょ?」
彼女「そうだね。」
シロウ「それだけでいいよ。気にしなくていいからね」

カラン、カラン!新しいお客さんが入って来ました。
そっちを向く店員さん。かなり混んできていて、
店員は彼女しかいません。
シロウ「オレもバイトしてて、ミスった事いっぱいある。
    だから気にするな。ほら、(お客さんの方)行っといでよ。」
彼女「すみません。」
   (うわ、涙にじんでるし)    

しばらくして、店を出ようとします。
あの店員さんがレジでした。
普通に食事代を払います。
その後、クリーニング代と書かれた封筒を渡されました。
触ると硬貨ではなく札です。
空けてみると千円が入ってました。
シロウ「いやほんと、200円でいいから。」
レジの上に千円を置きます。
店員さん「いえ、本当に取って下さい。」
シロウ「そんなに、もらえないよ。」
困った顔で店長の方を覗う店員さん。
シロウ「そんなに謝ってくれたんだから、もういいよ。」(^^;)
(うっ、もうちょっとカッコいいこと言えないのかよオレ・・)
シロウ「ホントに気にしなくていいからね」
すっごく純粋な店員さんの困った視線を受けながら、
シロウと彼女は店を後にしました。

なんか愛想笑いと戸惑いですっかり疲れちゃいました。

遠いから、次に行く時にはあのコもういないだろうけど、
落ち込んでなかったらいいなぁ。

          次は 最近笑ってますか?です。

記事を書いているのは?

楽に借金返済
貸金業務取扱主任者 3級 ファイナンシャル・プランニング技能士。元貸金業者で働いていた経験と、自身も長年借金をしている経験を併せ持つ。 借金道を10年運営。借金コラムを2000枚以上執筆。 借金アドバイザーとして、WEB上での借金相談を1,000件以上行っている。
運営者情報
借金アドバイザー シロウ
お問い合わせ

One Response to “流れるカレー”

  1. デブゴン より:

    優しいっすね。

デブゴン へ返信する

元金融マンが語る完済の鉄則 -目次-

  1. 借金道の想い
  2. 借金の悩みは語られない
  3. 自分の借金を把握する
  4. シロウの返済理論
  5. 家計簿をつければ効果的に返済できる
  6. 繰上返済で借金を減らす方法
  7. 繰上げ返済時に振込手数料を無料にする方法
  8. 借金してても楽しいことあるさっ
  9. 借金返済の生活
  10. 借金返済の生活 その2
  11. 借金が増えていっている人へ
  12. ストイック(=禁欲的)に
  13. 何のタメに働くのか
  14. 完済の向こう側
  15. 行動
サブコンテンツ

4コママンガ サブコンテンツ

低利化で借金は楽になります!

即日融資に関するマンガ - 1コマ目 利息減らせないかなぁ。- 2コマ目 シロウ絵 そんな時は低金利カードローンです!。 - 3コマ目 なるほど!やってみる - 4コマ目 やった、低利化で楽になったぞ!


  • 流れるカレー